電気工事に使う工具 | 厚鋼の曲げには(油圧ベンダー)

スポンサーリンク

厚鋼や太物配管の曲げ加工の必需品

電気工事で用いる金属電線管にもいろいろなものがあります。

 

E管やC管のような肉厚の薄い、薄鋼電線管。
EやC管の比較的細い電線管なら、
ハイヒッキーやロールベンダーなどを用いて曲げ加工が出来ますが
G管(厚鋼電線管)やE、Cなどの太物の電線管では、
手作業による曲げ加工は、困難です。

 

まあ、E、C、Gの各種電線管にも、
90°曲げ加工されたノーマルなどの接続部材もありますから
それらを使って、配管作業を行うのもいいですが、
どうしても、それらの部材だけでは、行えない場合もありますから
そんなときには、曲げ加工を行う必要があります。

 

先にも述べたように、
厚鋼電線管や太物の各種電線管などは、手作業での曲げ加工が困難なため
専用の工具が必要になってきます。

 

最近では、厚鋼電線管を使った配管工事は少なくなってきていますが
防爆工事などでは、厚鋼電線管を用いるのが一般的ですから
今後も無くなる事はないでしょう。

 

以前は、埋設配管などにも用いられていました。
例えば、ガソリンスタンドなどのように、
重量物が配管上を移動したりするところなどでは、
厚鋼電線管の使用が義務付けられていましたが、
現在では、打設するコンクリートの強度と厚みが基準を満たせば
エフレックスやPF管などでの施工が認められるようになり
埋設配管に厚鋼電線管を用いることは、ほとんどなくなりました。

 

しかし、廃油などの保管庫などでは、
防爆工事が義務付けられているので、
厚鋼電線管を使用することになりますので、
それに伴う曲げ加工を行う必要があります。

 

そのほかにも、ガスボンベなどの危険物を取扱う建物などでも
防爆工事が必要となるところが多く、
必然的に厚鋼電線管を扱う作業が出てきます。

 

このように、いかに新しい電線管の素材が開発されようとも
今後も、厚鋼電線管を用いた配管工事が無くなる事はないでしょう。

 

ですから、電気工事業者として、電気工事を請け負うのであれば、
厚鋼電線管などの曲げ加工工具は、必需品とも言えるのではないでしょうか。

 

しかし、防爆工事などを頻繁に行わない方にとっては、高価な工具ですから、
みなさんが日頃行っている電気工事を思い返して、
必要かどうか判断してください。

 

厚鋼用油圧ベンダー

泉精器製作所

パイプベンダー本体
PB-15N

泉精器製作所

手動式油圧ポンプホース2m付
HP700A

適合油圧ポンプ

セット内容は、泉精器製作所のホームページで確認してください。
⇒⇒⇒ パイプベンダ適応工具一覧表

 

 

ここで紹介したものは、泉精器製作所のものでしたが、
泉精器製作所と正式な会社名で言っても“ピン”とこないかもしれませんが、
“イズミ”といえば、お解かりでしょう。

 

電気工事士の中では、超有名な会社ですから、
製品の信頼性も高く、文句の付け所がありません。
しいて言うなら、高い!!
これが一番の問題なんですけどね・・・

 

高価な工具ですから、
修理体勢などが整っていることも、
購入条件のなかで、大きなウエイトを締める部分だと思います。

 

「これくらいのものだったら、買い換えればいいじゃん」
というように、有り余る程、儲かってるんだったらいいですが
世の中、そんなに儲かっているところばかりじゃないですからね。

 

私も、こんなふうに言ってみたいものです┐( ̄ヘ ̄)┌

 

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

TOPに戻る