電気工事に使う工具 | エアコン取付工具(マニホールド)

スポンサーリンク

エアコン取付に必要な工具(マニホールド : 真空ゲージ)

エアコン取付工具(マニホールド)

エアコン取付工事において、真空ポンプを使った
真空引きは、不可欠な作業ですが、
真空ポンプだけでは、作業することは出来ません。

 

真空ポンプと共に使用するのが、マニホールドです。

 

 

電気工事を行っていて、エアコン取付業者さんが、
使っているところを見ることもあると思います。

 

マニホールドは、真空作業における真空状態の確認や、
ガスチャージを行う際の、圧力測定などを行うものです。

 

真空ポンプを使っての、真空作業においては、不可欠な工具ですから、
エアコン取付工事を行うのであれば、
必ず持っておかなくてはならない工具の一つです。

 

このマニホールドにも、さまざまなガス用のものがありますから、
一般的なエアコン設置工事を行う場合には、
R410a、R32用のものを購入しなくてはなりません。

 

そのほかのガス対応のものを購入しても、まったく意味がありませんし、
無駄な出費となってしまうだけですから、
ネット通販などで購入する際には、しっかり確認するようにしてください。

 

ちなみに、そのほかの冷媒ガスを使用しているものの代表的なものは、
自動車用エアコンなどなどがあります。

 

真空作業時でのマニホールドの使用方法は、
ニュートラルバルブと真空ポンプを接続し、
低圧側バルブと、エアコンのサービスポートを接続します。

 

接続は、この2箇所だけですから、きわめて簡単です^^

 

これだけなら、誰だって出来ちゃいますよね^^

 

後は、真空ポンプを運転して、接続配管内の空気を抜き出せばいいだけです。

 

真空ポンプの運転を開始すると、
マニホールドのゲージがマイナス方向へ動き、
真空状態を確認することが出来ます。

 

真空状態になったところで、低圧側バルブを閉め、
しばらく放置して、ゲージが戻っていなければ、
真空作業は、完了です。

 

仮に、ゲージが少しでも戻っている場合は、
真空状態が保てていないということですから、
接続配管のどこかに不良箇所があるということですから、
その不良箇所を特定して、接続しなおし、
再度、真空作業を行ってください。

 

このように、真空作業には、接続配管の確認という目的もありますから
みなさん、確実に実施するようにしてくださいね^^

 

私が使っているマニホールド
TASCO:R410Aマニホールドセット(チャ-ジバルブ付) TA122FA

 

私は、TASCOのマニホールドキットを使っています。
真空作業に必要なものが、すべてセットになっているので
他に買い足すものもありませんし、
専用ケースに収められているので、収納にも便利ですからね^^

 

そのほかのマニホールド
アサダ R32・R410A用シングルマニホールドキット Y4121532S

 

こちらは、シングルタイプのものです。
真空作業を行うだけだったら、こちらのもので十分でしょう。
ルームエアコンの取り付け作業には最適だと思います。
あくまで、取付工事専用と考えてください。

 

マニホールドを紹介しましたが、
すでに、マニホールドを持っていて、チャージホースだけ欲しいとか、
チャージバルブだけを欲しいとか、
シングルゲージだけが欲しいという場合でも、
単体で購入することも可能ですから、
必要なものだけを、探して購入することをおすすめします。
単品購入を考えている方はや冷媒管などの部材が必要な方はこちらをご覧ください。

 

初心者でも超簡単 Jw_cad

 

最初は、セットで購入したとしても、
一つが悪くなっても他のものは使えるんですから、
ダメなものだけ買い換えれば、普通に使えますからね^^

 

無駄な出費は、極力避けるようにしたいですからね^^

 

真空ポンプの使用方法は、実践電気工事 エアコン工事をご覧ください。

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

TOPに戻る