電気工事に使う工具 | 接地抵抗計(アーステスタ)

スポンサーリンク

接地抵抗の測定は不可欠な作業です。

接地抵抗の測定は不可欠な作業です。

電気工事を行う上で大切な接地工事ですが、
その接地抵抗値を正確に測定することは、
最も大切な作業だと言えるかも知れませんね。

 

一般家庭でも、工場や商業施設など、
さまざまな建物すべてに施されている接地ですが、
それぞれの電気の使用状況によって、
求められる接地抵抗値が定められていますから、
その定められた接地抵抗値に達しているか測定するのは
電気工事士として大切な作業です。

 

接地抵抗値も、絶縁抵抗値同様に
電力会社への送電申請の際に記入しなくてはなりませんよね。

 

仮に接地抵抗値が規定どおりの数値が得られていなければ
電力会社からの送電を受けることができない…
なんてことになるかも知れません(>_<;)

 

そうなってしまっては、
請け負った電気工事は完成することができず、
違約金の支払いを求められたり、なんて事にもなりかねず
大きな損害を出すことになるかも知れませんよ(-−;)

 

一般住宅などを専門に電気工事を行っている人の中には
「どうせ漏電ブレーカがあるんだから」
と軽く考えている人もいらっしゃいますが
そんなものでないことは、
電気工事士のみなさんだったら解っていますよね。

 

確かに、一般住宅などだったら、
主幹に漏電ブレーカが設置されているので、
漏電を感知すれば、即座に電気の供給を遮断しますから
問題ないと言えば問題ないのかも知れませんが、
これが、電気室やキューピクルとなったらどうでしょうか?

 

電気室やキューピクルのような、高圧受電設備などで起こる漏電は
即、命に関わる場合が多いですから、
そのような状況を回避するためにも、
確実な接地工事が大切なんです。

 

当然、内線規定に示されている値をクリヤしていることが
最低限求められることは、誰でも知っていることですが、
その測定を正確に行うための接地抵抗計は、
欠かすことのできないものです。

 

電気工事を行う電気工事会社には、
備付の義務がありますから、
どの電気工事会社でも最低一台は、あると思います。

 

当然、私も持っていますが、
少々古いタイプですから、今は販売されていません。
ですから、私が見ておすすめのものを紹介しておきますね。

 

おすすめの接地抵抗計
HIOKI 接地抵抗計 FT6031-03

 

日置電機の最新モデルの接地抵抗計です。
接地抵抗測定の現場は、掘削のあとなど
土などで汚れることも多いと思いますが、
これは、防水ですから、汚れれば洗えます。
測定コードも巻取り式だから、
補助接地極の設置も簡単で、後片付けも簡単です。

 

これから買い求めるんだったら絶対おすすめですよ^^
防水・防塵機能のほかにも、新しい技術が投入されているので
接地抵抗の測定もこれまでより簡単にできるようになっています。
補助接地極の設置に関しても、
今までより簡単になっているようですよ^^

 

やっぱり、年々良くなっていくんですね。

 

そのほかのテスタ

KYORITSU

デジタル接地抵抗計
4105A-H

FUSO

デジタル接地抵抗計
ST-1520

HIOKI

アースハイテスタ
3151

KYORITSU

アナログ接地抵抗計
MODEL4102A

SANWA

アナログ゙接地抵抗計
PDR-302

HIOKI

アナログ接地抵抗計
FT3151

 

電気工事士としては、必需品の接地抵抗計ですが、
デジタルやアナログなどさまざまなものがありますから、
みなさんの仕事内容と価格などを考慮して、
最適なものを選んでくださいね。

 

もし私が買い換えるなら、
日置電機の最新モデルにしたいですね。

 

一覧表示を見る

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

TOPに戻る