電気工事に使う工具 | 自作テープフッカーの創り方

スポンサーリンク

自作テープフッカーの創り方

テープフッカーを自作してみた

電気工事では、今も昔も、
数多くのビニールテープや自己融着テープなど
さまざまな絶縁テープを使用しますよね。

 

公共工事などでの圧着作業を行うときには、
各電線の線色に応じて、色分けしなくてはならないこともありますし、
外部のプールボックスなどでの圧着作業などでは、
自己融着テープなども使用しなくてはなりません。

 

みなさんも日々の電気工事の中で、
数多くのテープ類を使用されていると思いますが、
それらを、腰袋に入れると、ほかのものが取り辛くなって、
作業効率も落ちますし、
もし、足場上などの高所から落下させ、
直下で作業している人や、通行人などを直撃すると、
高さによっては、ビニールテープ一つだって、凶器となる場合もありますから
このようなことが無いように、
いろいろなテープフッカーやテープホルダーを使用されていると思います。

 

しかし、市販のテープフッカーの多くは、
テープが足場などに引っかかると、簡単に切れてしまったりして、
かえって、危険な場合もありますから、
私は、現場作業が少し空いたときに、テープフッカーを自作して使っています。

 

作り方も簡単で、それでいて、
市販品のように簡単に切れたりすることもありませんので、
テープを落下させることも無くなって、安全ですから、
私は、けっこう気に入って使っています。

 

それに、自作ですから、吊り下げ部分の長さも、
自分が使いやすいように調整できますから、
まさにオリジナル! 自分だけの自分専用のテープフッカーですから、
使い勝手は、抜群です^^

 

もしみなさんの中で、テープフッカーを自作してみようと
思っている方がいらっしゃったら、
作り方を掲載しておきますので、参考にしてみてください。

 

準備するもの
自作テープフッカー1
  • テープ保持棒
  • 二重リング×2
  • チェーン(250〜300mm程度)

用意するものは、上の3点です。
私の場合、テープ保持棒は、腰袋に付いていたものを使用していますが、
もし無かったら、ホームセンターなどでもあると思いますし、
使えなくなった、ドライバービットなどを加工してもできます。

 

製作手順

自作テープフッカー2 手順 1

テープ保持棒に二重リングを取り付ける。

自作テープフッカー3 手順 2

チェーンの端にもう一つの二重リングを取り付ける。

自作テープフッカー4 手順 3

二重リングを取り付けたチェーンをベルトに付ける。

自作テープフッカー5 手順 4

テープ保持棒に取り付けた二重リングを
チェーンの端に取り付ける。

自作テープフッカー6 完成

どうでしょう。
材料費もほとんど掛かりませんし、
それでいて、丈夫で使い易い、オリジナルのテープフッカーが出来上がりました。

 

材料さえ揃っていれば、製作時間は数分ですから、
仕事の合間の休憩時間でも簡単に作ることができますので、
テープフッカーの自作を考えている方は、ぜひ作ってみてください。

 

つまらない情報ですが、
自分で作れるものは、自作するのも、経費削減につながると思いますから、
時々このような情報も交えていきますので、
みなさんの参考にしていただければと考えています。

 

テープフッカー・テープホルダーをお探しならこちらをご覧ください。

 

テープホルダー

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

TOPに戻る