電気工事に使う工具 | 工事写真用カメラ

スポンサーリンク

工事写真撮影は建築現場では必須です。

仕事にレジャーに大活躍のデジタルカメラ

電気工事などを行う建築現場では、工事写真の撮影は必須です。

 

工事写真を撮影する際に必要な工事写真用黒板と共に、
必ず必要なのが撮影用のカメラです。

 

一般的なデジタルカメラでも、十分撮影できますが、
建築現場という過酷な環境下では、埃などがカメラ内に浸入し、
故障の原因となり、肝心な撮影時に起動しないことも・・・

 

また、ポケットなどに入れておくと、落下などの危険もあります。

 

誤ってポケットから落として、そこが水溜りなどだったら、
デジタルカメラは完全に破損して、それまでのデータも取り出せなくなってしまい、
工程管理用の写真の整理もできなくなり、竣工図面に貼付することもできなくなってしまいます。

 

しかし、工事写真撮影用のデジタルカメラは、一般のデジタルカメラに比べ高価ですから、
多くの職人さんは、一般のデジタルカメラを使用しているようです。

 

最近のデジタルカメラは、有効画素数も高くなり、きれいな写真が簡単に撮影することができるので
丁寧に扱えば、データ損出の危険もさほどありませんから、それはそれでいいのですが、
万が一、カメラ本体が損傷した場合などには、取り返しのつかない事態になってしまいます。

 

ですから、やはり建築現場などの過酷な環境下で使用するデジタルカメラは、
それなりのものを使用するようにしたいものです。

 

こんなことを書いている私も、つい最近まで一般的なデジタルカメラを使用していました。

 

しかし、デジタルカメラ内部に埃や粉塵が侵入して、起動しなくなり、
慌てて、コンビに走って、インスタントカメラを購入した経験から、
新たに工事写真用のデジタルカメラを購入しました。

 

耐衝撃性や防水機能を備えた、デジタルカメラを購入したお陰で、
作業に集中することができ、とても良い買い物をしたと思っています。

 

普通に歩行している程度の高さから落としたとしても、ビクともしませんし、
放水機能もしっかりしているので、雨の中での撮影も気にすることがなくなりました。

 

防水機能がしっかりしていることで、
汚れても水で洗えばいつでもきれいな状態で使えるのもいいですよ^^

 

普通のデジタルカメラを現場で使用して、壊してしまうことを考えたら、
工事用デジタルカメラを使うほうが、お得かもしれませんよ (-。-;)

 

私が購入したデジタルカメラは、ほかの工事用デジタルカメラより安価ですから、
みなさんにもおすすめしたいと思います。

 

私が使っているデジタルカメラ
RICOH 防水デジタルカメラ WG-50 BK 04571

 

以前のものからの買い替えです。
以前は、PENTAX WG-3を使っていましたが、
PENTAXブランドが無くなって、ほぼ同じものがこれだったので購入しました。
耐衝撃性があり、防水、耐寒性能に優れているのと、
国土交通省の基準にも対応とのことで、即決でした。^^

PENTAX デジタルカメラケース ブラック×バイオレット

 

専用カメラケースも同時購入しました。
家電量販店などで探してみましたが、取り扱っていないので、
カメラ保護のためにも、同時購入を決断しました。

基本的には仕事用ですが、遊び心満載なので、普段でも使っています。
いろいろ遊べて、なかなか楽しいですよ。^^

 

そのほかの工事写真用デジタルカメラ

OLYMPUS

工事用デジタルカメラ
1600万画素CMOS F2.0
STYLUS TG-4
15m防水 100kgf耐荷重

RICOH

デジタルカメラ広角28mm
防水5m 耐衝撃2.0m
防塵 耐薬品性

OLYMPUS

デジタルカメラ

1200万画素CMOS
15m防水 100kgf耐荷重

 

建築現場での写真撮影には、それなりのものを使用して、
データ管理などを徹底しておきましょう。

 

でもそれだけじゃ、もったいないですから、
私のように遊びにも使えるものを選ぶのもいいと思いませんか^^

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

TOPに戻る