電気工事に使う VVF(VA)ケーブル

配線には、VVFケーブルがなくちゃネ^^

電気工事で一番多く時間をとられるのが配線作業です。

 

建物の形ができてくるにしたがって、屋内での配線をするのですが段階では間仕切りなどができていないことも多く、図面を参照しながら間仕切り位置やスイッチ、コンセントなどの配線器具や照明器具などの取付け位置を確認しながら、配線を進めていきます。

 

電気工事士なら誰しもが日々こんな配線作業を行っていると思いますが、
そのときに必ず必要なのが、VVF(VA)ケーブルです。

 

一般的なVVF(VA)ケーブルは、シュリンプ包装された1巻100mのものが主流です。
戸建住宅から、大きな建物まで使われるVVF(VA)ケーブルは、同じものだから資材置き場には、VVF(VA)ケーブルが山積みにされてると思います。

 

中には、ドラムで購入する場合もありますが、ドラム巻きを使うのは限られた現場でしょう。

 

私も、いろいろな現場で電気工事をしてきたけど、VVF(VA)ケーブルをドラムで発注したのは、それほど記憶がありません。

 

だから電材卸会社でも、在庫として持ってるのは、最初に書かせてもらったシュリンプ包装の100m巻きのものです。

 

また最近は、ホームセンターでもVVF(VA)ケーブルを見かけるようになりましたが、これもシュリンプ包装されたものばかりです。

 

いずれにしても、電気工事で配線をしようとしたら、絶対必要なものですから必ず用意しなくてはなりません。

 

ケーブル価格は、世界の情勢によって、大きく乱高下するものですから、毎日のようにケーブル価格が変動することがあります。

 

ある程度一定の価格で推移してくれていれば、見積もりもスムーズに行うことができますし、電気工事を行うときも赤字になる不安も無く安心して電気工事を行うことができます。
逆に、毎日のように価格が上るような状況では、怖くて先行きを見極めるのが困難になるので、見積もりも難しくなりますし、実際に現場で作業するころには、見積もり段階よりさらにケーブル価格が上って、赤字すれすれなんてことにもなりかねないので、毎日ひやひやしながら現場で作業しなくてはならなくなる可能性もあります。
それほど電気工事において、各種のケーブル価格は重要なファクターですから、誰しも少しでも安いものが無いか、探していると思います。

 

時々、驚愕の安値でVVFケーブルなどを販売する業者がいるのを見掛けますが、その多くが盗難品を販売している可能性があるので、そんなものを使ってると、盗難被害の証拠品として警察に没収される可能性もあるので、逆に高くつくかもしれないので、絶対に手を出さないでください。
最悪、盗品と認識しつつ購入したとなると罪に問われる可能性だってあるので、つまらないことで前科者にならないようにくれぐれもきを付けてください。

 

仮にケーブルが高騰したとして、差額分を請求しても建築会社が払ってくれることもなく、結局、自分の会社からの持ち出し・・・
(>_<;)
それでも、仕事の継続性を考えたら、やらざる負えず・・・

 

泣き言はこれぐらいにして、電気工事には欠かすことのできないVVF(VA)ケーブルを紹介しておきましょう。

VVF(VA)ケーブル1.6mm
富士電線 VA1.6×2C 富士電線 VA1.6×3C 富士電線 VA1.6×4C

VVFケーブル
1.6×2芯 100m

VVFケーブル
1.6×3芯 100m

VVFケーブル
1.6×4芯 100m

楽天はこちら富士電線 VVFケーブル 2c-1.6mm

楽天はこちら富士電線 VVFケーブル 1.6mm×3芯 100m

楽天はこちら愛知電線 VVFケーブル 1.6mm×4芯 100m

 

VVF(VA)ケーブル2.0mm各種
弥栄電線 VVFケーブル 2.0mm×2芯 100m 弥栄電線 VVFケーブル 2.0mm×2芯 100m 弥栄電線 VVFケーブル  VVF2.0×4C×100m

2.0×2芯 100m

2.0×3芯 100m

2.0×4芯 100m

楽天はこちら富士電線 VVFケーブル VVF2.0×2C×100m

楽天はこちら富士電線 VVFケーブル  VVF2.0×3C×100m

楽天はこちら富士電線 VVF 2.0mm×4C×100m

 

VVF(VA)ケーブル1.6mm 10巻お得セット
Amazon売り切れ 富士電線 VVFケーブル 1.6mm×2芯×100m 10巻セット

 

VVFの1.6×2Cのお得な10巻セットですが、残念ながらAmazonでは、在庫切れになっています。

楽天はこちら富士電線 VVFケーブル 1.6×2C×100m _10set

一般的に電気の配線で多く使うのは、VVF1.6×2C、1.6×3C、2.0×2Cの3種類です。
この3種類があれば、ほとんど電気配線は、できると思います。
このほかに使用頻度が高いものといえば、VVF2.0×3Cでしょう。
100V電源の配線の際、接地用電線を同時に配線するときなどに、VVF2.0×3Cを用いたり機械配線に使ったり、ほかにはルームエアコンの内外機のわたり線に使ったりと用途は、さまざまですが、よく使う電線の一つだと思います。

 

いずれにしても、VVFケーブルがなければ、電気工事は始まらないので、電材卸会社で注文すると思うけど、これからはネット通販という選択肢も加えるべきだと私は思っています。

 

だって、電材卸会社より安いんだから(^_^*)

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策