スポンサーリンク

現場で履く 安全靴

電気工事に人気の安全靴

現場の安全対策の基本となる安全対策三種の神器の安全靴の中で、デザインやカラーで人気のものを紹介しています。

 

昔の安全靴といえば、本革製で先芯いは鉄が入っててともかく重くて、ダサイデザインのものばかりでした。
しかし最近の安全靴は、スポーツ用品メーカーの参入や女性の進出などで、デザインもよくなったし、カラーバリエーションも多彩になって、バイクのツーリングに使ってる人もいるほどだから、現場でも個性的な安全靴が増えてきて、一見安全靴に見えないようなものも多くなって、かつてのダサイイメージはもはや過去のものとなりました。

 

それでも安全靴に求められるのは、足元の安全だから、どんなにデザイン性がよくても安全性に問題があるものは、選択肢から省くべきでしょう。
安全性と共に重要なのが、機能性です。
安全靴は、毎日履いて仕事をするものだから、軽くて履き心地がよく、疲れないものを選びたいものです。
もちろん過酷な状況下で履くものなので、耐久性も重要な要素になるでしょう。
こうして考えてくると、ある程度候補が絞られてくるんじゃないでしょうか?

 

仕事内容にもよるけど、いろんなタイプの中から、自分の仕事内容や使用状況に合った安全靴を選ばないとせっかくの安全靴の持ってる安全性を余すところなく利用することができないので、もったいない結果になってしまします。
これでは、高いお金を払ってせっかく買ったのに無駄になってしまって本当にもったいない結果となってしまします。

 

そんなことにならないように、自分の仕事内容をもう一度考えて、どんなタイプの安全靴が必要なのかを考えてから、次にどのメーカーがいいのか考え、そしていくつかの候補を比較対象することで、予算なども考慮して、最適な一足を選ぶようにしてください。

 

ちなみに私が今現場で履き分けてるのは三種類の安全靴です。
それぞれ、仕事内容により、現場で履き分けています。

 

各現場で、求められる仕事内容も違うし、作業状況も違ってくるので、その現場に合った安全靴を揃えることが求められることもよくある話なので、多くの人が同じように何種類か持ってると思うけど、この流れは今後益々増える傾向にあるので、早い時期にいくつか種類別の安全靴を持つことが求められるようになることでしょう。
そんな時にために、このページを活用してもらえればと思って、これまで別々のページで紹介してきたものを一つのページに集約して紹介するように変更したので、これまで以上に、紹介数も増えてるし、種類も増やしたし、Amazonと楽天市場を比較できるようにしたことが一番大きな変更かな。

 

これで、簡単に両方のサイトを比較できるので、どっちで買うのがよりお得かを考えて、お得なサイトから簡単に買うことができるので、探してる時間を省けて、ロスなく安全靴を手にすることができるようにしてあります。

 

まずは安全靴の種類で掲載ページが分けてあるので、どんなものが必要なのかで下のリンクから各ページに進んでください。

 

 

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


(電気工事に使う工具)は amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによりサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

電気工事現場の安全対策(安全靴)記事一覧

安全の基本は足元からです電気工事だけでなく、いろんな職種の人が履いてる安全靴ですが、安全靴も各職種によって履きやすいもが違います。同じ安全靴といってもホームセンターなどで売っているようなものから、キッ...

電気工事だけでなく、建築現場でよく見かける長編タイプの安全靴を紹介しています。現場では高所作業で、靴が脱げると危険な場合や埋設配管工事のときに使われるのが長編タイプの安全靴です。高所作業時に何かに足を...