電気工事に使う工具 | 充電ドライバー(インパクトなど)

スポンサーリンク

電気工事も充電ドライバー(インパクトドライバー)が無くちゃ始まらない

使える充電ドライバー(インパクトドライバー)を紹介します。

電気工事だけでなく、各業者さんが使われている
バッテリーによる充電工具の中でも、充電ドライバーとインパクトドライバーは、
最も多く使われているものです。

 

今や、充電式の工具が無ければ、現場作業ができないと言っても過言ではないくらいです。

 

つまらない話ですが、私が勤めていた電気工事会社の社長さんは、かなり年配の方で、

 

「昔は、充電ドライバーなんか無くて、ダルマドライバーで碍子をつけてたものだ」

 

とよく言っておられましたが、
今充電工具を使わずに、「全て手作業で電気工事をしろ」なんて言ったら、
誰も会社に居なくなり、電気工事どころではなくなってしまいます。

 

確かに、昔はそうだったかもしれませんが、今や工具が仕事をする時代ですから、
効率よく電気工事を行うためには、使える充電工具や電動工具は、使わなくては、
建築の工期にも間に合いませんし、
なんといっても、現場の士気も上がりませんから、最低限度の充電工具は取り揃えなくてはなりません。

 

しかし、同じような充電工具でもやはり使いやすいものと使いにくいものがありますので、
私がこれまで使ってきた充電ドライバーやインパクトドライバーのなかから、
使いやすいものを紹介しておきます。

 

私が愛用している充電ドライバー(インパクトドライバー)

マキタ ペンインパクトドライバ 7.2V 

 

今一番活用しているのがこれです。
小型のわりには、そこそこのパワーもありますので、
軽微な作業ならこれ一つで十分です。
腰道具に収めておけば、木造住宅くらいならこれだけでできますよ^^

マキタ 18V充電式インパクトドライバー

 

インパクトドライバーはこれを使っています。
本体部分が小さく、パイプシャフト内などの狭いところでの作業も楽々です。
打撃力もあり、作業スピードも上がります。
予備のバッテリーもセットになっているので、充電切れの心配もありません。

マキタ 振動ドリル HP458DZ

 

充電ドリルと振動ドリルが一つになっているので、とっても便利です。
配電盤などへの穴あけ作業や、タイル面での穴あけ作業を
これ1台でこなせるので、工具の持ち運びも少なくて、作業性もいいですよ。
バッテリーもインパクトドライバーと共有できますから、経済的ですしね^^

 

今回は、予期せぬ盗難被害に遭って、
インパクトドライバーと充電振動ドリルを購入することになりました。o(`ω´ )o
休憩所で、休憩してるほんの少しの間の出来事でした・・・

 

休憩を終え、作業場所に戻ってみると・・・???
「あれ????? 工具が無い(>_<;)」
ジャンプバケツに入れてた工具がバケツごと無くなってたんです。(ガ〜_〜ン!)
まさか、現場内に泥棒がいるなんて思いませんし、
それまでは、何も起こらなかったのですから、
狐に摘まれたような気分でした・・・(_ _)。ガックリ

 

みなさんも、現場内での盗難には、ご注意を!!

 

そのほかの充電ドライバー(インパクトドライバー)

パナソニック

充電ドライバー7.2V
EZ7421LA1S-B

マキタ 10.8V

充電式 インパクトドライバー
バッテリ2本付フルセット

マキタ 18V 6.0Ah

インパクトドライバー
TD170DRGXW

パナソニック EZ7544LS2ST1

充電インパクトドライバー14.4V
4.2Ah 限定品

パナソニック EZ7520LA2S-B

充電マルチインパクトドライバー
スリモ 7.2V/1.5Ah

パナソニックEZ7548LS2S-B

充電式マルチインパクト
14.4V 4.2Ah電池

 

以前は、旧松下電工のものを使っていたのですが、
1台マキタのものを使うようになってから、マキタの工具が中心になっています。
でもほかのものは、今でもパナソニックのものも使っていますけどね^^

 

一覧表示を見る

 

電池パック(バッテリー)をお探しの方は、こちらをご覧ください。

 

メーカー別電池パックはこちら

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

TOPに戻る