電気工事に使う工具 |電気工事に使う電工レハンマー

スポンサーリンク

電気工事士ならやっぱり電工レンチハンマーは外せない

電気工事士専用のハンマー

電気工事士の多くが持っている電工レンチハンマーです。

 

電気工事の中でも、ハンマーを使うのは、以外に多いもので、
木造住宅の配線などでは、構造材にVVFケーブルを固定するのにステップルを用いますが
そのステップルをとめるときには、ハンマーで叩きますし、
RC、鉄骨、SRCなどの建物でも、頻繁に用います。

 

電気工事士のみなさんならご存知でしょうが、
この電工レンチハンマーは、ハンマーとしてだけでなく、ソケットレンチとしても使えるんです。

 

握り手の台尻部分が、3分(17mm)用のソケットレンチになっていますから、
自立盤や配電盤を取り付けるときや、照明器具やエアコンを吊り込むときなどに
ボルトとナットを使って取り付けを行う際などに、
この電工レンチハンマーのソケットレンチが役に立つんです。

 

一々、モンキーレンチなどを使わなくても、電工レンチハンマー1本あれば、
そんな作業も簡単に終わらせることができるんですから、
現場で作業する電気工事士の多くが愛用しているのも納得です。

 

少々長いボルトでも、握り手の中が空洞になっているので、
下から差し込んで、そのままナット締めができますから簡単ですし、使いやすいですよ。

 

そんな電工レンチハンマーの中でも私が愛用しているのは、ショートタイプのものです。

 

なぜショートタイプかというと、
足場などの高所作業時に引っかかりにくく作業が楽なのと、軽くて扱いやすいからです。

 

以前は、通常のロングサイズのものを使っていましたが、
柄が長くて、引っかかったりして、少々扱いにくかったので、
今では、ショートタイプを愛用するようになりました。

 

これは、あくまで私の印象ですから、みなさんは自分の扱いやすいものを選んでください。

 

私の愛用している電工レンチハンマー(ショートタイプ)

マーベル 電工レンチハンマー T-1501S

 

はじめにも紹介したように、私はショートタイプを愛用しています。
柄の部分が短く、扱いやすく、収まりやすいのが特長です。
短くても、ロングサイズ同様の機能はありますから、問題はありません。
ともかく頑丈ですから、いろいろな使い方ができますよ。

デンサン ハンマーダブルフッカー DF-W

 

ハンマーを吊り下げるのには、こちらを使っています。
ハンマーのほかに、ラチェットレンチや他のものも吊り下げられるので
現場作業には、便利に使えるものですから、こちらにしました。
ハンマーを腰袋に入れておくのもねぇ・・・

 

そのほかの電工レンチハンマー

デンサン

電工ソケットハンマー
(先切) DH-260S

デンサン(DENSAN)

ダクターソケットハンマー
DH-290S

 

このほかに、玄翁タイプのものもありますが、電気工事士が使うのには、ちょっと・・・
ということで、紹介はしませんが、
もし玄翁タイプのほうがいいという方は、そちらをお使いください。

 

でも・・・
今まで、いろんな現場で沢山の電気工事士さんを見てきましたが、
使っている人を見たことがありませんけどね・・・

 

一覧表示を見る

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

TOPに戻る