電気工事に使う工具 | アルミ脚立用調整脚

スポンサーリンク

階段などでの脚立使用時の必需品(アルミ脚立用調整脚)

これさえあれば、段差もへっちゃらです^^

電気工事のみならず、
建築現場では、多くの業者さんが脚立を使ってると思います。

 

建築作業では、欠かすことのできないものの一つですが、
階段や高さの違う足場での作業の時には、
不安定な状態となり、使用できませんよね。

 

脚立の中には、そんなときのための調整脚付脚立がありますが、
これが普通の脚立の倍近い値段がしますから、
よほど、こんな作業が多い職種の業者以外は、
あまり持っていないと思います。

 

でも電気工事を行っていると、
以外に階段などでの作業が多いもので、
電気工事業者にとっては、必需品とも言える部類のものでもあります。

 

でも、各サイズを揃えるとなると、かなりの出費となってしまいますから、
どうしても、必要最小限のものだけになってしまって、
五尺、六尺など、比較的大きなものだけになりがちで、
狭い階段などで、必要以上に大きな脚立を持ち込んでの作業となると、
持ち込むだけでも大変でした(>_<;)

 

まだ下地段階だったら、それほど気にはなりませんが、
これが仕上がった状態だったら、
本当に持ち込むだけでも気を使うものです。

 

本来であれば、作業に見合った大きさの脚立を使えばいいのですが、
そうなると、先にも書いたように、かなりの出費となってしまいます。

 

また、使わないときの収納場所も確保しなくてはなりませんから、
倉庫にその分のスペースを設けなくてはなりません。
そんなスペースは無いからと、作業車に積んでおくとしても、
これまた、意外と重量もありますから、
作業車自体の負担ともなり、その分燃費も悪くなってしまいます。

 

確かに有ると便利な脚立なんですけど、
どうしても揃えるのに、二の足を踏んでしまいますよね・・・

 

そこで私は、アルミ製脚立用調整脚だけを購入して、使っています。

 

これがけっこう使えるものでして、
これさえ有れば、いろんな高さの脚立を使うことが出来るので、
作業場所に応じた脚立を使うことが出来るので、
無駄に気を使わずに済みますし、
その分作業時間も少なくて済みます^^
さらに言えば、適切な高さの脚立を使うことで、
より安全に作業することができるので、一石二鳥ですよ^^

 

何より、低価格ですし、作業車の中でもそれほど邪魔にならないので、
いつでも積んでおくことが出来るので、
すぐに使えて、いつでも安全に作業することができるようになります。

 

私も、このアルミ製脚立用調整脚を購入してからは、
調整脚付脚立を持ち出す回数が、断然減りました。

 

と言うか、ほとんど持ち出さなくなったといったほうがいいくらいです^^

 

これさえあれば、いつだって安全に作業ができるので、
みなさんにもおすすめしておきます。

 

私が使っているアルミ製調整脚
本宏製作所 角フレーム脚立用(4本セット)

 

今私が使っているのは、これです。
以前に購入した調整脚付の脚立もありますが、
ほぼこれで、まかなえています^^
最初は、不安でしたが、取越苦労でしたね^^
とても安定していて、不安など微塵も感じることはありません。

 

私は、いつも行っている金物屋さんで見かけて、購入しましたが、
今考えると、かなり高く買ってしまったようです・・・
それでも、調整脚付の脚立を買うことを思えば、安かったんですが、
こうして、みなさんに紹介するために、ネットで探すと、
はるかに安い値段で販売されているじゃありませんか\(え。◎)/
この値段なら、もう1セットくらい買っておいてもいいかな^^

 

そうすれば、脚立2脚と伸縮足場板を組み合わせれば、
階段なんかでの電気工事も、より効率的に安全に出来ますからね^^

 

それでも、調整脚付の脚立も紹介しておかなくては、片手落ちですから
一応、紹介しておきますね。

 

アルミ製調整脚付脚立
長谷川工業(HASEGAWA)

脚部伸縮式兼用脚立
RYZ1.0-21

長谷川工業(HASEGAWA)

脚部伸縮式兼用脚立
RYX1.0-18

長谷川工業(HASEGAWA)

脚部伸縮式兼用脚立
RYX1.0-15

 

調整脚付脚立で紹介した「長谷川工業(HASEGAWA)」は、
脚立などのメーカーとしては、有名ですから、
脚立を使う業種の方なら、ご存知ですよね^^
私が使っているものも、大半が長谷川工業(HASEGAWA)のもので
勿論、ここで紹介している調整脚付脚立もそうです。

 

今ご覧のみなさまも数多く使ってるんじゃないですかね?
でも、最近は、調整脚付脚立を購入することはなくなりましたから、
別に、長谷川工業(HASEGAWA)製にこだわる必要もありませんし、
他のメーカーの製品も、それなりにレベルも上がっているので、
通常使用なら、問題ないものが多くなりましたから、
そうなると、やはり判断材料は、価格ですよね。

 

私が紹介したもの以外にも、同じようなものがありますから、
みなさんで探してみてください。

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

TOPに戻る


(電気工事に使う工具)は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによりサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。