電気工事に使う工具 | ハンマードリル

スポンサーリンク

電気工事のアンカー打ちの必需品 ハンマードリル

ハンマードリル コンクリートの建物には必需品です。

コンクリートの建物での電気工事には、欠かせない電動工具です。

 

配電盤や照明器具などを取り付ける際の、アンカー打ちや
配管材を通すための貫通穴などの加工には、無くてはならない工具です。

 

しかし、ハンマードリルにもさまざまなものがありますので、
用途別に何台か必要になります。

 

まず、一番多く用いるのが、配電盤などを壁面に取り付ける際の
取り付けアンカーの打込み作業ですが、
この作業には、本体が軽く、作業性のいいものを選ぶ必要があります。

 

足場上などの高所作業には、電源コードを引っ張らなくても済むように
充電式のハンマードリルがいいでしょう。

 

また、コンクリート壁などの貫通作業には、そこそこのパワーが必要ですから、
少し大型のハンマードリルが必要になります。

 

これだけ考えても、ハンマードリルだけで3台必要になります。

 

しかし、ハンマードリルは、1台あたりの価格も高価ですから、
3台揃えるとなると、かなりの出費になってしまいます(>_<;)

 

このご時勢ですから、できるだけ出費を減らしたいですから、
私は、その用途によって、ハンマードリルのメーカーを変えて購入しています。

 

使用頻度の高いものは、故障のリスクも高まりますから、できるだけ安価なものを選び、
パワー重視の作業に用いるハンマードリルは、価格と貫通能力を重視して選んでいます。

 

その結果、私が今使っているものがこれです。

 

私が愛用しているハンマードリル

マキタ 充電式ハンマドリル 18V HR202DRFX バッテリー2個付き

 

パナソニック」製から買い替えました。
知り合いの電気工事士さんが使用されていて、
一度使用させていただき、軽さと作業性に優れたこれにしました。
電気工事で使うには、最適なものだと思いますので、
自信を持ってみなさんにもおすすめします。
価格も格段に安いですからね^^

BOSCH(ボッシュ) ハンマードリル GBH2-18RE

 

使用頻度の高いアンカー打ち作業などに使っています。
屋内など電源確保が容易な場所では、充電切れの心配も無く、
尚且つ本体が軽いので作業性も抜群です。
何より値段が安いですからね^^

BOSCH(ボッシュ) SDS-max ハンマードリル GBH5-38D

 

ともかく安いのが魅力です。
それでいて、コンクリート用38mmまでの穴あけができるので
ちょっとした配管を通すのならこれで十分です。
さらに、簡単な破つりまでできるので、とっても便利です。

 

そのほかのハンマードリル

BOSCH

吸じんハンマードリル
GBH2-23REA

マキタ 集塵機能付き

ハンマードリル 充電式 18V
HR244DRMXV

パナソニック電工

28.8V 充電 ハンマー ドリル
EZ7880LZ2S-B(黒)

 

最近では、埃を出さずに作業することを求められる現場も多くなり、
集塵機能付きのハンマードリルも必要となってきました。

 

また、ハンマードリルの能力もさまざまですから、
電気工事で行う作業の内容に合わせて、使い分けるようにしてください。
能力を超えた使用は、工具の寿命を短くするだけで、作業効率も上がりませんよ。

 

一覧表示を見る

 

電池パック(バッテリー)をお探しの方は、こちらをご覧ください。

 

メーカー別電池パックはこちら

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

TOPに戻る