電気工事に使う工具 | ビリビリガード(簡易漏電遮断器)

スポンサーリンク

電動工具の安全対策にビリビリガード

持ってないと困るかもしれないビリビリガード

最近の建築現場では、安全対策が厳しく求められるようになり、
以前のように、労務災害も起こりにくくなっていますよね。

 

建築現場で作業なさっているみなさんなら、
“3K”と言う言葉を聞いたことがあると思います。

 

以前は、建築現場といえば、きつい汚い危険 と言われ
それを称して、“3K”と呼ばれていたのです。

 

確かに、以前は、労務事故も多く、まさに3K職場だったと思いますが
最近では、建築会社も労災事故ゼロを掲げて、
現場全体として、安全対策の徹底が図られるようになり、
重大事故の発生率は、格段に下がっていると思われます。

 

しかし、すべての労務事故が無くなったわけでもなく、
更なる安全対策が求められるようになり、
ゼネコンの現場では、電動工具使用時には、
ビリビリガードの使用が義務付けられているところも多くなり、
建築現場で電動工具を使用する場合には、
ビリビリガードが必需品となっています。

 

仮にビリビリガードの使用が義務付けられている現場で
ビリビリガードを持っていなければ、
電動工具の使用ができず、作業自体が止まってしまうことにもなり
工期を守ることもできなくなり、
他の業者の工程まで、ずれ込むことも考えられ、
その責任を問われることにもなりかねません。

 

ですから、現場で電動工具を使用するような作業の時には、
ビリビリガードの所持が大切なのです。

 

仮に、ビリビリガードの使用が義務付けられていないとしても
電動工具による感電事故などを防ぐ意味から、
私は、ビリビリガードを使用するようにしています。

 

雨天の足場上などで、電動工具を使用していたりすると、
感電の危険性は、高くなりますし、
高所での感電事故は、落下の危険を伴い、
命の危険と隣り合わせですから、
ビリビリガードを使用して、漏電を防いで、
自分の命を守ることが大切だと思いませんか。

 

どんな仕事でもその目的は、
愛する家族の生活を守るために行うものですから、
大切な家族を悲しませないためにも、
出来うる限りの安全対策を施すことは、当然だと考えます。

 

小さなビリビリガードで、感電事故から起こりうる重大事故を防げるなら
迷わず使用するほうが得策だと思いませんか。

 

目に見えない電気を安全に使用して、
作業を効率よく進めるためにも、
>ビリビリガードを使用することをおすすめいたします。

 

テンパールのビリビリガード
テンパール ビリビリガード プラグ形漏電遮断器

 

仮設のコンセントやドラムなどに差し込むだけで
もしもの漏電事故を防いでくれる優れものです。
コンセントに差し込むだけの簡単設置ですから、
一般家庭でもアースの必要な機器に取付けると
簡単に漏電対策ができるのでおすすめです。

 

最近では、ビリビリガードの使用が義務付けられている現場も多く
業種を問わず、ビリビリガードを持っていると思います。
持っていないと作業できないことだってありますからね┐( ̄ヘ ̄)┌

 

同様の機能を持つもの

日動

過負荷漏電保護
PBW-EK-T

HATAYA

屋外用地絡保護専用型
BFX-013KC

HATAYA

ブレーカー付延長コード
BFX103KC

 

ビリビリガードと同様の機能を持ったものも紹介しましたが、
建築現場だけでなく、居住中のマンションなどでの作業のときにも、
漏電などでの波及停電などを防ぐ意味からも、
使用することをおすすめしておきます。

 

つまらない停電事故で、
思わぬ高額の損害賠償を求められることもありますからね (゚△゚;)エッ
転ばぬ先の杖ではないですが、
防げるものは、防いでおいたほうがいいですからね。

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

TOPに戻る