電気工事に使う工具 | 災害時にも使用できる発電機

スポンサーリンク

停電工事の必需品! 発電機

停電j時の電源確保に発電機

電気工事では、意外と電気を使用できない場面が多いものです。

 

例えば、電気室の改修工事などでは、
高圧受電ですから、送電自体を停止しての工事となりますから、
そもそも電気自体が供給されていない状況ですから、
電動工具などの使用は、できませんし、
照明なども使用できない状況ですから、
充電式のワークライトや充電工具などしか使用できません。

 

しかし、それでは、やはり作業効率が悪くなり、
さらに充電工具などの充電切れなども起こりうることですから、
バッテリーの充電なども必要となります。

 

そこで活躍してくれるのが、発電機です。

 

昨今では、東日本大震災を期に、地域の自治組合などで、
非常用、災害用などとして、発電機の購入が進んでいるようです。

 

非常用としては、下のものが良いのではないでしょうか。

 

カセットガスで使用できるので、
従来のガソリン使用のタイプと違って、燃料の保管も簡単ですし、
ガソリンタイプのように定期的に運転する必要もなく、
メンテナンスフリーで非常用としては、うってつけだと思います。

 


ホンダ(HONDA) カセットガス使用インバータ発電機 エネポ EU9iGB

 

発電能力は、900Wと少し物足りない気もしますが、
夜間の照明や携帯電話の充電程度なら十分だと思います。
非常時における携帯電話を使ったSNSによる連絡方法は、
とても有効な手段ですが、それも充電できているのが最低条件ですから、
非常時に携帯電話が充電できるだけで、
外部との連絡手段が確保できるので、
生存の可能性も格段に上がると考えられます。

 

その意味からも、発電機が使用できるというのは、
とても重要なことだと考えれるようになりました。

 

このように災害用や非常用としての発電機とは異なり、
私たち、電気工事を行う者は、
あくまで作業用として購入するわけですから、
それなりの出力が必要となりますので、
簡易的な、カセットガスボンベを使用するようなものではなく、
従来どおりのガソリン発電機を使用するのが一般的です。

 

その中でも、インバーター発電機が、昨今の主流となっています。
その最大の理由は、安定して質のいい電気が供給できるということに尽きます。

 

だからと言って、大型のものは、持ち運びも大変ですし、
夜間の作業では、運転音も問題となりますから、
私は、小型のインバーター発電機を使っています。

 

小型だからといっても、出力は十分ありますから、
作業に必要な照明と電動工具の使用が可能ですので、
必要な電源は確保できますからね^^

 

それに、低騒音設計ですから、夜間工事でもよほど近隣と隣接していなければ、
近隣の方にもご迷惑にならない程度ですから、
安心して使えますから、私は小型インバーター発電機を使っているんです。

 

今のものを購入するまでは、私も従来型の大きな発電機を使用していましたが、
今となっては、もうあんなに大きな発電機を使おうとは思いません。

 

仮に必要となっても、レンタルで借りられますから、
それで十分だと考えています。

 

でも、レンタルばかりに頼っていては、緊急時などへの対応ができませんから、
必要最小限の発電機くらいは、持っておく必要があると思いますので、
みなさんにも、発電機をご紹介しておきます。

 

私が使っている発電機

 

ヤマハ 発電機 インバーター EF2000IS

 

小型インバーター発電機です。
小型で持ち運びにも便利ですし、
運転音もそれなりに小さいので、夜間作業などにはうってつけです。
なりより、小型でありながら、十分な出力と、長時間運転ができるので、
頻繁に給油しなくてもいいので、助かります^^

 

永年電気工事を行っているので、
発電機には、これまでもお世話になってきましたが、
かつての発電機といえば、大型で持ち運ぶにも、二人がかりでしたが、
それから比べたら、最近のものは、どれをとっても、小型軽量化され、
それでいて、性能はかつての大型のもの以上というのですから、
この分野でも、技術革新は進んでいるのだと、実感できます。

 

もしみなさんが発電機の購入を考えているんだったら、
絶対、小型軽量なものをおすすめしておきます。

 

運搬、収納、保管、どれをとってみても、
小型軽量なものの方が、絶対いいですからね^^

 

そのほかの小型発電機

 

ヤマハ(YAMAHA)

防音型インバータ発電機
EF1600iS

ヤマハ(YAMAHA)

防音型インバータ発電機
EF900iS

ヤマハ(YAMAHA)

インバーター発電機
EF2500i

 

発電機を数種類紹介しましたが、
使用頻度が低いのであれば、レンタルで借りるほうが賢明だと思います。

 

ガソリン使用のエンジン発電機は、長く放置してしまうと、
必要なときにエンジンが掛からないことも考えれるので、
1〜2ヶ月に一度程度は、使用しなくてはなりませんし、
エンジン式ですから、ガソリンの変質なども考えられるので、
ある程度の使用頻度があることが前提で、製造されているということですから、
レンタル品なら、その点は、しっかりメンテナンスされていると思いますから。
使用頻度が低いのであれば、レンタルで借りることをおすすめしておきます。

 

でも、夜間の緊急作業などへの対応などがあるのであれば、
小型の発電機の一台くらいは持っておきたいものですね。

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

TOPに戻る