スポンサーリンク

アンカー打込み棒付ドリル

ドリルと打込み棒をワンタッチで切り替えられる

電気工事だけでなく、建築現場では打込みアンカーをよく使います。

 

現在の建物では、天井などは軽天で組まれることが多く、その軽天を吊り下げるのにもアンカーは不可欠ですし、全ネジボルトも数多く用いられます。

 

そのほか、水道やガスなどの配管作業でも支持金具の固定に用いたり、家具の固定や重量機器の固定などにも用いられます。

 

もちろん電気工事でも照明器具の取り付けや埋め込みや天吊などのエアコンの設置にもアンカーを打込み、全ネジボルトを使って吊り込みを行います。

 

そのほかにも、自立盤の固定などにアンカーを打込み固定する工法をよく使います。

 

このように電気工事のみならず、建築の現場ではさまざまな職種の職人さんがアンカーの打込み作業を行い、堅牢で確実な機器設置を行っています。

 

そんな打込みアンカーにも使用する状況に応じて、アンカーの長さや太さを選択して、より確実な施工を心掛けなくてはなりません。

 

電気工事で一般的に用いられるのは、
三分(3/8インチ)のものが多く、三分アンカーも30mmと40mmの長さのものがあり、使用する部位などによって使い分けます。

デンサン(DENSAN)
三分 30mmアンカー
TP-HT-030

デンサン(DENSAN)
三分 30mmアンカー
TP-HT-038S

楽天はこちらデンサン(DENSAN) ビルディングアンカー(ショートタイプ) TP-HT-030

楽天はこちらデンサン(DENSAN) ビルディングアンカーお徳用パック (TP-HT-038S)

 

電気工事においては、スラブにアンカーを打込むことが多く、30mmのショートタイプアンカーを用いることが多いと思います。

 

その理由は、コンクリート内の配管材などを傷つけないためです。

 

ではなぜ30mmアンカーだと配管材を傷つけることが無いのでしょうか?

 

実際にRC造の現場で電気工事を行っている電気工事士さんならご存知だと思いますが、鉄筋を組む時、仮枠に鉄筋が接触しないようにスペーサーを使っています。
このスペーサーの長さが、30mm以上ありますので、電気関係の埋設管やそのほかの設備関連の配管などは、その上に配管されるのでハンマードリルでアンカー用の下孔を空けても埋設配管を傷つける心配が無いんです。

 

しかし、いくら30mmのショートタイプアンカーを使ったとしても下孔空け作業で必要以上に深く先端ドリルを入れてしまうとコンクリート内部の埋設配管を傷つけてしまう可能性があるので、下孔空け作業のときはハンマードリルのガイドを使って慎重に行う必要があります。

 

でも・・・
このガイド調整が意外に面倒で、先端ドリルにビニールテープやマジックなどで標しをしてアンカー用の下孔空け作業を行っている電気工事士さんをよく見かけます。

 

これでは、下孔空け作業の深さにバラつきが出て、正確な下孔空け作業が行えず埋設配管などを傷つけてしまう危険が生じてしまいます。

 

埋設配管を傷つけてしまっては、後の入線作業が行えなくなり、結果的に不良箇所が発生してしまうことになってしまい、電気工事が完成しないことになってしまいます。

 

そんな危険を回避するのに私が今使っているのがこれです。

デンサン(DENSAN) 打ち込み棒付ドリル
デンサン(DENSAN) CUD-3030

 

ショートアンカー用のアンカー打込みドリルです。
下孔深さは30mmガイド付きなので深さのバラつきがなく正確に作業が行えます。

楽天はこちら
デンサン(DENSAN) ビルディングアンカー用打込棒付ドリル CUD-3030
デンサン(DENSAN) CUD-H3040C

 

こちらは、40mmアンカー用です。
下孔深さが40mmと10mm深くなるほかは、30mmショートアンカー用と同じです。

楽天はこちら
デンサン(DENSAN) 打込棒付ドリル(クリップ付) CUD-H3040C

どちらも、正確な下孔空け作業が行えるので安心ですし、誰が作業しても失敗がありません。

 

また、センターピン打込みもワンタッチで行えるので作業効率も抜群ですよ^^

 

今までだったら、打込み棒を使ってハンマーなどで叩いてセンターピンを打込むかハンマードリル用の打込み棒に取り替えて打込んでいましたが、この打込み棒付ドリルを使いだしてから作業が楽になりましたし、何より作業効率がよくなったので作業時間の短縮につながっています。
ただ一つ難点を言うと、センターピンの打ち込みの時に出る金属音が少し気になります。
それ以外は、申し分ありません。
打ち込み棒が要らないなら、ドリルだけを購入すれば、下孔空け作業だけを正確に行うこともできますし、少しは購入費用を抑えることもできますよ。
(o^―^o)ニコ

 

アンカー穴あけドリル

ジェフコム(JEFCOM)
CUD-H3030D

ジェフコム(JEFCOM)
CUD-H3040D

楽天はこちらデンサン(DENSAN) ドリル(単体) CUD-H3030D

楽天はこちらデンサン(DENSAN) ドリル(単体) CUD-H3040D

下孔用ドリルだけですから、センターピン打ち込み棒が必要になります。

 

アンカーセンターピン打込み棒
ボッシュ(BOSCH) SDS-AB-30R ユニカ(unika)

ボッシュ(BOSCH)
SDS-AB-30R

ユニカ(unika)
PT-30S

楽天はこちらボッシュ(BOSCH) アンカー打ち込み棒 SDS-AB-30R

楽天はこちらユニカ(unika)アンカー用打込棒(手打用) PT-30S

デンサンの打ち込み棒付きドリルを使うかドリルと打ち込み棒を別々に使うかは、みなさんの考え方ひとつです。
しかし下孔作業の正確さを求めるなら、ドリルだけでも使うことをお勧めしておきたいと思います。
それでも従来通りコンクリートドリルを使って作業したいという方は下のリンクからコンクリートビットをご覧ください。

 

切削工具 コンクリートビット

 

お買い得なセット品も紹介しています。
コンクリートビットは消耗品ですから、お得なセットで少しでもコストを削減してください。
(^_−)−☆

 

ロングビットは、こちら

 

切削工具 コンクリート ロングビット

 

二重天井の下からなどのコンクリートアンカーの打ち込みには、欠かせないロングビットです。
私が現在最高だと思っているものを紹介していますので、みなさんにも自信をもって、おすすめいたします。

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


(電気工事に使う工具)は amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによりサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策