電気工事に使う工具一覧|電気工事士の使う安全帯(ランヤード)

電気工事士の使う 安全帯(ランヤード)

スポンサーリンク

電気工事のプロが使う安全帯(ランヤード)

電気工事のプロが使う安全帯(ランヤード)を紹介しています。

 

電気工事士が使う安全帯(ランヤード)も最近では様変わりしてきました。
かつての安全帯といえば、ロープ式のものがほとんどでしたが、
最近では、巻取り式のものが主流となり、
さらに着脱可能なものを使っている方が主流となりつつあります。
安全帯も、毎日使う方は着脱式のものなど必要ないでしょうが、
現場に応じて、使ったり使わなかったりする方にとっては、
常に腰ベルトにつけているのはストレスになるものですから、
使わないときには簡単に取り外せるもののほうが最適です。
しかし、安全面には妥協することはできませんから、
墜落時には身体へのダメージを最小限に抑えるため、
ロック機能を備えたものを選ぶようにしたいものです。

 

ロック機能が無ければ、
墜落時にテープが全て出きるまで止まることはありませんので、
その墜落距離は1.5m近くになり、加速度的に身体へのダメージが大きくなりますが、
ロック機能が有れば最短距離で墜落を停止させてくれるので、
身体へのダメージも最小限に抑えられ、より安全が担保されるのです。
ですから少し価格が上がっても、より安全なものを選ぶようにしましょう。

巻取式ランヤード

タジマ
MR110L1-SBCL

タジマ
VR110L1

タイタン
LYD-RBL506-24AP-UJ

楽天はこちらタジマ(tajima)MR110L1-SBCL

楽天はこちらタジマ(tajima) VR110L1

楽天はこちらタイタン(TAITAN) LYD-RBL506-24AP-UJ

タジマ
TR150 L6

タイタン安全帯
OT-SL505-BL

藤井電工
TB-RN-590-BLK-M

楽天はこちらタジマ(tajima) TR150L6

楽天はこちらタイタン(TAITAN) OT-SL505-BL

楽天はこちら藤井電工(TSUYORON) TB-RN-590-BLK-M-BP

 

私が巻取式ランヤードをおすすめする理由は、高い安全性のほかに、作業現場によってロープ式ランヤードの使用が禁止されているところがあるからです。
工場関連の作業を行っている電気工事士ならご存知でしょうが、工場内では稼働中の機械などにロープが巻き込まれたりする危険あるのでロープ式ランヤードの使用が禁止されている場合があります。
ですから、巻取式ランヤードをおすすめしているんです。

スポンサーリンク

 

メーカー別バッテリー

メインサイトへ戻る
電気工事に使う工具

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 

カテゴリーラインナップ
電気工事に使う腰道具 電気工事に使う電動工具 電気工事に使う圧着工具
電気工事に使う通線工具 計測機器 安全対策用品
エアコン取付工具

(電気工事に使う工具一覧))は、 amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

TOPに戻る