電気工事に使う工具 | ラクウチハンマー

スポンサーリンク

打ち難い釘を簡単に打込める ラクウチハンマー

スラブ配管には無くてはならない ラクウチハンマー

電気工事で行うRC造の建物の埋設配管作業には、
八角ボックスの固定や、エンドカバー、ころがしエンド等々の固定に沢山の丸釘を使います。

 

普通、釘を打込むときに使うのは、電工ハンマーですが
スラブ上では、ハンマーでは打込めないときも多いと思います。

 

実際の現場で、電気工事を行っているみなさんなら、解ると思いますが
配筋にハンマーがあたって打込めなかったり、
梁の底に仮枠カップリングやブッシングなどを固定するときなど
手の届かないこともよくある話ですよね。

 

そんな時、みなさんはどうなさっていますか?

 

まあ、何がしか物を使って、釘を打込んでいると思いますが、
なかなかうまくいかないのではないでしょうか?

 

スラブ配管作業では、いろいろなところに
八角ボックスやエンドカバーなどさまざまな部材を固定して、
配管材を繋ぎ、電路を形成していきますが、
この部材固定に時間が掛かってしまっては、
その後の作業が遅れてしまい、残業なんて事にも・・・

 

そんな時には、『ラクウチハンマー』がおすすめですよ^^

 

狭いところにも簡単に釘が打てるので、時間のロスもありませんし
使い方も簡単ですから、誰にでも使えて、便利な工具です。

 

私も昔は、八角ボックスを固定するのに、
アンカーのセンターピンを打込む工具を改造して使っていましたが
鉄筋の間や、本当に狭いところでは、打込むのに苦労していました。

 

でも、この『ラクウチハンマー』を使い始めてから
ほとんど苦労することがなくなりました^^

 

私が使っているのを見て、設備屋さんなどが興味を持たれ、
貸してあげたことがあるんですが、
「とっても使いやすい」と大好評で、
メーカーなどを聞かれたことがあります。

 

しばらくすると、その設備屋さんも私と同じものを持っておられました。

 

ラクウチハンマー』は、電気工事だけでなく、
設備屋さんや他の業種の方にもおすすめの工具です。

 

私が使っているラクウチハンマー
未来工業 ラクウチハンマー 430mm LH-405

 

一番多く使っているのがこれです。
これ一つで、スラブ上はもちろん、少し深いところでも使えます。
横から釘を入れ、先端部分を打込む箇所にあてて、
後は打込むだけですから簡単ですよ^^

未来工業 ラクウチハンマー 730mm LH-700

 

深いところへの打込みには、こちらを使っています。
本体が長いので、梁下などの照明用ボックスや
仮枠ブッシングなどの固定には、とっても便利です。
使い方は同じですから、深いところでも上から作業できるので
とっても効率的です^^

未来工業 ラクプチハンマー LH-PEN

 

小さくて、腰袋やポケットにも納まるので、携帯に便利です。
ちょっとした配管部材の固定くらいなら、これでもできます。
先端部分は、着磁されているので、釘が落ちることもなく
狙ったところに打込むことができます。

 

私は、この3種類を使い分けています。
まあ、この3種類を持っていれば、スラブ配管における部材固定には、苦労しません。

 

そのほかのラクウチハンマー

未来工業

ラクウチハンマー
1145mm LH-1000

未来工業

ラクウチハンマー
270mm LH-270

未来工業 ラクウチハンマー

グリップホルダータイプ
LH-G

 

私が使っているものの他にも、長いものから短いものまで、いろいろなサイズのものがありますから、
みなさんが電気工事を行う現場に合わせて使ってください。

 

今までやり難かった、配管部材の固定が簡単にできるので、
埋設管敷設作業もドンドンすすみますよ^^

 

建込みやスラブ配管などの
埋設管敷設作業についてはこちらをご覧ください。

埋設管敷設作業とは

 

 

電気工事業者だけでなく、設備屋さんや他の業者の方でも、
同じような作業をするのに、困っておられたら是非すすめてあげてください。

 

きっと、感謝されると思いますよ。

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

TOPに戻る