スポンサーリンク

電気工事に使う工具 ケーブルストリッパー

ケーブル被覆を簡単に剥く ケーブルストリッパー

電気工事では、多種類のケーブルを使います。

 

SV、CV、CVT、ニュースラット・・・などなど、その種類も用途もさまざまで、これらのケーブルを電気工事の内容、施工方法により使い分けより安全で安定的に電気を供給する電路を確保しています。

 

主に幹線などの電流値の高い部分に用いますが、そのほかにも大型の機械への電気供給にも使います。

 

電気容量が極めて大きい場合は、電気室やキューピクルを設けて高圧受電となりますが、その電気室やキューピクルから各配電盤や分電盤に電気を供給する電路には、最初に紹介したような各種ケーブルを用いて電路を確保します。

 

いわば、建物に電気を供給する動脈といえるでしょう。

 

各配電盤や分電盤には、建物で使用するさまざまな機器が接続された回路が集中してるので、電気を供給する幹線ケーブルには非常に大きな電流が流れることになり、その接続に手違いがあると大事故にも成りかねないので、慎重の上にも慎重に、そして確実な接続作業が求められます。

 

大切な幹線ケーブルの接続作業にも電線被覆を剥く作業は付物で、多くの電気工事士さんは電工ナイフを用いて鉛筆を削る要領で芯線を出し、裸端子などを加工してメインブレーカーなどに接続します。

 

しかし、この電工ナイフを使ってケーブル被覆を剥くのにもそれなりの技術が必要で、慣れてない電気工事士さんには難しい作業だといえるでしょう。

 

そこで、誰でも簡単にケーブルの芯線に傷をつけることなく、きれいに素早くこの作業を行うためにケーブルストリッパーを使うことをおすすめしたいのです。

 

ケーブルストリッパーを使えば刃の長さを調整するだけで、誰でも簡単にケーブル被覆を剥くことができる上、誰がやっても同じような仕上がりになるので、作業時間も短縮できて全体の電気工事の時間も短縮することができます。

 

構造はいたって単純だけど、一度使うと手放せなくなる工具の一つです。

デンサン(DENSAN)
ケーブルストリッパー

デンサン(DENSAN) ケーブルストリッパー ND-800

 

単純な構造のケーブルストリッパーだけど、現場作業に欠かせないものです。
簡単にケーブル被覆を剥く事ができて作業時間も短縮できます。

楽天はこちら
デンサン(DENSAN) ケーブルストリッパー ND-800

デンサン(DENSAN) ケーブルストリッパー CVS-40

 

太物ケーブルにはこれをを使っています。
これも作業は簡単だし、中間剥きも簡単にできて便利です。

楽天はこちら
デンサン(DENSAN) ケーブルストリッパー CVS-40

最初に紹介したケーブルストリッパーには適応サイズがあるので、使用するケーブル太さに合わせて使ってください。
ケーブルストリッパーの使用方法はこちらをご覧ください。

ケーブルストリッパー使用方法

 

本当に単純な構造で、小さな工具ですが、電気工事の現場で大活躍してくれる工具の一つです。

 

ケーブルストリッパー

クニペックス (KNIPEX) 1630-135

ロブテックス(LOBSTAR)
CS28

クニペックス(KNIPEX)
1630-135

楽天はこちらロブテックス(LOBSTAR) ケーブルストリッパー CS28

楽天はこちらクニペックス(KNIPEX) ケーブルストリッパー(SB) (1630-135)

 

ベッセル(VESSEL) 3700KM

マーベル(MARVEL)MC012

ベッセル(VESSEL)
3700KM

マーベル(MARVEL)
MC-012

楽天はこちらベッセル(VESSEL) ケーブルストリッパー 3700KM

楽天はこちらマーベル(MARVEL) ケーブルストリッパー MC-012

ケーブルストリッパー販売メーカーの製品を少しだけ紹介したけど、若干形の違うところはあるけど、用途は同じなのでどれを使っても得られる結果に大きな違いはないでしょう。
でも、使いやすさの感じ方には個人差があるので、最終判断は自身で決断するしかありませんので、みなさんにお任せします。

 

タジマ(tajima)
ムキチョッパ

タジマ(tajima)
DK-MC40

タジマ(tajima)
DK-MC40L

楽天はこちらタジマ(tajima) ケーブルストリッパー ムキチョッパ DK-MC40

楽天はこちらタジマ(tajima)ムキチョッパL DK-MC40L

タジマのケーブルストリッパー(ムキチョッパ)は、他社のものとは発想の違うユニークな形なので、あまり使っているところを見たことはないけど、使っている人に聞くと以外に使い易いらしいですよ。

 

電気工事でよく使うケーブルにCVTケーブルがあります。
ビル、マンション、工場等々、いろんなところで使われているCVTケーブルは、被覆のシースが固く、端子上げ下準備の先端被覆剥きをするだけでも電工ナイフで数多く剥こうと思ったら、かなりの重労働です。
その作業を劇的に楽にしてくれるものを紹介したページを見てください。

 

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


(電気工事に使う工具)は amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによりサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策