電気工事に使う工具 | エアコン取付工具(コアドリル)

スポンサーリンク

エアコン取付に必要な工具(コアドリル)

エアコン取付工具(コアドリル)

エアコンを取付けるためには、冷媒管を通すための貫通が必要です。

 

マンションなどのコンクリート造りなどでは、
建築段階で、エアコン用スリーブが設置されているのが一般的ですが、
ALCや木造住宅では、この貫通が無い場合も多く、
取付け作業を行う前に、壁貫通作業を行わなくては、ならないこともあります。

 

その際に必要なのが、コアドリルですが、
現在の建物の外壁には、さまざまな素材が使用されているので、
その外壁材に合った、コアドリルが必要になります。

 

また、家庭用ルームエアコンなどの場合と業務用エアコンでは、
貫通穴の大きさも違いますから、
取付けるエアコンの配管径や、ドレンパイプなどの太さによって、
壁貫通に用いるコアドリルのサイズも違うものが必要となりますので、
同様の用途のコアドリルを数種類持っておく必要があるのです。

 

例えば、モルタル壁用のコアドリルでも、
家庭用ルームエアコンの場合でしたら、
一般的に、65Φもしくは、70Φのコアドリルで貫通しますが、
業務用エアコンの場合には、80Φ以上の貫通が必要な場合がほとんどですから
これだけでも、2種類〜3種類のものが必要となります。

 

また、外壁の素材ごとに、取り揃えると、
同じ大きさのコアドリルが、最低でも3種類必要ということになります。

 

さらに、コンクリート造りの建物で、
エアコン取付け用の壁貫通が無い場合には、
コンクリートの貫通作業が必要となりますので、
コンクリート貫通用の工具と専用のコアドリルが必要となります。

 

しかし、現在では、コンクリート造りの建物での貫通作業は、
ほとんど行われることがありません。

 

コンクリート造りの建物での壁貫通作業では、
コンクリートのみならず、内部の鉄筋を切断する可能性が多く、
構造上の問題で、ほとんど行われていないのです。

 

それでも、どうしても貫通しなければならない場合は、
十分な事前調査を行い、内部鉄筋を切断しない位置での貫通を行います。

 

私の場合、コンクリート造りの建物の貫通は、
専門業者に依頼するようにしています。
それでも、貫通位置の墨だしは、行わなくてはなりませんから、
事前調査は、入念に行います。

 

木造住宅での貫通作業でも、筋交いなど、
建物の強度を保つために重要な構造材に傷をつけないように
細心の注意を払って行うのは、いうまでもありません。

 

コアドリルを使った、壁貫通作業を行う場合は、
建物の構造を熟知していることが、大切になるのです。

 

でも、木造住宅などの場合は、
エアコン取付位置と高さの関係から、
筋交いなどの構造材が出てくることは、ほとんどありませんので、
多くのエアコン取付業者さんが貫通作業を行っています。

 

私も、頻繁に行っていますので、
エアコン取付工事を行う際には、コアドリルは必需品です。

 

私が使っているコアドリル
ユニカ UR21コアドリル 振動用 SDSシャンク UR-V65SD セット

 

木造住宅のモルタル壁の貫通には、これを使っています。
このセットをベースにして、
他の素材の場合には、刃先だけを取り替えれば、
すぐに作業ができるのと、
切れ味が悪くなれば、替刃だけ購入できるので、
経済的ですからね^^

ユニカ URコアドリル マルチタイプボディ UR-M65B

 

サイディング壁などの貫通には、これです。

ユニカ URコアドリル ALC用ボディ UR-A65B

 

ALC壁の貫通には、これです。

 

このタイプのコアドリルだと、替刃を交換するだけで、
いろいろな素材の壁の貫通が可能ですし、
収納も、少ないスペースで済むので、作業車の中もスッキリ納まります。
替刃だけの購入も可能なので、替刃も紹介しておきます。

 

先に紹介した65Φの物と、75Φの2種類を紹介しておきますが
最近のエアコンには、いろいろ機能が追加されて、
いろんなダクトなんかを一緒に通す必要があるので、
この2サイズよりも大きな貫通が必要な場合が多く見られるので、
そのときには、必要なサイズのものを購入するようにしてください。

 

ユニカ UR21コアドリル(替刃)65Φ

ユニカ(unika)

振動用 ボディ
UR-V65B

ユニカ(unika)

マルチタイプ ボディ
UR-M65B

ユニカ(unika)

ALC用 ボディ
UR-A65B

ユニカ(unika)

振動用 ロング ボディ
UR-VL65B

ユニカ(unika)

複合材用 ボディ
UR-F65B

ユニカ(unika)

乾式ダイヤ ボディ
UR-D65B

 

ユニカ UR21コアドリル(替刃)75Φ

ユニカ(unika)

振動用 ボディ
UR-V75B

ユニカ(unika)

マルチタイプ ボディ
UR-M75B

ユニカ(unika)

ALC用 ボディ
UR-A75B

ユニカ(unika)

振動用ロング ボディ
UR-VL75B

ユニカ(unika)

複合材用 ボディ
UR-F75B

ユニカ(unika)

乾式ダイヤ ボディ
UR-D75B

 

取替用のコアドリルのボディ各種を紹介しておきましたが、
私個人としては、65Φのコアドリルより、75Φの物をおすすめしたいですね。

 

なぜなら、少しでも、開口が大きいほうが、作業がやしやすいですし、
75Φなら、仮にスリムダクトを使用するにしても、
問題になることもありまから、通常の作業が可能だし、
最近のエアコンには、お掃除機能などが付属して、
そのためのダクトも一緒に外部に出す必要が多くなり、
どうしても、大きめの開口が必要となるからです。
でも、最終的な判断は、皆さんの判断ですけどね。

 

エアコン用コアドリルセット
ユニカ UR21 エアコン工事用セット UR-VFA65SD

 

エアコン取付工事に必要なコアドリルのセットです。
専用ケースに収められているので、
持ち運びや収納にはとっても便利です。

 

エアコン用のコアドリルのセットとして販売されています。
でも私は、使っていませんが、このセットなら、
すぐに現場作業に使うことができるでしょう。

 

以前、乾式ダイヤがセットになったものを紹介していましたが、
そのセットは、はっきり言って、損をするセットだと思っていました。
なぜなら、実際の現場作業で、
乾式ダイヤを使ってコンクリートを貫通するなど、考えられないからです。

 

ですから、もっと現場に即したセットは、無いかと探してみて、
このセットに辿り着き、「これなら即現場で使えるな」 と思い掲載内容を変更したものです。

 

エアコン取付には、絶対必要な配管用の貫通ですから、
いろいろなところで、貫通作業を行うと思いますが、
貫通作業の際には、クラッチ付のドリルを使用するようにしてくださいね。

 

作業場所も、足場の良いところばかりとは、限りませんし、
無理な体勢で、貫通作業を行わなくてはならない事もありますから
もし、コアドリルが噛んで、振られたりすると、転落などの危険もありますし
振られた際に、手首などを骨折する可能性だってありますからね。

 

まあ、しっかりとした足場を確保するのが、大前提ですが、
そうも、言っていられない場合も多いですから、
使用する工具にも、安全を考えたものを使用するようにしましょう(^0^ )/

 

冷媒管などの部材が必要な方は、こちらをご覧ください。

 

エアコン工事の備品と材料

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

TOPに戻る