電気工事に使う工具 | 切削工具(コンクリートビット ロング)

スポンサーリンク

切削工具(コンクリートビット ロング)

電気や空調工事に必要なコンクリート用ロングビット

電気工事や空調工事を行っていると、
コンクリートアンカーの打込み作業は、よく行う作業ですよね。

 

みなさんも、一現場でかなりの数のコンクリートアンカーを打込んだりしていると思います。
しかし、コンクリートアンカーを打込むのは、
壁や床など、直接打込めるところばかりではありません。

 

例えば、天井吊りのエアコンを取り付けるとして、
当然、エアコンの取り付け作業を行うのですから、
すでに内装工事が完了し、二重天井が出来上がった状態です。

 

さて、みなさんは、どのようにして、スラブにコンクリートアンカーを打込みますか?

 

一番簡単な方法は、エアコンの室内機で隠れる部分に
作業用の開口をあけるのが一番簡単な方法ですが、
これでは、お客様から、「酷い工事をするものだ」 と思われかねません。

 

いくらエアコンで隠れるといっても、
エアコンが故障して付け替える際などに、
違うところに取り付けるように指定されたら、
作業用に開口した開口部は、そのまま残ってしまうことになり、
とても見られたもんじゃなくなります(>_<;)

 

ですから、こんなときには、二重天井の下から、
スラブにコンクリートアンカーを打込むようにするんです。

 

そのために必要となるのが、今回紹介するコンクリート用ロングビットです。

 

このコンクリート用ロングビットがあれば、
天井の下から、スラブまで届くので、
大きな開口をあけることなく、アンカー打込み用の下孔の施工が行えます。
ですから、天井に対するダメージを最小限に抑えることができ、
取替時にも、簡単な補修程度で、済みますから、
工事費を抑えることもでき、お客様の金銭的な負担軽減にもつながり、
喜ばれること間違いなしです^^

 

唯一つ、問題点をあげると、施工する開口が小さいため、
アンカーピンの取り付け時に、目視できない点でしょう。

 

目視できないことで、アンカーピンの取り付けが困難になるので、
施工時間が予想以上にかかってしまうことも考えられます。

 

アンカーピンの取り付け方法としては、
寸切りボルトに軽くアンカーピンをねじ込み、
そのまま、下孔に差し込むというのが、一般的な方法です。
この方法でアンカーピンの設置は、まさに手探りで下孔を見つけなくてはならず、
手に伝わる感覚だけが頼りです。

 

でも、これだったら、しっかり規定寸法まで入っているのか確認することができません。
そんなときには、ファイバースコープなどを用いて、
目視確認を行うと、より確実な施工ができると思いますので、
私は、安いファイバースコープを購入して、利用しています。
しかしこれにもちょっとした問題がありまして、
ファイバースコープを入れるための穴を天井にあけなくてはならないのです。

 

その分、天井へのダメージは増えることになりますが、
それとて、スコープ部分が入るだけの穴をあけるだけですから、
最終的には、目暗プレートなどで、簡単に隠せるものですので、
それほど、大掛かりな工事は必要としません。

 

こうして、設置したアンカーピンを確実に設置するために最後に行うのが
センターピンの打込み作業ですが、
当然こちらも、ロングサイズのものを用意しておかなくてはなりません。

 

以上が、ロングビットを使ったコンクリートアンカーの設置手順になります。

 

あまり必要ないようなものに思えますが、
以外に使用頻度は、高いものですから、
電気工事や空調工事を行うのであれば、
ぜひ持っておきたいものだと思いませんか?

 

私が使っているコンクリートビット ロングサイズ
ミヤナガ デルタゴンビットSDSロング DLSDS12510

 

私が使っているのは、ミヤナガのロングビットです。
先端の刃は3枚あるタイプですから、
天井の下からの施工でも、少ない力で下孔が空き、
それに加えて、真円に近い下孔があけられるので、
アンカーピンもすんなり入って、施工が楽ですよ^^
さらに、一般的なものに比べて、ビットの痩せがないので、
長持ちしますから、経済的ですからね^^

ユニカ(unika) アンカー打込み棒(ロング)SD30SX1000 ユニカ(unika) ユニコンアンカー用打込棒ロング SD30SX1000

     (コンクリートアンカー 3/8 30mm用

 

3分アンカー用打込み棒のロングです。
長さは、1.000mmですから、
ほとんどの二重天井に対応できると思います。
コンクリートビットのロングタイプを使うんだったら
必ず必要なものですから、合わせて揃えています。

USB内視鏡

 

下孔の確認には、これを使っています。
本格的なファイバースコープをと思っていましたが
用途は、天井内や中空壁の内部の確認くらいですから、
お手頃で、簡単にスマホで使えるこれにしました。
画像もそこそこ鮮明で、けっこう使えますよ^^

 

以上3点を私は使って、二重天井でのアンカー工事を行っています。

 

ここで紹介した、コンクリート用ビットのロングタイプは、1.000mmのものですが、
このほかに、1.500mmタイプのものもありますから、
1.000mm以上の深さがあるようなところでの施工があるのであれば、
1.500mmタイプを選択するようにしてください。

 

最後に紹介したファイバースコープは、
あくまで、確認用に使っているだけですから、
広い範囲を確認するのには、不向きです。

 

配線の際などに中空壁の内部に障害物がないかなどの確認には、
威力を発揮してくれますから、配線の経路確認などには、十分だと思います。
まあ、これも人それぞれですから、使うもよし、使わずにこれまでどおりの方法で行うのもよしですから、
そこは、みなさんの判断にお任せいたします。

 

私の感想としては、けっこう面白いものだと思っています^^

 

一般的なコンクリートビットはこちらでお探しください。

 

切削工具 コンクリートビット

 

お買い得なセット品などを紹介しています。
コンクリートビットは、消耗品ですから、お得なセットで、少しでもコストを削減してください(^_−)−☆

 

3分コンクリートアンカーの打ち込みには、こちらも便利ですよ^^

 

デンサンの打込み棒付ドリル

 

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

TOPに戻る