電気工事に使う工具 | レーザー墨だし器

スポンサーリンク

正確な墨だし作業には欠かせない レーザー墨だし器

天井も壁も簡単に墨だしができる レーザー

電気工事では、屋内配線や埋設配管などさまざまな作業があります。

 

その目的は、建物全体に電気を安定的に供給する電路を形成することですが
それとともに、取付け機器などの高さを揃えたり、
照明器具などを図面どおりに配置するという、見た目も要求されます。

 

多くの場合は、壁に取付けるスイッチやコンセントの高さは、
図面上に指示されていますから、その高さで施工しなくてはなりません。

 

また、照明器具なども、数台が並ぶ場合も多く、
真っ直ぐ直線上に取付けることが要求されますが、
みなさんは、こんなときどのようにその取付け位置を出していますか?

 

少ない数であれば、直接天井面で寄り寸法を測って取付ければよいでしょうが
長い廊下や広いホールなどでは、寸法を測るだけでも大変な作業ですよね・・・
それに、上を向いての作業は、とっても疲れます(>_<;)

 

こんなとき、多くの電気工事士さんは、レーザー墨だし器を利用していると思います。

 

私も当然利用しています。

 

 

レーザー墨だし器なら、一点を出せば、そこにレーザーをセットして、
簡単に直線が出せますから、一々計る必要もないので
天井面などの墨だし作業の時間を大幅に短縮することができ、
尚且つ、正確に照明器具を配置することが出来るので、
手直しのリスクも回避することができますから、
無駄な作業を軽減することにもつながり、作業時間の短縮が図れます。

 

また、埋設配管作業などでは、スタッドバーなどを使って、
4×4ボックスなどを設置する際に、高さを合わせるのにも
レーザー墨だし器が大活躍してくれます。

 

レーザーを三脚にセットし、壁の両サイドに基準点をだし、
そこから水糸を張れば、全てのボックスが同じ高さに設置することができ、
仕上がりも完璧なものとなります。

 

しかし・・・
これまでのレーザーは、明るいところでは、レーザー光が見えず、
建込み配管などでは、使えませんでした(´;ω;`)

 

でも、今はパルスレーザーがありますから、
昼間の明るい建込み現場でも、問題なくレーザーが使えるので、
正確な作業が可能となっています。

 

 

私は、このパルスレーザーが発売されて、すぐに購入しました。

 

電材の展示会で、発売されたばかりのパルスレーザーの実演を見て、
実際に使用して、即決で購入を決めたのですが、
その後、建込み作業や、屋外での露出配管作業などの作業効率が格段に上がり
尚且つ、正確な作業が行えるようになったので、
手直しなどもほとんど無くなりました^^

 

発売当初は、高価だったパルスレーザーも、今では当たり前になり
価格もググッと安くなり、多くの方が使ってます。

 

さらに最近の主流となっているグリーンレーザーは、
昼間でもレーザー光が見やすくなっているので、
距離が近い場合には、受光器すら必要ない場合も多くなりました。
しかし、距離が長かったり、真夏などの太陽光では、
やはり、見辛くなることもあり、受光器は、手放せませんね。

 

どうせレーザー墨だし器を買うんだったら、
断然グリーンレーザーですね^^

 

私は、少し焦って、赤のパルスレーザーに買い替えてしまったので、
今のところ買い換える予定はありませんが、
次に買い換えるときには、絶対グリーンレーザーにしようと思っています。

 

ですので、みなさんにはおすすめのものを紹介しておきますので、
お仕事に合ったものを選んで、日々の電気工事に活かしてくださいね(^_−)−☆

 

おすすめのグリーンレーザー
シンワ測定 レーザー墨出し器 LASER ROBO グリーン Neo51

(受光器・三脚セット)

 

本体、受光器、三脚などがセットになった、お得なセットだと思います。
グリーンレーザーなので、昼間の屋外の作業でも
視認性が良く、作業の手が止まることはありません。
やっぱり、グリーンレーザーですね^^

シンワ測定 レーザー墨出し器 LASER ROBO グリーン Neo31

(受光器・三脚セット)

 

水平ラインが4方向出ない以外は、
上のものと変りありません。
一度に四隅に墨を出すことはできませんが、
回転させれば、問題なく使用できますから、
そんなに不自由を感じないと思います。

 

シンワ測定のグリーンレーザー2台を紹介しましたが、
いずれも受光器、三脚などがセットのものを紹介しました。

 

建込み配管や、屋内での仕上げ作業などの現場では、
仮枠のパネルや、仕上げ材料などが置かれている場合が多く
レーザーを設置してもレーザー光が遮られて、
墨だしができない場合がありますので、三脚は必需品だと思いますし
レーザー受光器は、明るいところでの墨だし作業には
欠かせないものですから、最初からセットのものを紹介させていただきました。

 

グリーンレーザーは、視認性は、いいですが、
やはり長い距離や、太陽光の強いところなどでは、
受光器が欠かせません。

 

Panasonicの墨出し名人
パナソニック レーザーマーカー 墨出し名人 BTL-1100-G

 

小型で持ち運びに便利なレーザーです。
エアコンの吊込みやちょっとした墨だしなら
これで十分だと思います。
こちらは、私も使っていますが、本当に便利ですよ^^
カラーは3色ありますからお好きなものを選んでくださいね。

Panasonic webカタログ

 

こちらで紹介したものの他にも、マキタ、タジマ、山真などからも
いろいろなものが販売されていますから、お気に入りのものを選んで
現場作業を円滑に行ってください。

 

激安で販売されている、中国製レーザー墨出し器を
試しに買って使ってみた感想などを紹介した記事をUPしましたので、
そちらもご覧ください。

 

激安レーザー墨出し器

 

本当に馬鹿みたいな値段で出ていますから・・・

 

簡単なレーザー墨だし器の使い方については、こちらをご覧ください。

 

実践電気工事 レーザー墨だし器の使い方

 

 

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

 

(電気工事に使う工具)は amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

TOPに戻る