電気工事に使う工具 | 照明器具取付けに便利な工具

スポンサーリンク

照明器具取付けに便利な工具

照明器具取付けを効率よくするには

電気工事を行い、仕上げ段階で行うのが、
各配線器具の取付けや照明器具などの機器取付けです。

 

みなさんも、毎日のようにこのような作業を行っておられると思います。

 

しかし、照明器具と一言で言っても、
直下付けのものから、埋め込みなどさまざまです。

 

これらの照明器具を取り付けるためには、
建築段階で、さまざまな下準備が必要ですよね。
官公庁や商業施設などの多くは、
ボルト、ナットを用いて取り付けるのが一般的ですが、
中には、下地材に直接ビス止めすることも有ります。

 

直下付けの場合には、このビス止めでの取り付けでしたら、
建築段階での下準備としては、取付け位置に下地材を入れておくだけですから
作業としては、短時間で終わり、効率的ですが、
官公庁や大型の商業施設などでは、
施工要領に照明器具の取り付け方法なども明確に指示されている場合が多く
その多くは、構造材からボルトなどを用いて、堅牢に取り付けるよう指示されています。

 

この場合、RC造やSRC造などでは、コンクリート打設前に、
アンカーなどを仕込み、寸切りボルトを降ろすことになります。
こうして、最終的な仕上げ段階を迎えるわけですが、
建築段階で、他の業種の作業の邪魔になったりして、
寸切りボルトが曲げられたり、酷いときには、
寸切りボルト自体を取り外し、廃棄されている場合も有ります。

 

また、建築段階で、天井内に敷設する空調ダクトや
給排水管などが照明器具取り付け用に降ろした寸切りボルトと
バッティングしてしまって、真っ直ぐ降ろせないということも起こります。

 

こうなってしまうと、新たにアンカーを打ち込んで、
違う位置に寸切りボルトを設置しなくてはならなくなります。

 

それでも、照明器具の取り付け位置を変更することはできませんから、
曲げ加工を行ったり、ほかの部材を駆使するなどして取り付けなくてはなりません。

 

比較的軽い直下付けの照明器具であれば、簡単に取り付けられますが、
埋め込みの照明器具などの場合は、
寸切りボルトの位置が変われば、取り付け時に、
照明器具に寸切りボルトを取り込むだけでも一苦労することになりますよね(>_<;)

 

みなさんも、寸切りボルトの位置がズレていて、イライラした経験があるんじゃないですか?

 

これが、2点止めの照明器具なら比較的簡単なんですが、
4点止めなどの、大型の照明器具となると、そのイライラも倍増しますよね(`ヘ´#)

 

そんなときには、私が使っているこれを使ってみてください。

 

 

ライティングガイダー LG-2 蛍光灯取付用工具

 

寸切りボルトを使った照明器具の取り付け時に活躍してくれますよ^^
持っていると、効率よく作業ができますし、
ナットやワッシャーの準備も、両手を離してできますから、
本当に楽ですよ^^
ポピュラーなものですが、知らない人も多いようですね。

 

使い方は、簡単です。

 

照明器具を取り付ける寸切りボルトに、このLG-2を取り付け、
照明器具側のボルト取り付け穴にチェーンを通して、
あとは、持ち上げるだけです。

 

もし、寸切りボルトの位置が違ってれば、
チェーンを引っ張って、取り付け穴に誘導するだけですから、
もう、イライラすることは、ありませんね^^

 

さらに、ガイドから羽が出て、照明器具を支えてくれるので、
片手でボルトやナットを準備しなくてもいいので、
作業効率は、確実にUP↑しますし、
作業疲れも少しは軽減できると思いますよ^^

 

ちょっとした、ものですが、
持っていると本当に便利な工具ですよ。

 

ぜひ、みなさんにも使っていただきたいものの一つですね(^−^*)

 

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

TOPに戻る