電気工事に使う工具 | 収納用品(ツールボックス)

スポンサーリンク

工具も備品もスッキリ楽々運搬できる ツールボックス

耐久性と収納力を兼ね備えた ツールボックス

電気工事だけでなく、他の業者さんでもいろいろな工具を収納するのに便利な
ツールボックスを紹介しておきましょう。

 

現場で日々作業されているみなさんは、すでにお使いだと思います。

 

小さな物から大きなものまで、みなさん工夫して使っているのをよく見かけます。

 

各業者さんで、中身はいろいろですが、私が主に使っている目的は、
小型の電動工具などの収納と、その電動工具に必要な備品の管理に活用しています。

 

例えば、ベビーサンダーなどは、ツールボックスに本体を収納して、
取替用ハンドルや切断砥石やダイヤモンドディスクなど
必要なものを一緒に収納するようにしています。

 

ベビーサンダーなども、頻繁に使うものではありませんから、
別々に収納しておくと、必要なときに見つけるのに苦労することになり
作業効率が悪くなるばかりか、
無くなったと勘違いして、新たに購入することにもなり、
無駄な経費を使うことにもなってしまいます。

 

私が電気工事会社に勤務しているとき、
他の職人さんの作業車に同乗して現場に行った時、必要な備品が見つからずに
行わなくてならない作業ができなかった経験があります。

 

急遽、取引先の電材屋さんに行き、必要なものを購入することになりましたが、
後日、作業車の整理をしていると、まったく予期しなかったところから出てきました。
はっきり言って、きちっと整理しておけば、無駄な備品を購入しなくても済んでいたのです。

 

この経験から、独立開業以来、私はツールボックスに工具関係を収納するようになったのです。

 

こうして、関連のある備品などを収納しておけば、すぐに取り出すことができる上、
ツールボックスごと現場に持ち込めば、必要なものが全て揃っているので、
すぐに作業に取り掛かれて時間の無駄もなくなりますからね^^

 

今や、建築現場も時間との戦いのような側面もありますから、
極力、無駄な時間を作らないようにすることが、重要だと思うのですが、
みなさんは、どう思われますか?

 

使いやすさのほかに、ツールボックスを使う理由は、工具の保護という面もあります。

 

ツールボックスの素材は、そこそこ頑丈にできていますので
大切な工具の上に物が落ちてきたりしたときでも、保護してくれる働きもありますし、
屋外での作業のときなどには、雨などに濡れるのを防ぐ効果もありますから、
結果的に大切な工具の寿命を延ばすことにもつながると思います。

 

まあ、「壊れたら買い換えればいい」 と思っている方には不要かも知れませんけど
そんな考え方の人は、少ないと思いますので、
みなさんにもツールボックスをうまく活用していただきたいと思っています。

 

電動工具を買うよりも安上がりですからね^^

 

いろいろな ツールボックス

TOYO

ツールボックス TFP-395
394×205×152mm

Astage

ツールボックス ST380
350x214x 200mm

TOYO 樹脂製

3段式ツールボックス HP-320
320x180x165mm

STRAIGHT

ツールボックス 09-044
285×264×175mm

メイホウ

バケットマウス
BM-7000

SK11

ツールチェスト
STC-502R

 

いろいろなタイプのツールボックスがありますが、
それぞれ、用途を考えれば、仕事のほかにも、釣りのルアーなどを収納するのにも使えるので
レジャー用としてもいいのではないでしょうか。

 

私も、仕事用のほかに釣りに使う細かなものを収納するのに使っています^^
小さくてもそこそこ高価なルアーもありますからね。

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

TOPに戻る