電気工事に使う工具 | より安全なフルハーネス型安全帯

スポンサーリンク

より安全に、フルハーネス型安全帯

身体への負担軽減と安全性を考慮して

現場作業を行う職人としては、
ヘルメット、安全靴、安全帯は、最低限の安全対策品です。

 

この3点セットが無ければ、現場にすら入場させてもらえませんし、
当然そうなれば、現場作業はSTOPしてしまい、
結果的に、工期に間に合わず、ペナルティーを科されることも・・・

 

みなさん、日々現場作業をなさっておられると思いますから、
今更、こんなことを言う必要もなく、ご存知だと思います。

 

しかし、この3点セットを装着していても、作業させてもらえないことも・・・

 

これは、私が実際に経験したことですが、
某大手機械メーカーの工場での電気工事の際、
通常の安全帯を使用して、作業を行おうとすると、
「うちの工場内での作業では、フルハーネス型安全帯を使用してください」
と言われたのです。

 

これまで、どの現場でも、このようなことを言われたことがありません。
当然のことながら、『フルハーネス型安全帯』など準備していません(>_<;)

 

幸いこの日は、作業初日ということで、
高所作業車や材料などの搬入といった下準備でしたから助かりましたが、
次の日からは、高所作業車を使っての作業ですから、
安全帯は、不可欠となりますから、準備しなくてはなりません。

 

『フルハーネス型』の安全帯が有ることは、知っていましたが、
使用することが無かったので、持っていませんでした。

 

すぐに、電材卸会社の担当営業マンに電話して、
注文し、何とか当日中に手にしましたが、
もし、翌日の作業に間に合わなければと考えると、ゾッ!とします。

 

実際、現物を手にして、装着してみると、
想像以上に、身体にフィットして、動きやすく、
腰ベルトに二丁掛けランヤードをぶら下げなくていい分、
腰道具が軽くなり、かえって、疲れにくくなり、
さらに落下事故の際も、腰などへの負担が無く、
身体的なダメージも軽減されることを実感できるので、
思っていた以上に、動きやすかったです。

 

今後、多くの建築現場や、高所作業の現場では、
フルハーネス型安全帯』の着用を要求される場面が増えるものと考えられます。

 

現場作業での、事故原因の常にトップに上げられる
『転落事故』ですから、より安全を求められ、
フルハーネス型安全帯』の普及が求められるようになるでしょう。

 

また、安全衛生法なども改正されるかもしれませんから、
義務化されることも考えられます。

 

まだ、『フルハーネス型安全帯』をお持ちの方は、少ないと思いますが、
一つ用意しておいたほうがいいかもしれませんよ。

 

私が愛用しているフルハーネス型安全帯
藤井電工 フルハーネス安全帯 R-502-DZ1-PT-P-JAN-BX

 

私が使っているフルハーネス安全帯です。
背中にランヤードを装着するので、
腰への重量が軽減されるので、とっても楽です^^
もちろん、今までのものより、安心できるのは、
言うまでもありませんよ^^

 

藤井電工 フルハーネス安全帯

藤井電工 ツヨロン

フルハーネス安全帯
R-502-DZ1-PT-OR-JAN-BX

藤井電工 ツヨロン

フルハーネス安全帯
R-510-DZ1-L-BX

藤井電工 ツヨロン

フルハーネス安全帯
R-510-G-PT-JAN-BX

 

フルハーネス安全帯用ランヤード

藤井電工

ランヤード
TG-2-93SV-21KS-BK

ポリマーギヤ

Wランヤード
WDR/RC-51S-F8 NB

藤井電工

ツインランヤード
T-2-NV93SV-21KS-BK

 

私は、電気工事士ですから、
慣れ親しんだ、藤井電工のものを使っていますが、
他のメーカーからも同等のものが販売されていますから、
お好きなメーカーのものを選んで、使ってください。

 

どのメーカー品も安全面の問題はないと思います。

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

TOPに戻る