電気工事に使う工具 | 通線工具(ウィンチ ロープ)

スポンサーリンク

電気工事の通線作業には人の力だけでなくこれでしょ 通線工具(ウィンチ)

太物幹線ケーブルの入線にはこれ

電気工事での入線作業に使う工具もいろいろありますが、
太物の幹線ケーブルや、距離の長い配管への入線作業には、
通線用ウィンチ(プーラー)は、欠かせません。

 

地中埋設のエフレックスなどは、入線ケーブルに対して、余裕を持った配管を選択しますが、
それでも、距離が長くなったり、曲がっていたりすると、
人の力だけでは、どうにもならないことがあります。
そんなときには、この通線用ウィンチ(プーラー)を使うと便利です。

 

予め、配管内にロープを通しておき、ケーブルグリップ(アミソ)を使って、括り付け、
そして、この通線用ウィンチ(プーラー)で引っ張れば、簡単に入線できます。

 

平面での入線作業だったらまだしも、これが階を跨いで、入線するとなると、
もう人の手では、どうにもなりませんので、
通線用ウィンチ(プーラー)は、欠かせないものとなります。

 

幹線ケーブルの入線作業に沢山の電気工事士さんを集めて、
力を合わせて、ロープを引っ張る作業は、どこの現場でもよく見かける光景ですね。

 

「いくぞ〜! せいの! せいの!」

 

こんな掛け声を現場中に響かせて、力いっぱい引っ張っている電気工事屋さんを見かけると思いますが、
そんなに、頑張らなくても、通線用ウィンチ(プーラー)が有れば、一人で十分です。

 

後は、幹線ケーブルを押し込む人と、ケーブルを出す人が居れば、
たった3人で、大変な入線作業も終わりますから、
他の電気工事士さんは、違う作業をすることができるので、
現場全体の作業の流れとしても、最高だと思うのですがね〜。

 

いずれにしても、そこそこの現場をこなそうとすると、必要になりますので、
電気工事業者としては、欠かせない工具の一つでしょう。

 

これまで紹介していた、私の使っているものは、
販売終了となり、間もなく在庫も無くなり、販売されなくなるでしょう。

 

ですから、みなさんには、最新のものを紹介させていただきます。

 

私が愛用している通線ウィンチ(プーラー)

 

ジェフコム キングプーラー DP-015BX

ジェフコム 快速300プーラー DP-099BHX
ジェフコム キングプーラー DP-015BX ジェフコム 快速300プーラー DP-099BHX

 

残念ながら、私が使っているものは、ドンドン廃番になっているような・・・
でも、まだまだ快調ですから、当分買い換える予定はありませんので、
みなさんには、最新のものを紹介しておきますので、参考にしてください。

 

もし今使ってるのが壊れたらどうしようかな・・・

 

ジェフコム(JEFCOM)の最新ケーブルウィンチ

ジェフコム

ケーブルプーラー
DP-118X-F

ジェフコム

ケーブルプーラー
DP-015BX-F

ジェフコム

ケーブルプーラー
DP-010BX-F

私の使っているロープ

ジェフコム ニュースーパーテクロープ φ10×100m NPB-1051

 

ロープは、これを使っています。
伸び縮みが非常に少なく、
強度も十分なので安心して使えるロープです。
力を加えると伸びるようなロープは使いにくいですからね。

そのほかのロープ

ジェフコム

テトロンロープ(φ14×100m)
DPR-140

ジェフコム

クレモナSロープ φ12×100m
DPK-1251

ジェフコム

ナイロン8クロスロープ
φ12×100m DNC-120

※ロープの長さ、太さには、他のサイズのものもあります。

 

電気工事の通線作業は、スムーズにいけば、たいした作業ではありませんが、
一つ躓くと、本当に大変な作業になってしまいますので、
用意できる工具は用意して、万全な体制で行うほうが、
結局は、作業効率も上がり、入線ケーブルなどへの負担も少なく、
その後の電気トラブルを回避できると思います。

 

  • ウインチはこちら一覧表示を見る
  • ロープはこちら 一覧表示を見る
スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

TOPに戻る