電気工事に使う工具 | セーバーソー(レシプロソー)

スポンサーリンク

狭い場所の配管撤去などに セーバーソー

狭いところでの配管切断などに威力を発揮!

電気工事だけでなく、建築関連の工事では、
新築ばかりでなく、既存の建物の改修工事も主要な工事の一つですよね。

 

完全に解体してしまうのであれば、
引込み線の撤去と電力メーターの撤去だけでいいのですが、
改修工事となると、建物を使いながら、
一部分を改修するというのが一般的ですので、
建物全体の電気を止めてしまうわけにはいきません。

 

ですから、予めある程度の配線ルートや配管ルートなどのチェックを行い、
本格的に解体作業が始まり、ある程度撤去が完了した時点で、
不用な配線や配管の撤去を行います。

 

こんなとき、狭いパイプシャフト内の不用な配管材を切断して撤去したり、
床から立ち上がっている配管材を根元から切断したりするのは、
以外に手間のかかる作業で、
ディスクグラインダーやパワーカッターなどでは、
機械すら入らないこともよくある話です。

 

そんなときに活躍してくれるのが、
今回紹介する『セーバーソー』なんです。

 

セーバーソーは、言ってみれば、鋸を機械につけたような工具ですから、
狭い隙間でも刃がとどけば、切断することができますし、
床からの立上げ配管の撤去の際には、
鋸刃が撓って、水平に切断できるので、
ほぼ、床面と同じ高さで切断することができるので、
後から、切断面を削ったりの作業をしなくてもいいので、とても便利です。

 

また、切断刃を交換すれば、さまざまな材質のものを切ることができますから、
ALCの切断などが必要なときでも、楽に作業することができます。
ですから、ALC屋さんなども多く使っておられるようですね。^^

 

このように、電気工事でも大活躍のセーバーソーですが、
他の業種の方でも、活用の巾は、あるのではないでしょうか。

 

私の使っているセーバーソー
日立工機 電子セーバーソー CR13VBY2

 

セーバーソーは、これを使っています。
以前のものが寿命でだめになったので、
買い替えました。
価格もビックリするほど安くて、良い買い物でした。^^
現場では、かなり過酷な使い方をしていますが、
まったく問題ありませ〜ん。^^
みなさんにも、自信を持って、おすすめしておきます。

 

上でも書いたように、今まで使っていたものが壊れたので
買い替えたものです。
それまでにも、電源コードを交換したり、
スイッチの部品を交換したりして、使ってきたのですが、
開業以来、使っていて、今回はモーターの故障なので、
メーカー修理も考えたのですが、
メーカー修理となると、それなりの金額が掛かりますから、
それなら、新品を購入したほうが、いいと思って、探した結果、
このセーバーソーに行き当たって、速結してしまいました。

 

「以前は、もっと高価だったような・・・」

 

「中国製???」

 

と、少し疑問を持ちましたが、
使ってみると、何ら問題ありません。^^
これなら、壊れたら、すぐに新品に交換できる金額です。^^

 

 

そのほかのセイバーソー(100V)

Hitachi(日立工機)

電子セーバーソー
CR13V2

makita(マキタ)

レシプロソー
JR3050T

RYOBI(リョービ)

小型レシプロソー
RJK-120

 

セーバーソーは、100V電源式のほうが、
パワーダウンなどが無く、連続使用ができるので、
100V電源式のものを使っていますが、
充電式のものも、沢山販売されているので、
使用頻度がそれほど無いのなら、充電式でもいいのではないでしょうか。

 

まあそのへんは、みなさんの判断で決めてください。

 

一覧表示を見る

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

TOPに戻る