電気工事に使う工具 | 電動工具 ダイヤモンドコアドリル

スポンサーリンク

コンクリート貫通に使うダイヤモンドコアドリル

RC貫通用ダイヤモンドコアドリル

電気工事の配管作業やエアコンの取付などを行うとき、
建物がRC造の場合も多いと思います。
そんなときに必要なのが、ダイヤモンドコアドリルですね。

 

みなさんも、電気工事の配管作業やエアコンの取付などで、
RC貫通を行わなくてはならないこともあると思います。

 

新築の場合には、予め貫通部分にボイドなどを仕込んで、
貫通を作っておけますが、
既存の建物の改修などでは、貫通が無い場合も多いものですから、
新たに壁貫通を作らなくてはなりません。
しかし、一時期、壁貫通により、鉄筋を切断するなどして、
建物強度の問題などが起こってから、
あまり、後から、貫通することは少なくなりました。

 

どうしても貫通が必要な場合には、
エックス線調査などを行い、
躯体強度に関わる鉄筋を切断しないように、
万全を期してから、貫通作業が行われるようになりました。

 

その分、貫通一つ空けるにも、
かなりのコストアップとなり、なるべく貫通作業を行わず、
違うルートで行うことも多くなりました。
しかしそれとて、余分な配管材や、手間が掛かりますから、
コストアップは、避けられません。

 

とまあ、いろんな方法で、
なるべく貫通作業を少なくするような努力はしますが、
どうしても、RC貫通を行わなくてはならないこともあります。

 

その数が、多ければ、専門の貫通屋さんを呼べばいいのですが、
一本や二本くらいなら、業者を呼ぶだけで、高くつきますから、
自分たちで、貫通作業を行うこともありますよね。

 

そんなときに必要なのが、ダイヤモンドコアドリルです。
機械自体も高価ですし、ダイヤモンドビットも高価ですから、
費用対効果を考えたとき、購入するほうがいいのか、
やはり、専門業者に頼んだほうがいいのか、悩みどころです。

 

でも、仕事の流れや、事前調査にかかる費用のことを考えると、
自分たちで出来ることは、自分たちで行って、
少しでも、コストを下げることも必要だと思います。

 

ですから、こちらで、ダイヤモンドコアドリルを紹介しておきますので、
必要だと思われるものを見てください。

 

私の使っているダイヤモンドコアドリル
シブヤ ダイモドリル TS-092

 

私は、シブヤのこの製品を使っています。
配管を通す程度ですから、
あまり大きな貫通は、行わないので、
これで、十分です。

 

私は、シブヤのダイヤモンドコアドリルを使っています。
電気工事で行う貫通作業では、
極端に大きな貫通を行うことはありませんし、
仮に、そのような場面があれば、
専門の業者さんに頼めば済む話ですから、
日々の業務に支障をきたさないようにするためですから、
私が使っている程度の能力で十分だと思いますし、
価格面から考えても、おすすめ出来るものですから、
みなさんにも自信を持って、おすすめしておきます。

 

私のおすすめする、シブヤのもののほかのものも紹介しておきますので、
ゆっくりとご覧ください。

 

そのほかのダイヤモンドコアドリル

makita(マキタ)

ダイヤコアドリル
DM120

makita(マキタ)

ダイヤコアドリル
DM122

 

もっと見る

 

ここで紹介したほかにも、沢山ありますが、
電気工事で使うのなら、これくらいで十分だと思いますので、
これ以上紹介は、しませんが、
もっと、大口径の貫通などを行うのであれば、
お探しください。

 

でも、120Φまで空けられたら、十分だと思うんですが、
みなさんは、どう思いますか。?

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

TOPに戻る