電気工事に使う工具 | 通線工具 張線器

スポンサーリンク

通線工具 張線器

メッセン張りには欠かせない 張線器

電気工事では、いろいろな場面で、
メッセン(メッセンジャーワイヤー)を張る作業がありますよね。

 

例えば、敷地内の建物間に電源ケーブルなどを敷設する際、
地中埋設が困難な場合などや、
工場内での幹線ケーブル敷設などの際にも
メッセンを張って、そこにケーブルハンガーで敷設するというのは、
電気工事では、普通に行う工事です。

 

そのメッセン自体も、鋼鉄製のワイヤーロープですから、
長くなればなるほど、ワイヤー自体の重みも増して、
高所でメッセンをキッチリ張るのは、至難の業です。

 

仮に、距離20mのメッセンを張るとして、
みなさんは、垂れ下がらずに張ることができますか?

 

私には、到底そんなことはできません。

 

しかし、現場では、見た目も重視されますから、
「距離が長くなったから、垂れ下がっている」 というのは、
理由になりませんから、
もしそのような仕上がりであれば、手直しの対象となるでしょう。

 

そんなときに使うのが、ここで紹介する、『張線器』 です。

 

張線器』 を使えば、長い距離のメッセンであっても、
最小限の垂れ下がりで抑えることができますから、
ケーブル敷設後の仕上がりも、文句の付けようがありませんから、
手直しなどの無駄な作業をしなくても済んで、
時間の短縮にもなりますし、
なにより、手直しにかかる費用の節約にもなって、
コストダウンが図れますから、一石二鳥だと思いませんか?

 

「でも、正規品となると・・・」

 

と言う方も多いと思います。

 

確かに、永木精機などの張線器は、使い勝手は良いのですが、
お値段がね〜 ┐( ̄ヘ ̄)┌

 

でも、必要経費ですから、そこは思い切って買っておくほうが、
後々を考えれば、絶対よかったと思えますから、
メッセンを張るような作業を行う方には、
絶対におすすめしておきたいですね。

 

私が愛用している張線器

 

永木精機 3ton カムラー

 

メッセンワイヤーを張るには、これが一番です(^0^ )/
どんなに締上げても、ガッチリ掴んで離しません。。。
だから最後の巻付グリップの施工も余裕で行えますよ^^

レバーホイスト 1.0ton

 

カムラーを使うときに、レバーホイストを使っています。
ともかく、カムラーがいいお値段しますから、
レバーホイストは、少しでも安く、高品質なものをと思って、
探していたら、ありました^^
他の用途でも使えるので、絶対おすすめですよ^^

永木精機 ベルト式張線器 500(3型) N-500A外線用

 

DVケーブルなどを直接張るときには、これを使っています。
被覆を傷付けることなく、張線作業ができるので、
とても安全に作業を行うことができます。
もちろん、手直しなんて出ませんよ^^

 

私が使っているものを紹介しましたが、
主に使っているのは、先に紹介した、『カムラー』 のほうですね。
以前は、DVケーブルなどを直接張線することが多かったですが、
最近では、ほとんど、CVTケーブルなどを使いますから、
メッセンワイヤーにケーブルハンガーで施工するのが、一般的ですからね。

 

みなさんが行っている電気工事でも、そうじゃないですか?

 

私は、カムラーを使うとき、レバーホイストを使っています。
レバーホイストは、他の用途、例えば、引き込みポールの支線を張るときなどにも、
使えますから、けっこう頻繁に使っている印象があります。^^
ですから、一つ買っておけば、とっても便利だと私は思うんですけど、
みなさんの考えは、いかがでしょうか?

 

メッセンワイヤーの両端を留めるのに一般的に使われるのが、
巻付グリップだと思いますが、
巻付グリップにも、張力制限がありますから、
用途と、張力に見合ったものを選ぶようにしてください。

 

参考資料としては、下のPDFが役に立つと思いますので、
掲載しておきます。

 

⇒ 巻付グリップPDF

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

TOPに戻る