電気工事に使う工具 | バンドソー

スポンサーリンク

今や電気工事にバンドソーは外せない電動工具です。

バンドソーをふる活用して効率よく作業を進めよう

バンドソーも今や電気工事には欠かせない工具の一つとなりました。

 

そんなバンドソーにも、大型のものから、ハンディータイプのバンドソーまでありますから
電気工事を行う作業環境に合わせて使い分けるようにしましょう。

 

工場内での作業など、新ダイワ製などの大型のバンドソーを設置して作業できる場合は、
やはり大型のもののほうが、作業効率も上がりますし、
配管材などの切断も正確に行えるので、電気工事の作業効率も上がると思います。

 

狭い電気室などでの作業には、小型のハンディータイプのほうがむいています。
またハンディータイプのバンドソーには、100V電源式と充電式のものがあり、
比較的足元での作業が多い場合は、100V電源式のほうが便利です。
高所作業の場合は、やはり充電式でしょう。

 

既存の配管撤去やラックの撤去など、高所での作業を行う場合は、
やはり電源を引っ張るのが大変ですから、充電式。

 

そのほかの場合は、充電切れの心配のない、100V電源式がいいでしょう。

 

電気工事の作業内容ごとに、バンドソーも取り替えて、効率よく作業を進めることを考えて、
それぞれのバンドソーの特徴を生かして、その都度最適なものを選ぶようにしましょう。

 

ちなみに、私は、3種類全てを持っています。

 

ガソリンスタンドなどでは、パワーカッターやサンダー、シャーリングなどを使うと、
火花が出るので、使えませんが、バンドソーなら大丈夫です。
このように、現場の状況によっては、バンドソーでないといけない場合もありますから、
やはり電気工事には不可欠な工具だといえるでしょう。

 

私の愛用しているバンドソー

新ダイワ 中型バンドソー (チェーンバイス タイプ) RB18-CV

 

私が愛用している新ダイワのチェーンバイスバンドソーです。
本体が大きく持ち運びには、少し苦労しますが、
現場に設置してしまえば、後の作業は本当に楽です。
平バイスよりチェーンバイスのほうが扱いやすいです。

マキタ バンドソー 2107FW

 

ハンディーバンドソーとしても使えるのでこのタイプにしました。
据付台をセットすれば、普通に使えますし、外せばハンディータイプと
1台で2通りの使い方ができるので、とっても便利ですよ。
簡単な配管程度なら、これ1台で十分です。

マキタ バンドソー 充電式 18V PB180DRFX

 

コードレスバンドソーは、手軽に使えて本当に便利です。
電源コードを準備することなく、すぐに作業にかかれますから、
無いよりは、有ったほうが断然便利ですよ。

 

そのほかのバンドソー

新ダイワ バンドソー

ハンディタイプ
RBH120 (120φ)

日立工機

ロータリーバンドソー
CB12VA2

新ダイワ バンドソー

RB18

 

私が使っている新ダイワのバンドソーですが、
なぜ平バイスではなくチェーンバイスのものを選んだかというと
大口径の配管材などの固定が確実に行え、正確な切断が行えるのと、
一度に沢山の配管材などを切断する際にも、ガッチリ固定してくれるからです。

 

角材などを切断するのであれば、平バイスでも問題ありませんが、
電気工事では、丸い配管材を切断するのがほとんどですから、
やはりチェーンバイスのほうが使いやすいからです。

 

一覧表示を見る

 

電池パック(バッテリー)をお探しの方は、こちらをご覧ください。

 

メーカー別電池パックはこちら

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

TOPに戻る