配線チェッカー

配線チェッカー


当サイトには、アフィリエイト広告が含まれています。

配線チェッカー・ルートチェッカー

ケーブル探索の強い見方

電気工事を行う現場は、新築の建物だけではありません。

 

既存住宅のリフォームに伴う電気工事やビル、マンション、商業施設などでの電気設備更新など、さまざまな建物で行うものです。

 

既存建物の改修工事や電気設備更新工事をするときに、元の施工図面があれば、およその配線ルートは分かるので、不要な配線かどうかの確認も比較的容易にできるけど、何度も改修工事や更新工事を行ってるところでは、施工図面とまったく違った配線ルートや使用しているケーブル自体が変わってることも、よくあることです。

 

こうなってしまうと目的のケーブルの配線ルートを特定するのが困難な場合も数多くみられます。

 

そんな識別不能なケーブルを更新して、既存のケーブルの撤去を請け負った場合、目的のケーブルを探すだけで、かなりの時間と労力が必要となってしまい、限られた作業時間内に作業が終わらないな~んてことも・・・

 

こんな時どうしたらいいんでしょう・・・

 

従来なら、電材メーカーから販売されてるルートチェッカーを使うか、端末を短絡させて導通チェックを行うかでしょうが、これも両端のチェックができるだけで、配線ルートを確認することはできません。

 

配線ルートの確認ができなければ、最終的にケーブルをたどるほかありません。

 

端末から終端までたどって間違いないか確認しながら、目的のケーブルを撤去することになるので、大変な労力を必要とするし、何より時間の無駄だと思いませんか?

 

また、新たに配線したルート上で、何らかのトラブルが発生し、通電しないなどのトラブルがあった場合、配線チェッカーでは、お手上げです。

 

でも、大丈夫です。

 

今回紹介する『グリーンリー701K-G Professional』を使えば、配線ルートの追跡も断線などの発見も簡単にできるので安心してください。

 

グリーンリー701K-G Professional』は、送信機から信号を送信して、それを受信機で受信しながらケーブルルートを探索するので、どこをケーブルが通っているのか一目瞭然なので、一人で簡単に配線ルートの確認ができて時間と労力を無駄にすることも無く、効率よく作業を行うことができるんです。

 

他の電気屋さんから、この『グリーンリー701K-G Professional』を紹介されて使い始めましたが、実に簡単に使うことができるのと、その精度の高さに驚いています。

 

今までの苦労は、なんだったんだって感じです。

私が使ってる配線チェッカー
グリーンリー701K-G Professional

グリーンリー701K-G Professional

 

配線ルートの探索ならこれです。
受信機をかざして反応を確認しながら探索できるので経路まで確認できて、安心確実に作業できます。

楽天はこちらテンポ(TEMPO) 701K-G Tone

現在いろんななメーカーから販売されてる配線チェッカーの中でも一番いいと思うんだけど、海外メーカー品なので、取扱説明書がすべて英語なので、その点がという方は・・・かもしれませんが、至って単純なものなので説明書が無くても簡単に使いこなせるけどね^^

 

前はメーカーホームページで使い方を解説したページが公開されてたんだけど、今はページが削除されて確認することができません。
次にPDFファイル取扱説明書を見つけたんだけどこれも無くなって、今は下のページで探すしか方法が無くなりました。
(6 ̄  ̄) とほほ
https://www.goodman-inc.co.jp/

 

私が使っている他2種類
デンサン(DENSAN) SRC-102 戸上電機(Togami Electric) TLC-C

デンサン(DENSAN)
配線チェッカー
SRC-102

戸上電機
活線対応
TLC-C

楽天はこちらデンサン(DENSAN) SRC-102 楽天はこちら戸上電機 スーパーラインチェッカ TLC-C

デンサンの配線チェッカーは回路確認に使ってます。
永く使ってるので、古いんだけどまだ使えるので使い続けてます。
戸上電機のスーパーラインチェッカは、稼働中の工場の回路確認のように活線での確認が求められる時に使ってるのもので、この二つをうまく使い分けて、どんな状況でもしっかりと回路確認を行うことで、間違いない作業に努めています。
配線チェッカーのような機材を使うことで、事前チェックをしっかりして、改修が必要な回路と温存する回路を表示して、作業中でも確認できるようにしてから作業を始めようにすれば、つまらないトラブルを避けることができるようになるでしょう。

 

配線チェッカー
デンサン(DENSAN) SRC-110 マーベル(MARVEL) HC-101

デンサン(DENSAN)
SRC-110

マーベル(MARVEL)
HC-101

楽天はこちらデンサン(DENSAN) SRC-110 楽天はこちらマーベル(MARVEL) HC-101

 

活線対応 配線チェッカー
デンサン(DENSAN) SEC-970PS 共立電気計器(KYORITSU) KEW 8510

デンサン(DENSAN)
SEC-970PS

共立電気計器(KYORITSU)
KEW 8510

楽天はこちらデンサン(DENSAN) SEC-970S 楽天はこちら共立電気計器(KYORITSU) 8510

無電圧回路用に使う配線チェッカーに関しては、今はグリーンリーが使いやすいので、絶対おすすめです。
まあ、ここで紹介したものでもいいんだけど、配線ルートの確認ができないので、仕事が面倒になることは覚悟しなくてはならないでしょう。
活線対応 配線チェッカーに関しては、紹介したものを使ったこともないし、また使ってるところを見たこともないので、コメントのしようがないので、自身で判断してください。

 

グッドマン(GOODMAN)
グリーンリー(Greenlee) 711K グッドマン(GOODMAN) PTR600

グリーンリー(Greenlee)
711K

グッドマン(GOODMAN)
PTR600

楽天はこちらグリーンリー(GREENLEE ) 711K 楽天はこちらグッドマン(GOODMAN) PTR600RC

いろんな配線チェッカーを紹介しましたけど、仕事内容で使うものは変わるでしょうし、一概にどれが良いとは言いにくいところがあるけど、普通の電気工事で既存の配線を確認して改修工事をするんだったら、配線ルートまで探索できるほうが便利だと思うので、お勧めするんだったら、やっぱりグリーンリーの701K-Gですね。
価格も手頃だし使いやすいので使ってる人から聞く声は、概ね高評価だからきっと満足できると思うのでお勧めできるものだと確信しています。
とはいうものの仕事内容が違えば使うものも変わってくるので、ある程度対応できるように何種類かは必要になるでしょう。


カテゴリ案内

腰道具の紹介ページへのリンクです。 あると便利な工具の紹介ページへのリンクです。 電動工具(充電工具)の紹介ページへのリンクです。
切削工具(ホルソーなど)の紹介ページへのリンクです。 通線、入線工具の紹介ページへのリンクです。 ジョイント工具(圧着ペンチなど)の紹介ページへのリンクです。
エアコン取付工具の紹介ページへのリンクです。 エアコン取付工事材料の紹介ページへのリンクです。 電気工事の計測機器の紹介ページへのリンクです。
収納、運搬用品の紹介ページへのリンクです。 現場の安全対策用品の紹介ページへのリンクです。 現場で使える備品の紹介ページへのリンクです。
スパナなどの締付け工具の紹介ページへのリンクです。 電気工事用配管・配線材料の紹介ページへのリンクです。 電気工事士試験対策品の紹介ページへのリンクです。