電気工事に使う工具 | ヘルメットで頭部の安全確保

スポンサーリンク

安全作業には欠かせない 最新ヘルメット

ヘルメットが無くちゃ現場にすら入れませんよ

電気工事だけじゃなく、建築現場で作業する全ての職人さんに必要なヘルメット。

 

建築現場で日々行われている朝礼時に、服装チェックが行われ、
ヘルメット、安全帯、安全靴は、必需品です。

 

この3点セットが揃っていなくては、現場作業は行えません。。。

 

私が以前目撃した光景を紹介しておきましょう。

 

 

大手ゼネコン“S”建設の朝礼での光景です。
いつもどおり、朝礼が始まり、ラジオ体操、作業人数、作業内容の発表などが終わり、
最後に新規入場者の発表が行われていたときのことです。

 

新規入場者は、朝礼台に上がり、会社名、氏名などを紹介していきます。
その前には、現場所長が仁王立ちで服装チェックを行っていました。

 

最近では、スニーカータイプの安全靴を履いている職人さんも多く、
一見しただけでは、安全靴なのか解らないものもあります。

 

しかし、ある業者の新規入場者が壇上に上がったとき、所長が動き、
その職人さんのつま先を指で押さえたのです。

 

押さえられた部分は、いとも簡単に凹み、誰の目にも安全靴でないことは明らかでした。

 

その職人さんは、その場から退場させられ、現場事務所に呼び出されていきました。
当然、職長さんも一緒にです・・・
その後聞くところによると、反省文を書かされ、元請の担当者まで呼び出されたそうです。

 

まあ、この“S”建設の対応も異常と言えば異常なほどの対応だとは思いますが、
自分の身を守るものですから、軽く考えるのは問題だと思います。

 

この話は、安全靴の話でしたが、ヘルメットだって同じことです。

 

安物の規格外のヘルメットを使用していて、頭部に落下物が当たったとき、
ヘルメットが破損して大事故につながる危険だってあるんですから、
安全規格をクリヤした、検定品を使用しなくてはならないと思います。

 

仮に、規格外のヘルメットを使用していて、労災事故などを起こすと、
労災認定されないことだって考えなくてはなりませんし、
元請や建築会社にも迷惑を掛けることにも成りかねません。

 

そんな意味からも、ヘルメットもしっかりとした検定合格品を選ぶようにしたいものです。

 

私が愛用しているヘルメット
ミドリ安全 ヘルメット 一般作業用 電気作業用

 

建築現場でよく見かけるタイプのものです。
永年このタイプのヘルメットを愛用していますので、
他のものを使うと、違和感を覚えるくらい馴染んでいます。

 

最近気になるヘルメット
ミドリ安全 スライダー面付 ヘルメット

 

保護面付のヘルメット。
金属切断の多い電気工事士にはうってつけのヘルメットだと思います。
切粉などから目を保護するために、保護メガネを使うのは解っていても
結構面倒なものですから、ついつい・・・
でも、これならそんな面倒もなくなりますね^^

 

そのほかのヘルメット

ミドリ安全
スライダー面付ヘルメット

ミドリ安全
ヘルメット クリアバイザー

ミドリ安全 ヘルメット
一般作業用 電気作業用

 

便利! ヘルメット用ペンホルダー

TOYO
ヘルメット用ペンホルダー
No.73-OK

TOYO
ペンホルダー (ミゾ付用)
NO.73-T

TOYO
ペンホルダー (ミゾなし用)
NO.73-S

 

ヘルメットも進化してるんですね。
保護面付ヘルメットは、本当に良いと思いませんか?
電気工事士にはうってつけのヘルメットだと思いますので、
次にヘルメットを購入する時には、是非このヘルメットを購入したいと思います。

 

続きを見る

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

TOPに戻る