電気工事に使う工具 | エアコン取付工具(リーマー)

スポンサーリンク

エアコン取付に必要な工具(リーマー)

エアコン取付工具(リーマー)

エアコン取付工事で接続配管の切断が終わったところで
次に行うのが、切断面の整形作業です。

 

銅管カッター紹介の中で、切断時の注意点を解説しましたが、
どんなに注意を払って作業を行っても、
多少のバリなどは、どうしても発生しますので、
切断面の整形作業は、欠かすことが出来ません。

 

この整形作業で行うのは、主に切断面の内面のバリ取りと
切断面そのものの、整形です。

 

内面の整形は、切断面を滑らかな円錐状になるように行うのが基本で、
その際に出来る切断面のバリ取り作業を行うのが手順です。

 

接続配管の内面整形に用いるのが、リーマーです。

 

 

使用方法は、切断面に対して直角にリーマー部分を当て、
回転させて切断面の整形を行います。

 

回転させる際には、力のムラがないように均一に行ってください。

 

力のムラがあると、切断面に凹凸ができ、
ガス漏れなどの危険が伴いますので、注意が必要です。

 

また、必要以上に内面を削ってしまうと、
フレア加工を行った際に、フレアサイズが小さくなり、
フレア部分の破断などの原因ともなりかねませんので、十分注意してください。

 

最近では、家庭用ルームエアコンなどは、
ほとんど、2分(1/4)3分(3/8)4分(1/2)の3サイズですから、
私は、ルームエアコン取付時には、この種のリーマーを使用していません。

 

もっと簡単に、確実にきれいに仕上げられるものがありますから、
そちらのものを使用しています。

 

さて、切断面の内面形成が終わったところで、
最後に行うのが、仕上げ用ヤスリを使っての切断面の仕上げです。

 

と、いっても、切断面に出ているバリを取るだけですから、
軽く切断面を慣らす程度で、十分ですから、
あまり、ゴシゴシとやらないようにしてくださいね。

 

これらの作業が終わったら、配管内のゴミを取り除いて、
フレア加工に取り掛かってください。

 

それでは、私が使っている、とっても簡単なリーマーをご紹介しておきましょう^^

 

私が使っている リーマーとヤスリ

DENSAN くるくるリーマー

 

最近私が使っている、くるくるリーマーです。
先端部が、円錐状になっているので、
切断面に当てて、くるくる回すだけで、
簡単にきれいな内面形成が出来ますので、
作業も楽ですし、その後の取付け作業にも効率よく移行できます。
もはや、ルームエアコンの取付には、手放せませ〜ん(^0^ )/

TASCO 銅管リーマーヤスリ付

 

リーマーの刃が5枚刃なので、ムラ無く内面形成が行えるので
業務用エアコンなど、配管径の大きな場合に使用しています。
多くのものは、3枚刃のものが多く、
ムラが出やすいですが、これはそんなことが無いので、
作業がスムーズに出来ますよ^^

TASCO 仕上げ用ヤスリ

 

私は、TASCOのものを使っていますが、
はっきり言って、他のものでも十分だと思います。
例えば、ホームセンターなどで売っている
ダイヤモンドヤスリなどでも良いと思いますので、
近くのホームセンターなどで、探すのもいいんじゃないですか。
その際は、なるべく目の細かいものを探してくださいね。

 

私が使用している、リーマーとヤスリを紹介しましたが、
デンサンのくるくるリーマーは、本当に使いやすいですよ^^

 

作業場所が狭い場合などでも、きれいに面取りが出来ますから、
その後の作業も安心して出来ますし、
作業ムラが無いので、手直しもなくなりましたからね(^_−)−☆

 

現在、下のタイプのくるくるリーマーを使っている方でも、
先端ブレードを変えるだけで、私の使っているものと同じように使えますよ。

 

 

★☆★DENSAN くるくるリーマー(DKR-120)用交換ブレード

 

 

実際に使ってみて、本当に便利なものですから、
みなさんにも使っていただきたいものです。

 

冷媒管などの部材が必要な方は、こちらをご覧ください。

 

エアコン工事の備品と材料

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

TOPに戻る