工事用 掃除機(集塵機)

スポンサーリンク

現場作業でも掃除は大切です

電気工事だけでなく、建築現場でも現場内の掃除は大切です。

 

現場をいつもきれいに保つだけでなく、足元の安全確保の観点からも現場内の清掃作業は、大切だと思います。

 

私が電気工事を始めた当初に先輩からまず言われたのが、
「作業後は、必ず掃除を徹底するように」ということでした。

 

これは、ただ単に、その場をきれいにするだけでなく、作業場所の安全確保や仕上げ材に傷をつけないための配慮だったんです。

 

電気工事の仕上げ作業は、壁、床、天井などが仕上がっているのが一般的だから、当然物を落としたり、ぶつけたりなどは厳禁です。

 

また、細かな電線くずが放置された状態で作業すると、踏みつけたりして床材に傷がついて、クレーム対象になるので、たとえ小さなゴミでも放置してはいけないのんです。

 

しかし、ほうきを使うと小キズができてしまうから、こんなことが無いように掃除機は必需品なんです。

 

また電気工事では、スイッチやコンセント、そのほかの機器取付け用のボックス内の清掃も大事なので、掃除機が必要になるんだけど普通の掃除機では取廻しが大変なことも多いので、私は、100V電源式の掃除機のほかに充電式の掃除機も使ってます。

 

というか、充電式をメインで使っているといっても過言でじゃない。

 

充電式といっても工事用なので、吸引力もそこそこあるし、ボックス内のコンクリート片や埃もきれいに吸い取ってくれるし、バッテリー式ですから持ち運びも楽なうえ、他の充電工具とバッテリーや充電器は共通なので、無駄な出費がなくとっても経済的です。

 

ボックス清掃のように細かなところだけでなく、床清掃も簡単にできるから、作業終了後の清掃も手早く終わらせることができるので、つまらないキズをつけるリスクも大幅に軽減できます。

 

ほかにも、作業車の中の清掃や乗用車の車内清掃にも威力を発揮してくれるので、いつもきれいな車で気持ちよく現場へ行くことができて気持ちいいですよ。
(o^―^o)ニコ
勿論、100V電源式のものも持ってるので、より広い室内の清掃のときは、100V電源式の掃除機を使うようにしています。

 

いずれにしても現場作業では、掃除はとても大切な作業だから、掃除機は忘れないようにしてください。
m(_ _)m

私が使っている掃除機

マキタ(makita) 充電クリーナ CL182FDZW

 

バッテリーや充電器は付属してないけど、他の充電工具と共通なので必要ない。

楽天はこちらマキタ(makita) CL182FDZW

日立(HITACHI) 掃除機 CV-VP5 W

 

現場の掃除用に使ってます。
事務所で使ってたお古だけど、まだまだ現役だから最後のお勤めです。

楽天はこちら日立(HITACHI) CV-VP5(W)

私は、この二台を使っています。
配線器具の取付やちょっとした作業のときは、充電式のほうが使い勝手がいいし、床掃除には100V電源式のほうです。
業務用の集塵機でもいいんですが、重いのと大きいので持ち運びも大変だし、そう頻繁に使うものでもないので、今は事務所で使ってた家庭用掃除機と充電式クリーナーを併用しています。

 

マキタ(makita)

マキタ(makita)
CL141FDZW

マキタ(makita)
A-67169

楽天はこちらマキタ(makita) CL141FDZW

楽天はこちらマキタ(makita) A-67169

マキタの充電式クリーナーとサイクロンアタッチメントですが、サイクロンアタッチメンを私も買って使ってるんだけど、ごみ捨てが簡単になるのと吸引力の低下率が若干よくなったように感じます。
実際に計測したわけじゃないので、あくまで私が感じるということなので、もし買ってそう感じなかったとしても、クレームは入れないでくださいね。
でもごみの量を目で確認できるので、こまめにごみを捨てることで、吸引力が維持されることが期待できますよね。
詳しく知りたいなら、レビューを参考にしてください。

 

マキタ(makita)
CL121DSH

マキタ(makita)
CL501DZ

楽天はこちらマキタ(makita) CL121DSH

楽天はこちらマキタ(makita) CL501DZ

マキタ(makita)の充電クリーナーの中でも、あまり現場では見かけないものだと思います。
実際、私も現場で見たことがありませんし、カタログなんかで確認しても、現場で使うことをあまり想定していないように感じます。
でも、使うシーンを考えたらCL121DSHなんかは、電気工事の現場でも便利に使えるのかもしれないので紹介しておきました。
まあ、現場で使う以外での購入もありですから、違う使い方も考慮してはいかがでしょう。

 

14.4V/18V バッテリー

マキタ(makita) BL-1430B

マキタ(makita) BL-1830B

マキタ(makita)
BL-1430B

マキタ(makita)
BL-1830B

楽天はこちらマキタ(makita) BL1430B A?60698

楽天はこちらマキタ(makita) BL1830B A-60442

 

急速充電器

マキタ(makita)
DC18SD

マキタ(makita)
DC18RD

楽天はこちらマキタ(makita) DC18SD

楽天はこちらマキタ(makita) DC18RD

マキタの14.4/18Vバッテリーと急速充電器を紹介したけど、バッテリーはどちらも残量表示付きなので、バッテリーの残りを目で確認できるので、バッテリー切れになる心配がなく、適切に充電することができます。
急速充電器は、セット品に組み込まれてる一口のものと二つ同時に充電できるものを紹介したんだけど、どちらもUSBポート付きなので、スマホの充電やタブレットの充電なんかもできるタイプを選んでおいたんですが、今の時代これって大切ですよね。

 

パナソニック(Panasonic)
工事用充電クリーナー

パナソニック(Panasonic)

パナソニック(Panasonic)
EZ37A3-W

パナソニック(Panasonic)
EZ3744

楽天はこちらパナソニック(Panasonic)EZ37A3-W

楽天はこちらパナソニック(Panasonic) EZ3744

パナソニックの充電クリーナーを紹介したんだけど、使ったことがないので、どんな使い心地なのかなどの情報を伝えることができないのが残念です。
なので、レビューを参考にしてください。

 

ハイコーキ(HiKOKI)
コードレスクリーナー

ハイコーキ(HiKOKI)
R10DAL(LCS)

ハイコーキ(HiKOKI)
R18DSAL(NN)

ハイコーキ(HiKOKI)
R14DSAL(NN)

楽天はこちらハイコーキ(HiKOKI) R10DAL(LCS)

楽天はこちらハイコーキ(HiKOKI) R18DSAL(NN) 本体のみ

楽天はこちらハイコーキ(HiKOKI) R14DSAL(NN)

ハイコーキ(HiKOKI)のコードレスクリーナーだけど、ほかの充電工具をハイコーキ(HiKOKI)のものを多く使ってるんだったら、充電器やバッテリーを流用できるので、経済的だから、買うと便利だろうけど、わざわざこれだけをフルセットで買うんだったら、別にこだわる必要はないでしょう。

 

ボッシュ(BOSCH)

ボッシュ(BOSCH)
BBS1223WJP

ボッシュ(BOSCH)
GAS18V-LI

ボッシュ(BOSCH)
GAS18V-1

楽天はこちらボッシュ(BOSCH) BBS1223WJP

楽天はこちらボッシュ(BOSCH) GAS18V-LI

楽天はこちらボッシュ(BOSCH) GAS18V-1

ボッシュも充電式クリーナーを紹介したけど、これもほかのメーカーと同じような性能なので、ほかの充電工具との兼ね合いを考えて買うといいですね。

 

ここまで紹介した充電式のクリーナーは、各社とも本体のみで販売されてるのを掲載してある。
ほかの充電工具がが多いメーカーのものを買うと、バッテリーの使い廻しも楽にできて、使いやすいでしょう。
もし、フルセットが必要なら、画像をクリックして販売ページ内でフルセットを確認すると簡単に探せます。
ほかに、サーチボックスから検索することもできるので、活用してください。

 

マキタ(makita)
業務用集塵機

マキタ(makita) VC2500

マキタ
M442

マキタ
VC2500

マキタ
490S

楽天はこちらマキタ(makita) M442

楽天はこちらマキタ(makita) VC2500

楽天はこちらマキタ(makita) 490S

マキタの業務用集塵機なんだけど、このままでは粉塵まで取ることはできないので、専用の粉塵用フィルタを使うことで、粉塵まで除去することができるようになります。このフィルタを使わないと、粉塵をまき散らすことになるので、逆効果になるので、注意しなくちゃならない。

 

粉塵用 フィルタ

マキタ
A-50491

マキタ
A-50566

マキタ
A-45783

楽天はこちらマキタ(makita) パウダフィルタ (粉じん用) A-50491

楽天はこちらマキタ(makita) 集じん機用 パウダフィルタ(粉じん用) A-50566

楽天はこちらマキタ(makita) 集じん機用 パウダフィルタ(粉じん用) A-45783

粉塵用フィルタも3種類紹介したけど、まだあるのでメーカーHPで適合機種を確認してから買うようにしないと、合わないものを買ってしまうことになるので注意が必要です。

※カタログの目次⇒集じん・ブロア⇒P106/P107を参照してください。

 

他社の集塵機

日立工機
FRP80SB

ボッシュ
GAS10

楽天はこちらハイコーキ(HiKOKI) FRP80SB

楽天はこちらボッシュ(BOSCH) GAS10

日立工機(HiKOKI)とボッシュのクリーナーだったけど、どちらも使ったことがないので、比較することもできません。
ただ言えることは、ほかのメーカー製と比べてもズバ抜けてるところもないだろうし、著しく劣るところもない、可もなく不可もなくといったところだと思います。
但し、ほかのクリーナーのレビューにもあるように、フィルタ目詰まりで吸引力が落ちるのは覚悟しなくてはならないところでしょう。

 

ケルヒャー(KARCHER)
バキュームクリーナー

ケルヒャー(KARCHER) バキュームクリーナー T7/1 プラス

 

吸引力が強く、掃除の時間が短くなって現場の掃除には最適です。

楽天はこちらケルヒャー(KARCHER) 1.527-143.0

ケルヒャーのバキュームクリーナーを紹介したんだけど、クリーナーとして見るなら、業務用の中でもトップクラスの吸引力だと思います。

 

吸引力が強いので、中古車屋なんかでも車内清掃に使ったりできるんじゃないかな。
もちろん作業車の中の清掃にも大活躍してくれることでしょう。

 

予備のバッテリーが必要ならこちらをご覧ください。

 

メーカー別電池パックはこちら

マキタ(makita) 作業用集塵機

最後は、作業中の切粉や粉塵を吸い取るのに使う集塵機です。

 

電気工事でもいろんな作業がありますが、その中でもコンクリートをダイヤモンドカッターで溝斫りする工事では、コンクリートの粉塵が大量に出ます。
こんなものを何の防御もせずに吸い込んだりすると身体に良くないことは、誰の目にも明らかですから、作業環境を良くするためにも集塵機をしようすべきです。

 

数は少ないですが、マキタの集塵機を紹介しておきますので、必要に応じて使ってください。

 

充電小型集塵機

マキタ(makita) VC750DZ

マキタ(makita)
VC350DZ

マキタ(makita)
VC750DZ

楽天はこちらマキタ(makita) VC350DZ

楽天はこちらマキタ(makita) VC750DZ 本体のみ

マキタ(makita)の充電小型集塵機ですが、集塵容量が少ないので、連続でハードに使うのには、適していませんが、電気工事で行う作業程度なら十分な性能だと思います。
私も使っているものですが、電気工事のように移動多い作業では、充電式の集塵機はとても便利ですから、手放せませんね。
(^-^)
次は、吸塵能力重視の方におすすめの100V電源式の集塵機を紹介しておきますので、必要な方はご覧ください。

 

100V 集塵機

マキタ(makita) 450(P)

マキタ(makita) VC0830

マキタ(makita)
450P

マキタ(makita)
VC0830

楽天はこちらマキタ(makita) 450P

楽天はこちらマキタ(makita) VC0830

マキタ(makita)の充電式と100V電源仕様の集塵機を紹介しましたが、私は充電式の小型集塵機しか使ったことがないので、確かなことは言えませんが、吸塵能力だけなら、100V仕様の集塵機のほうがいいのかもしれませんが、電気工事の中で使うのなら、充電式の集塵機を私はお勧めします。
電気工事では、機動性が重要ですから、すぐに移動して次の作業に取り掛かれるという点で、やはり充電式のほうが使い勝手がいいので、私は充電式をみなさんにもおすすめしておきます。

スポンサーリンク

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


(電気工事に使う工具)は amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによりサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策