電気工事に使う工具一覧|エアコン取付工具 ガストーチ

エアコン取付工具 ガストーチ

スポンサーリンク

エアコン用 ガストーチ

エアコン工事の中で冷媒管の延長や加工部分の接続を行うために必要なのが
ガストーチ銀ロウです。

 

エアコン工事で使う冷媒管の材質は
なまし銅管なので銀ロウを使って溶接しなくてはなりません。
溶接するには、冷媒管を銀ロウが溶ける適正温度まで熱するためにガストーチを使います。
ガストーチにもガスボンベ式と本格的にアセチレンと酸素を使うものがありますが、
エアコン工事でよく使われているのがガスボンベ式ガストーチです。

 

アセチレンと酸素を使うガストーチは現場に持ち込むのも大変だし、
その取扱には資格が必要となるので特別講習を受講しなくてはなりません。
さらに保管場所の確保もしなくてはならず経費も嵩んでしまいます。

◆労働安全衛生法61条、施工令20条
“ガス溶接技能講習修了の資格のないものを就業させてはならない”

ですから多くの方がガスボンベ式ガストーチを使ってるんです。
保管も比較的簡単ですし、なんと言っても持ち運びが楽なので、
移動することの多いエアコン工事ではこの点からも
ガスボンベ式ガストーチを使う人が多いのだと推察できます。

 

ガスボンベ式ガストーチの利点は先に上げたようなことがありますが、
選ぶときに到達温度の確認を怠ると、
いくら冷媒管をあぶっても銀ロウ溶接できる温度に達さず、
溶接できないなんてことになってしまうので注意が必要です。

 

銀ロウを使ったガス溶接も経験が浅いと割れやピンホールができて
そこからガス漏れするので、溶接部分の確認をするために手鏡を持ち、
裏面もしっかり確認しなくてはなりません。

 

ベテランの職人さんは、確認作業などしなくてもしっかり溶接することができる上、
その仕上がりも実に滑らかなものです。

 

逆に経験の浅い職人が溶接したものは、
何度も何度も上から溶接するので、溶接面が凸凹になってることが多いですよね。
みなさんも他所が施工したもので、こんな状態のものを見たことがあると思いますが、
銀ロウ溶接は上から重ねてもしっかり溶接できるものではなく、
逆に重ねたために割れやピンホールを作ってしまうことのほうが多いのです。

 

まあこれも適切な温度に達していれば銀ロウがしっかり溶けて溶接部分に流れ込むので、
見た目も綺麗な溶接が簡単にできるようになりますから、
ここで紹介するようなガストーチを使うことが大切になってくるので
みなさんも必要な物を適切に使って冷媒管の溶接を行ってください。

エアコン工具 ガストーチ・ミニ溶接機

私が主に使っているガストーチ

タスコ(TASCO)
マッププロ用リングトーチキット
TA379MP-6

タスコ(TASCO)
マッププロ用交換ボンベ
TA379MP-11

楽天はこちらタスコ(TASCO) TA379MP-6

楽天はこちらタスコ(TASCO) TA379MP-11

私はタスコ(TASCO)のこのガストーチキットを使っています。
普通のガス缶にトーチ部分を取付けるのではなく、
火口がホース付きなので狭いところでの取廻しがよく、
確実な溶接ができるので気に入っていいます。
ただ交換用ボンベの価格がほかのものに比べて高いのがネックです。
もう少し下がれば最高なんですけどね。 (-。- )残念

 

タスコ(TASCO)の動画をYou Tubeで見つけたので掲載しておきますので、
どんな感じなのか確認してください。

動画の中で別売オプションの火口を使ってるところがありましたので、
別売火口も紹介しておきます。

 

マッププロ用別売火口

タスコ(TASCO)
リング火口(小)
TA379MP-5R

タスコ(TASCO)
リング火口(大)
TA379MP-5RD

タスコ(TASCO)
ターボ火口
TA379MP-5S

楽天はこちらタスコ(TASCO) TA379MP-5R

楽天はこちらタスコ(TASCO) TA379MP-5RD

楽天はこちらタスコ(TASCO) TA379MP-5S

動画で紹介されているように火口の交換も簡単ですから、
作業場所の状況や溶接箇所の状況に応じて適切なものを選んで使うと、
作業効率も上がりますし、多少なりともガスの節約にもつながるかもです。
(^_−)−☆

◆防火処置を適切に!
高温の火種を使うのですから防火シートなどを使って溶接箇所の防火措置を適切に行ってください。

ちなみに私が使ってる防火シートがこれです。

防火シート

 

価格的にもお手頃だし、防火シートがあることで安心して溶接作業ができて、余計なところに気を使わなくていいので確実な作業にもつながります。
壁際などでの溶接の際に、建築中の建物のように軽天などから吊るせるようなときには、ハト目とS字フックを使って壁際に吊るして使うと安心ですよ。^^
TRUSCO 防火シート SPS-1A

 

続いては溶接作業が多いときに使うと便利なミニ溶接機を紹介しておきます。

 

私が持っているミニ溶接機
TASCO クローズタイプミニ溶接機 TA370TD

 

溶接作業が多いときに使っています。
ビルの空調工事のように配管距離が長いときは
直管の溶接も多いのでミニ溶接機は便利です。

楽天はこちらタスコ(TASCO) TA370TD

 

溶接機セット
タスコ(TASCO)溶接溶断セットTA370C タスコ(TASCO)溶接溶断セットTA370A

タスコ(TASCO)
溶接溶断セット
TA370C

タスコ(TASCO)
溶接溶断セット
TA370A

楽天はこちらタスコ(TASCO) TA370C

楽天はこちらタスコ(TASCO) TA370A

ビルや大型商業施設のように配管距離が長くなったり、インチサイズのような太物配管を溶接することが多いときには便利ですよ。
ただし、ホースの長さの範囲内での作業になるので、ホースがとどかないところはガスボンベ式トーチを使うことになるので、双方を上手に使い分けて効率よく作業しましょう。
(^0^ )/

 

次は、よく使われているガスボンベ式トーチを紹介しておきます。

ガストーチ

プリンス(Prince)ガストーチ

プリンス(Prince)ガストーチ

プリンス(Prince)ガストーチ

プリンス(Prince)
ガストーチ
GT-X TYPE T

プリンス(Prince)
電子ガストーチ
GT9000

プリンス(Prince)
ガストーチ用ボンベ
GT-5000

楽天はこちらプリンス ガストーチ GTX タイプ T

楽天はこちらプリンス 電子ガストーチ GT9000

楽天はこちらプリンス ガストーチ用ボンベ GT-5000ヨウ

よく見かけるタイプのガスボンベ式トーチを紹介しましたが、若干メーカーの違いはあるかもしれませんが、どのメーカー品も大差ないと思います。
私もタスコ(TASCO)のマッププロガストーチキットを使うまでは同じようなものを使っていましたが、狭いところでの作業を考えるとやっぱりマッププロのほうが使いやすいので、今後もマッププロを使い続けると思います。

 

最後に使うと便利な溶接ホルダーを紹介しておきます。

 

エスコ(ESCO)溶接ホルダー

エスコ(ESCO) パイプ溶接ホルダー EA319E-30

 

冷媒管の溶接箇所を固定するのに使う工具で
直線はもちろんエルボ溶接にも使えて便利です。^^
溶接箇所を固定することで安定した過熱ができて
溶接作業がスムーズに行えるので作業時間も短縮できます。

楽天はこちらエスコ(ESCO) EA319E-30

ガストーや溶接機セット等を紹介しましたが、
みなさんが行うエアコン工事に必要な物も違うと思いますので、
必要な物かどうか熟慮してから購入を検討してください。

 

天井裏や閉所などでの溶接作業の際は、
 酸素不足にならないように、十分な吸気を行ってください。

スポンサーリンク

 

メーカー別バッテリー

メインサイトへ戻る
電気工事に使う工具

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 

カテゴリーラインナップ
電気工事に使う腰道具 電気工事に使う電動工具 電気工事に使う圧着工具
電気工事に使う通線工具 計測機器 安全対策用品
エアコン取付工具

(電気工事に使う工具一覧))は、 amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

TOPに戻る