電気工事に使う工具 | スイッチボックス開口工具

スポンサーリンク

スイッチボックス開口工具

面倒なスイッチボックスの開口も10秒の早業!

電気工事の仕上げ工事の前に行うのが、
スイッチやコンセントボックスの開口作業です。

 

これがけっこう面倒なもので、
かつては、一つ一つ引廻し鋸などを使って手作業で開口していました。

 

それも、一般住宅程度なら、一人でも何とかなりますが、
マンションなどの集合住宅ともなると、
その数も半端な数ではありませんから、
開口作業だけで、3人も4人もかかってしまうことも珍しくありませんでした。

 

これだけでも、電気工事士の日当だけを考えても、数万円の出費です(>_<;)
それに加えて、最近では、マンションも大型化、高層化が進み、
一物件での部屋数も非常に多くなり、
スイッチボックスやコンセントボックスの開口数も半端な数ではありませんから、
一般住宅のように、のんびりと引廻し鋸で一つずつ開口していたのでは、
到底、現場の流れについていくことはできません。

 

ですから私は、独立前から、未来工業の『小判ホールソー』を使っています。
私が使い始めたころのものは、
小判型の開口ではなく、雪だるまのような形の開口でした。

 

今のものは、きれいな小判型に開口できますが、
雪だるまのような形では、配線器具の取り付けの際に
開口の修正などが必要な場合もありました。

 

それでも、一つ一つ手作業で開口することを思えば、
雲泥の差ですから、私は自分で購入して使っていました。

 

勿論、『小判ホールソー』本体だけでは、使い物になりません。
この工具を使うためには、探知マグネットとマグネット探知機が必要ですから、
それらを揃えると、本体プラス、数万円の出費となりましたが、
それだけの価値は、十分あると考えていました。

 

しかし、小さな電気工事会社の社長には、その価値がわからなかったようで、
結局、自腹購入することになってしまいましたが、
会社を退職し、独立開業するときには、
自分の工具類は、全て引き上げましたので、
開業時の出費は、思っていたより少なくて済みました(^-^*)

 

そういえば、退職時に会社の車から私個人の工具を出すと、
ほとんど何も無くなった事を思い出しました。
考えてみれば、ほとんど自分の工具を使って、
会社の仕事をしていたということになります。

 

私の持論は、「人が仕事をするのではなく、工具が仕事をする」
という考えでいます。
人は、便利に使える工具を上手く使いこなすだけ。

 

人が手作業で、電気工事を行っていた時代は、もう終わっているんです。
ですから、使える工具はフル活用して、
少しでも早く、確実に、きれいに仕上げることを考えるべきだと思います。

 

ですから、みなさんにも、ぜひスイッチボックスの開口工具も
使っていただきたいものだと考えていますので、
このページで紹介させていただきます。

 

私の使っている、未来工業製のものとジェフコム製のものを紹介しておきますので、
みなさんの電気工事にとって、使い易いものを選んでください。

 

また、探知マグネットやマグネット探知機なども紹介しておきますので、
あわせてご覧ください。

 

 

私の使っている小判ホールソー

 

未来工業(MIRAI)小判ホールソー FH-SBGP2

 

手持ちの充電ドリルに取付けるだけ。
後は、マグネットで探知した罫書き位置にセンターピンを合わせ、
充電ドリルのトリガーを引くだけです。
約10秒で開口終了^^
とっても簡単で、きれいに開口できますよ^^

パナソニック(Panasonic)探知マグネット DM8650_set

 

探知マグネットはこれを使っています。
数が半端なくいるものですから、
50個セットのものを購入するようにしています。
現場によっては、これでも足りないので、
数セットまとめて購入することも。

デンサン(DENSAN)スイッチボックスセンサー SBS-10

 

マグネットセンサーは、安価なこれを使っています。
高価なものもありますが、これで十分です^^
これなら、現場に入ってくれている
職人さんに一つずつ手渡しても、
大きな出費にもなりませんからね^^

 

私は、紹介したものを使っていますが、
みなさんが、メーカー仕様どおりに使いたいのであれば、
各メーカーのカタログなどで調べて、
正規のセットとして、使ってください。

 

でも・・・
相当な出費になると思いますよ・・・

 

私が使っている未来工業の『小判ホールソー』のほかに
ジェフコム(JEFCOM)角穴開口のものもありますから、
どちらがみなさんの仕事に適しているか、
よく考えて、購入するようにしてくださいね(^_−)−☆

 

ジェフコム(JEFCOM)のスイッチBOXソー

 

ジェフコム(JEFCOM)スイッチBOXソー SWC-170

 

使い方は私が使っているものと同じです。
違うのは、開口の形だけですから、
どちらを使っても作業的には、変らないと思います。
こちらのほうが、若干価格的に高いですけどね。

 

今や、手作業でコツコツと一つずつ開口している場合じゃありませんよ。
各建物も大きくなり、さらに電気設備も増えていますから、
戸建住宅でも、かなりの数の開口になる建物もありますし、
先筆したように、マンションなどでは、
これが無くっちゃ、やってられません(>_<;)

 

このページをご覧だということは、
こんな工具を探していたということでしょうから、
この機会に、購入を検討してみてはいかがですか。

 

きっと、手放せなくなりますよ^^

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

TOPに戻る