スポンサーリンク

接地抵抗の測定は不可欠です。

接地抵抗測定は不可欠です。

電気工事を行う上で大切な接地工事ですが、その接地抵抗値を正確に測定することは、最も大切な作業だと言えるかも知れませんね。

 

戸建住宅から工場や商業施設など、いろんな建物に施されてる接地ですが、それぞれの電気の使用状況によって求められる接地抵抗値が定められてるから、定められた接地抵抗値に達してるか測定するのは電気工事士として大切な作業です。

 

接地抵抗値も絶縁抵抗値同様に電力会社への送電申請の際に記入しなくてはならない項目です。。

 

仮に接地抵抗値が規定どおりの数値が得られていなければ、電力会社からの送電を受けることができない…なんてことになるかも知れません。

 

そうなっては、請け負った電気工事は完成することができず、違約金の支払いを求められたり、なんて事にもなりかねず大きな損害を出すことになるかも知れませんよ。
(-−;)

 

戸建住宅のような比較的小規模な電気工事を行っている人の中には、
どうせ漏電ブレーカがあるんだから」と軽く考えている人もいるようですが、そんなものでないことは、電気工事士だったら分かっていますよね。

 

確かに戸建住宅だったら、主幹に漏電ブレーカが設置されてるので、漏電を感知すれば即座に電気の供給を遮断するので、問題ないと言えば問題ないのかも知れませんが、これが電気室やキューピクルとなったらどうでしょうか?

 

電気室やキューピクルのような高圧受電設備で起こる漏電は、命に関わることが多いので、そんな状況を回避するためにも確実な接地工事が大切なんです。

 

当然、内線規定に示されてる値をクリヤしてることが、最低限求められることは誰でも知っていることですが、その測定を正確に行うための接地抵抗計は、欠かすことのできないものです。

 

電気工事を行う電気工事会社には、備付の義務があるので、どの電気工事会社でも最低一台はあると思います。

 

当然、私も持っていますが、少々古いタイプなので今は販売されていません。
ですから、私が見ておすすめのものを紹介しておきます。

日置電機(HIOKI)
接地抵抗計

日置電機
FT6031-03

日置電機
IR4082-11

楽天はこちら日置電機(HIOKI) FT6031-03 接地抵抗計

日置電機(HIOKI) IR4082-11 アナログメグオームハイテスタ楽天はこちら

以前私が使ってた接地抵抗計は現場の掘り下げられた水溜まりに落ちて壊れてしまったので、日置電機のFT6031-03に買い替えました。
これは防塵・防水設計なので、今回のような状況になっても壊れる心配はないし、汚れても洗ってから仕舞えるので、いつもきれいな状態を保つことができていいんです。接地抵抗を測定する現場は、掘削後や仮に整地されてたとしても土がむき出し状態なので、どうしても汚れるし時にはホコリを被ることもあるので、防塵・防水設定というのはうれしいものですので、接地抵抗計の購入や買い替えを考えてるなら、お勧めします。

 

クランプ接地抵抗計

日置電機
FT6380

日置電機
FT6381

楽天はこちら日置電機(HIOKI) クランプ接地抵抗計  FT6380

楽天はこちら日置電機(HIOKI) クランプ接地抵抗計 (BluetoothR通信機能搭載) FT6381

日置電機のクランプ接地抵抗計でしたが、私は使ったことがないので、どんな使い心地なのかはわからないけど、電流測定と同じようにアース線を挟むだけなので、測定は簡単だろうという想像はできます。
どちらも測定精度に違いはないようですが、大きく違うのは右側にはBluetoothR通信機能が搭載されてることです。

 

共立電気計器(KYORITSU)
接地抵抗計

共立電気計器(KYORITSU) 6022

共立電気計器
KEW 4105DL

共立電気計器
6022

楽天はこちら共立電気計器(KYORITSU) KEW4105DL デジタル接地抵抗計

楽天はこちら共立電気計器(KYORITSU) KEW6022デジタル絶縁・接地抵抗計

左側は、私が今使ってる日置電機のFT6031-03と同じく防塵・防水設計の接地抵抗計なので、汚れたら洗えるのでいつでもきれいな状態で使うことができるものです
右側は、接地抵抗計と絶縁抵抗計が一つになった機種です。
同じようなものを2台持たなくても、これ一台あれば両方の測定が可能なので、便利だと思います。

 

アナログ/簡易接地抵抗計

共立電気計器(KYORITSU) 4102A

共立電気計器
MODEL4102A

共立電気計器
4300

楽天はこちら共立電気計器(KYORITSU) MODEL 4102Aキューアース 接地抵抗計

楽天はこちら共立電気計器(KYORITSU) KEW4300 簡易接地抵抗計

アナログ接地抵抗計は、これまでに永く使われてきてるものなので、何も書き加えることはありません。
一方、簡易接地抵抗計は、補助極を打ち込むことができない現場で、簡易的に接地抵抗値を測定するときに使うものです。
使い方は下のリンクで確認してください。

 

 

三和電気計器(sanwa)
アナログ接地抵抗計

三和電気計器(sanwa) PDR302 アナログ式接地抵抗計

楽天はこちら

三和電気計器 PDR-302

この機種が前に私が使ってたものに一番近いかもしれません。
使い勝手というより、あまりにもシンプルなので、使い方を迷うこともないし、一般的な電気工事だったらこれで十分でしょう。
でも私のように水没させたらその時点で寿命を終えることになるので、注意してください。

 

電気工事士には必需品の接地抵抗計ですが、デジタルやアナログなどさまざまなものがあるので、仕事内容と価格を考慮して、最適なものを選んでください。

 

お気に入りの製品に関する詳しい仕様などの確認用に、メーカーサイトを紹介しておきますので利用してください。

 

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


(電気工事に使う工具)は amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによりサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策