孔あけ、切断工具(ホールソーなど)

孔あけ、切断工具(ホールソーなど)


当サイトには、アフィリエイト広告が含まれています。

金属加工に必要な切削工具

金属材料の孔あけ、切断加工に必要な切削工具

電気工事を進めて、仕上げ段階になると、配電盤や自立盤、分電盤などの取付け作業があります。

 

言までもなく、建物への電気の供給には欠かせない機器なので、どんな建物でも、これらの取付を省くことはできません。

 

住宅用のプラスチィック製の分電盤だったら、分電盤に加工されたノック穴を利用することで、簡単に作業できますが、金属製の配電盤や自立盤などでは、ケーブル取込み用の孔の加工を行わなくてはならず、ホルソー油圧フリーパンチニプラなどの切削工具が必要となります。

 

電線取り込み用の孔のほかにも、金属電線管による配管やエフレックスなどの配管を直接配電盤などに接続するなど、
いろんな加工作業が必要です。

 

E19やE25などの細い配管であれば、取付けるボックスコネクターの大きさも小さく、加工する孔も21㎜や27㎜など作業的にも電動ドリルとホルソーがあれば行えますが、E63やE75といった太い配管になると、ボックスコネクター取付け孔も大きく、電動ドリルなどでの加工では危険を伴う上、加工後の仕上がりも今一の状態になってしまい、
その後の作業もスムーズに行えないことにも成りかねません。

 

そんなときは、より正確な加工を行うために油圧フリーパンチなどを用いて加工を行うことになります。

 

たかが孔空け作業と思うけど、電気工事には、こんな配電盤や自立盤、分電盤、プールボックスなどの加工が多く、切削工具は無くてはならない工具なんです。

 

みなさんも、いろんな種類のホルソーや油圧フリーパンチなどを持ってるでしょう。

 

当然、日々の電気工事の中で数多く使ってると思うけど、ホルソーにしても油圧フリーパンチにしても金属加工を続けてるうちに、切れ味が落ちしまうので、
新しいものを買わなくてはなりません。

 

まあ、消耗品なので電気工事を行っている以上しかたのないことなのですが、ホルソーにしても小さなものでも数千円と決して安いものではありませんから、少しでも長持ちさせたいものですよね。

 

そこで、研磨オイルなどを使って、刃の摩耗を少しでも抑える努力をしてることでしょう。
それでも、いつかは寿命がくるので、最終的には新しく買い換えることになります。

 

そんな、電気工事で頻繁に使う切削工具を紹介しとくので、日々の電気工事に利用してください。

 

電気工事で使う孔あけ・切削工具

電気工事の中でいろんな素材に孔をあけるのに必要な工具の紹介ページです。


カテゴリ案内

腰道具の紹介ページへのリンクです。 あると便利な工具の紹介ページへのリンクです。 電動工具(充電工具)の紹介ページへのリンクです。
切削工具(ホルソーなど)の紹介ページへのリンクです。 通線、入線工具の紹介ページへのリンクです。 ジョイント工具(圧着ペンチなど)の紹介ページへのリンクです。
エアコン取付工具の紹介ページへのリンクです。 エアコン取付工事材料の紹介ページへのリンクです。 電気工事の計測機器の紹介ページへのリンクです。
収納、運搬用品の紹介ページへのリンクです。 現場の安全対策用品の紹介ページへのリンクです。 現場で使える備品の紹介ページへのリンクです。
スパナなどの締付け工具の紹介ページへのリンクです。 電気工事用配管・配線材料の紹介ページへのリンクです。 電気工事士試験対策品の紹介ページへのリンクです。