電気工事に使う工具 | 通線オイル(入線液)

スポンサーリンク

通線作業にはこれが無くちゃ! 通線オイル(入線液)

有ると無いとじゃ大違い!! 通線オイル(入線液)

電気工事の中でも、通線作業は頻繁に行い、
疲れる作業の一つです。

 

このカテゴリで、これまでにもさまざまな工具を紹介してきましたが
それらの工具の能力を最大限に引き出し、
効率よく作業を進めるためにも必要なのが、通線オイルでしょう。

 

日々現場で電気工事を行っているみなさんなら、
通線オイルの重要性は、すでに認識なさっていると思います。

 

RC造などの埋設配管への通線作業や、
金属管などを使った露出配管、二重天内配管の通線作業は、
曲がりが多くなればなるほど、通りにくくなるものです。

 

1.6や2.0程度の細いIV電線くらいなら、
少し力を込めて引っ張れば、何とか通線できますが、
幹線ケーブルのように太いケーブルになると、そうはいきません。

 

たとえ、ウインチなどで引っ張ったとしても、
かなりの抵抗を受け、ケーブル自体にも傷をつけてしまいかねず、
後々のトラブルの原因とも成りかねません。

 

そんなときこそ、通線オイルを使って、作業効率を上げつつ、
尚且つ安全で確実な通線作業を心掛けていただきたいものです。

 

電気工事で用いる通線オイルには、専用のものを使用してください。

 

昔は、別のもので代用したこともあるようですが、
今では、専用の入線液やシリコンスプレーなどを使うものです。

 

当然、通線専用のものですから、
その滑りも格段に良くなり、無駄な力を加えなくても、
スルスルとケーブルが入っていきますから、
通線作業での疲れも軽減できますし、
安全で確実な作業が行えるので、作業時間も短縮できます。

 

まさに、電気工事における潤滑剤ですね^^

 

電気工事には無くてはならない、通線オイルですが、
その種類もいろいろありますので、こちらでご紹介しておきましょう。

 

私がよく使う通線オイル(入線液)
デンサンウェット0.5L ND-55S

 

私が主に使っている通線オイル、デンサンウェットです。
多くの電気工事士さんがこの商品を使っていると思います。
価格的にも、手頃ですし、通線時の滑りも抜群です。
頻繁に使うものですから、あまり高いものは・・・ですからね。

デンサンウェット3.0L ND-55L

 

通線作業時は、上のボトルを使用して、
中身が少なくなったら、こちらから継足して使っています。
ボトルで買うより安上がりですから、
経費の削減のためにも、おすすめですよ^^

デンサンウェットムース 泡タイプ NDM-420

 

通線本数が少ないときや、
作業箇所が汚せないときなどに使っています。
スプレー泡タイプなので、垂れる心配もないし、
素早く作業ができるので、おすすめですよ^^

 

デンサンウェットなどの液体タイプを使うときには、
タオルや雑巾、ウエスなどに染込ませて、塗布すると作業が楽に行えます。

 

こうすることで、余分な通線液を使うことも無く、
作業箇所を汚すことも少なく済みますので、後始末も簡単に済ませることができますよ^^

 

そのほかの通線オイル関係

デンサン

シリコンウェット0.5L
NDS-50

ジェフコム

ポリスベール液状タイプ
650ml NSP-650

デンサン シリコン入り

ケーブル入線スプレー
BJ-420

デンサン

シリコンウェット3.0L
NDS-50

ジェフコム

ポリスベール液状タイプ
4.0L NSP-4000

デンサン

ケーブルスムージー
700g NCS-700

 

粉タイプ
ジェフコム ウェットパウダー 0.5L 粉タイプ DSP-500 ジェフコム ウェットパウダー 3.5L 粉タイプ DSP-3500
ジェフコム スベリーダー(スベリ粉) 500g 粉タイプ DS-500 ジェフコム スベリーダー(スベリ粉) 3.5L 粉タイプ DS-3500

 

こちらで紹介した以外にも、スプレータイプのものなどもありますので、
みなさんの使いやすいものを選んで、通線作業を効率よく行ってください。

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

TOPに戻る