電気工事に使う工具 | 通線工具(ポイントワカール)

スポンサーリンク

埋設管などの探知に 通線工具(ポイントワカール)

埋設管の詰まっている位置を一発探知!

RCなどの建物で行う埋設配管の経路の確認や
配管内に浸入したコンクリートなどの障害物の位置も
ピンポイントで探知する優れものです。

 

電気工事では、コンクリート埋設や地中埋設などの
埋設配管工事が多くありますが、
敷設した埋設配管にコンクリートなどの障害物が浸入することも
時々ありますよね。

 

こうなってしまっては、せっかく敷設した埋設管に
通線することができず、その後の作業がとまってしまうことなります。

 

通常、コンクリート埋設管や地中埋設管などは、
予備の経路などを作りませんから、
詰まった埋設管を修復して、通線作業を行わなくてはなりません。

 

しかし、どこに障害物があるのかが特定できなくては、
修復作業を行うこともできませんよね…

 

大体の長さを計測して、そのあたりのコンクリートを捲り
埋設管を露出させ、問題の障害物を取り除いて、
カップリングを使って、整形し直し、
その後コンクリートの補修をして通線作業を行わなくてはなりませんが
その近辺に同じような埋設管が敷設されている場合、
どの埋設管か特定できないため、
違う埋設管を切断してしまうことも考えられます。
こんなことをしていては、時間の無駄ですし、
コンクリートを捲る範囲も広範囲になってしまい、
コンクリートの強度低下を招いたりして、
建物的に問題が生じることも考えなくてはなりません。

 

コンクリート打設後の破つり作業は、
できるだけ範囲を狭くすることが大切ですから、
埋設管の詰まっている位置をピンポイントで探知することが求められるのです。

 

それには、それなりの探知機が必要ですよね。

 

これまでも、埋設管の探知機はありましたが、
定価ベースで6万円以上することから、普及はしていませんでした。

 

私も、幾度となく、埋設管が詰まっていた経験を持っていますが、
埋設管の詰まりを探知するためだけに、
6万円の出費をするのは… でした。

 

でもそんな探知機も、新しいものが発売され、
価格も手頃になり、尚且つかつてのものに比べて、
使用用途も広がって、とても良くなっています。

 

従来のものと違い、
発信機を手持ちのスチールや釣り名人などに取付けることができ
埋設管の探知のほかに、壁裏の探知や天井裏の探知なども行えるようになり
使用範囲もひろがって、活躍の場が増えたので、
現場作業の中でも使用する機会が増えました。

 

また、発信機が壊れても、発信機だけ買い換えればいいだけですから
コスト面を考えても、とても良くなっていると思います。

 

もちろん私も、即! 購入しました^^

 

私が購入したポイントワカール

ジェフコム ポイントワカール KS-32

 

手持ちの通線工具(スチール、釣り名人)に取付られるので
いろんなところが探知できるので、便利ですよ^^
以前のものに比べて、価格も半分以下になりましたから
これなら、気軽に使えますよね^^

ジェフコム ポイントワカール 送信器 KS-32-SC

 

送信機が壊れた場合には、これです。
使用中に壊れたりした場合を考えると、
予備に一つ持っておくのもいいですよ。

 

埋設管の詰まっているところをピンポイントで探知することで
コンクリートの破つり作業の範囲も限定できますし、
時間の短縮にもつながり、尚且つ補修作業の時間も短縮できますよ^^

 

無駄にコンクリートを破つることは、
建物にとっても良くないことですから、
「ここだ!」とピンポイントで解るのは、とっても助かりますよね^^

 

ちなみに、従来の探知機はこちらです。

 

 

どちらを使うかは、みなさんの判断にお任せしますが、
価格と使い勝手の良さを考えて、
私は新製品のほうを選んでいますけどね^^

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

TOPに戻る