電気工事に使う工具一覧|エアコン取付工具 チャージングスケール

エアコン取付工具 チャージングスケール

スポンサーリンク

エアコン用 チャージングスケール

エアコンのメンテナンスを行うのであれば持っておくべき工具です。

 

正式名称は【チャージングスケール】などと、たいそうな名前が付いていますが、
ようは計量はかりのことです。

 

チャージングスケールを使うようになったのは旧冷媒から新冷媒に移行してからで、
それまでは、チャージングシリンダーと呼ばれる円筒形の器具を使って
そこに機械内に残っている冷媒(R22)を回収し、
その後不足分を測って、補充してから機械に戻すという手順を取っていました。

 

しかし現在は、新冷媒ガス(R410a・R32 等々)の充填されたタンクを
チャージングスケールにセットして、直接補充するように変り、
このページで紹介するようなチャージングスケール(計量はかり)が必要となりました。

 

新冷媒はいずれも規定量を正確に入れなくては、
エアコン本来の節電機能や冷暖房能力を十分に発揮することはできません。
それどころか場合によっては、逆に電気料金が上がってしまうことにもなりますし、
最悪の場合、コンプレッサーに過負荷が掛かり
故障の原因となってしまうことも考えられるので、
正確に計量できるチャージングスケールが必要となるのです。

 

一般のお客さんが冷媒ガス漏れを認識されるのは、
夏、冬の冷暖房使用時がほとんどですから、
冷暖房が使えない状況での連絡ですから修理は迅速に行わなくてはならず、
ガス漏れ箇所を特定して改修作業を行った後、
室外機側面に表示されている規定量をゆっくりと入れます。

 

一気に入れると冷媒ガスが安定せず、正確な量を測ることができないので、
規定量近くでは、少し入れてしばらく放置して確認し、
足りなければ、また少し入れて放置し確認するという作業を繰り返します。
こうして時間を掛けて少しずつ冷媒ガスを入れ、
リークテスタを使ってガス漏れの有無を再度確認し、
問題なければ試運転を行い運転状況を確認します。

 

これだけの作業を正確に行うには、
チャージングスケールは欠かせないアイテムですから、
冷媒ガス漏れが疑われる場合は作業車に、
冷媒ガスボンベと共にチャージングスケールを忘れずに積み込んでください。

エアコン工具 チャージングスケール

私が使ってるチャージングスケール
おすすめ度 星4つ

 

タスコ(TASCO) 高精度エレクトロニックチャージャー
TA101FB(ボールバルブ付ポート付属)

 

  • 仕様
    • 充填精度:5g
    • ひょう量:50s(20sボンベ対応)
    • 電源
      • DC9V(006p電池)
      • AC100V:AC100V 別売アダプター使用

    • 外寸:L395×W285×D65o
    • 質量:3.9s
楽天はこちらタスコ(TASCO) TA101FB

私が使ってるのがこのチャージングスケールです。
私はエアコン専門業者じゃないので、年間通じてもメンテナンスはそう多くありませんので、新冷媒に変ってすぐに購入してそれから今に至っているので、ほかのものとの比較はできませんが、精度的には何の不足もありませんし満足しています。

 

安いものでもいいのですが使い勝手という面を考えると直接ボンベを置いて計量できるタイプのほうがいいと思います。

 

このほかのチャージングスケールも紹介しておきます。

 

TASCO チャージングスケール

タスコ(TASCO)TA101FA

タスコ(TASCO)TA101CB

タスコ(TASCO)TA101KA

タスコ(TASCO)
高精度チャージャー
TA101FA

タスコ(TASCO)
高精度チャージャー
TA101CB

タスコ(TASCO)
高精度チャージャー
TA101KA

楽天はこちらタスコ(TASCO) TA101FA

楽天はこちらタスコ(TASCO) TA101CB

楽天はこちらタスコ(TASCO) TA101KA

私が使ってるもの以外のチャージングスケール3点でした。
私はいずれも使ったことが無いので、どれが良いのか判断しかねますので性能や機能はタスコ(TASCO)のHPやカタログで確認し、自身の判断で決めてください。

 

まあ、通常のガス補充メンテナンスなら私が使ってる程度で十分ですので、そのあたりも判断の参考にしてくださいね。
(^_-)−☆

 

次からはタスコ以外のチャージングスケールを紹介しておきます。
まずはFUSOから紹介しておきましょう。

 

FUSO チャージングスケール

FUSO-50F

FUSO-50H

FUSO-100G

FUSO
チャージングスケール
FUSO-50F

FUSO
チャージングスケール
FUSO-50H

FUSO
チャージングスケール
FUSO-100G

楽天はこちらFUSO-50F

楽天はこちらFUSO-50H

楽天はこちらFUSO-100G

FUSOのチャージングスケールでしたが計量はかりであることに変りはないので、特に書くことも無いのですが、ひとつチャージングスケール選びのポイントを挙げると、最小計量単位の確認を怠らないことです。
新冷媒は微妙な調整が必要なので、あまりにも精度の低いものだと規定量を正確に入れることができないので、チャージングスケールを使う意味がなくなってしまうので注意が必要です。

 

次はBBKのチャージングスケールを紹介しておきます。

 

BBK チャージングスケール

BBK テクノロジーズ BS-500

BBK テクノロジーズ BS-501

BBK テクノロジーズ LMC-200

BBKテクノロジーズ
チャージングスケール
BS-500

BBKテクノロジーズ
チャージングスケール
BS-501

BBKテクノロジーズ
チャージングスケール
LMC-200

楽天はこちらBBK BS-500

楽天はこちらBBK BS-501

楽天はこちらBBK LMC-200

よく知られた3社のチャージングスケールを紹介しましたが、このページで紹介したものはすでに現場で使用されているものなので、その信頼性に問題はありません。
エアコンメンテナンスを多く手掛ける方は、定期的に計量値の調整を行い、常に正確な計量が行えるようにしておくことが肝心です。
はかりは使い続けると少しずつくるうものなので、定期的なメンテナンスが不可欠です。

 

最後になりましたが冷媒ガスボンベの使用に関する注意事項です。

冷媒ガスを扱うには【冷媒フロン類取扱技術者】の資格が必要になりますので、事前に資格を取得するようにしてください。

 

ここで紹介したものはほんの一部なので、もっと高精度なものや多機能なものをお探しならサーチボックスで検索してください。

スポンサーリンク

 

メーカー別バッテリー

メインサイトへ戻る
電気工事に使う工具

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 

カテゴリーラインナップ
電気工事に使う腰道具 電気工事に使う電動工具 電気工事に使う圧着工具
電気工事に使う通線工具 計測機器 安全対策用品
エアコン取付工具

(電気工事に使う工具一覧))は、 amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

TOPに戻る