電気工事に使う工具 | 墨つぼとチョークライン

スポンサーリンク

墨つぼとチョークライン

墨だし作業には欠かせない、墨つぼとチョークライン

電気工事だけでなく、建築工事では、墨だし作業は不可欠です。

 

建築現場では、基準となる墨から、
間仕切り壁や天井高さ、土間の仕上がり高さなど、
さまざまな、仕上がり寸法を導き出しますよね。

 

大工さんなら、間仕切壁の位置やフロアの高さ、天上高など、
左官屋さんや土工さんなどは、土間の仕上がり高や、
敷地のレベルなど、いろいろな高さや位置を出さなくてはなりません。

 

私たち、電気工事士も、照明器具の取付位置や、
コンセント、スイッチ、分電盤、配電盤、キューピクル、
電気室内のトランスや高圧盤などの配置など、
さまざまな、機器の取付位置や高さなどを計測しなくてはなりません。

 

そのために、レーザー墨だし器などを用いて、
図面上に記された、さまざまな指示に従って、
それぞれの取付位置を正確に罫書き、取付けていきますが、

 

より確実に取りつけるために、仕上げ前に、墨だし作業を行い、
直線などの墨打ち作業を行いますよね。

 

電気工事の現場で作業なさっているみなさんなら、
この墨打ち作業を行っていると思いますが、
そのときに必要なのが、墨つぼですよね。

 

一般的に、仕上げ材やコンクリート、モルタルなどで隠れるところでは、
通常の墨つぼを使用すると思います。

 

墨つぼを使う利点としては、打った墨が消えないという利点があります。
しかし、逆に考えれば、仕上げ材などに使用すると、
打った墨が消えないので、仕上げ材を台無しにしてしまうということですよね。

 

これでは、ほかの業者さんにも迷惑を掛けてしまいますし、
手直しの費用負担も発生してしまいます。

 

そんな場合には、チョークラインが便利です。

 

中身は、チョークの粉ですから、
墨つぼのように、一度付けると、消えないということはありませんから
仕上がった土間や塗装が完了した、外壁でも使用することが可能ですので
露出配管などの墨だし作業の際には、おすすめですよ^^

 

また、屋内でも、拭き取り可能な素材であれば、墨打ちが出来ますから
作業の効率も良くなると思います。

 

簡単でありつつ、とても重要な墨だし作業にも、
その使用目的に応じて、使い分けることが求められますから、
電気工事を行うのであれば、両方を持っておくことが大切だと思います。

 

もちろん、私も使用目的や使用場所によって、使い分けています^^

 

墨つぼやチョークラインにもいろいろなものがありますから、
私が使っているものを紹介しておきますので、
参考にしてください。

 

私が使っている墨つぼとチョークライン
タジマ パーフェクト墨坪 EVO M PS-EVO-MBK

 

今私は、タジマのパーフェクト墨つぼを使っています。
墨ダレなどが少なく、仕上げ材などに飛ぶことも少なく
自動巻きも10mとほかのものに比べ長いですから、
とっても使いやすいですよ^^
これまでも、いろいろなものを使ってきましたが
今は、この墨つぼが最高だと思っています。

タジマ ピーラインチョークはや巻 V3 黒 PL-V3

 

チョークラインは、これを使っています。
墨打ちを行った際、チョークのカスレがないので、
その後の作業がスムーズに行えます。

 

私は、どちらもタジマのものを使っています。
建築関連のいろいろな工具などを販売している、
建築関連の専門メーカーですから、
現場で使いやすいものが多いですからね^^

 

墨液 建築用 180ml チョーク 蛍光グリーン 300g

 

墨つぼに使用する墨とチョークライン用のチョーク粉ですが、
墨つぼに使用する墨は、別にこれじゃなくてもいいですよ。

 

チョークラインのチョーク粉も同じですが、
いずれも、見やすいことが重要ですから、
見やすい色を選ぶようにしましょう(^0^ )/

 

墨つぼの墨も他所が付けた墨と区別するために、朱などを使うといいですよ。

 

そのほかの墨つぼ

タジマ パーフェクト墨つぼ

GUN 6m X 糸長さ15m
PS-SUM6GNX

タジマ エルライン

墨つぼV8斜めカット
LL-SUMV8N-W

タジマ

パーフェクト墨つぼ
PS-SUM-W

 

そのほかのチョークライン

タジマ

ピーラインチョーク 自動巻き
PL-CLJM

シンワ

ハンディチョークライン
77963

たくみ

チョークライン

 

何種類か墨つぼとチョークラインを紹介しましたが、
いずれも、用途は同じですから、
みなさんが気に入ったものを選べばいいと思います。

 

墨つぼを使用しての墨打ち作業の時には、保護メガネの着用をおすすめします。

 

カルコを使っての作業や二人で墨打ち作業を行ったりするときに、
カルコが外れたり、相手が放したときなどに
自動巻取り機能が働いて、カルコが飛んで来ることがあり、
目に刺さるなどすると、失明などの危険がありますからね(>_<;)

 

でも、保護メガネを一々着用するのは、面倒ですよね…

 

そんな時には、スライド面付きヘルメットが便利ですよ^^
墨だし作業だけでなく、ハンガーレールの切断などの際も、
簡単に使用できますから、煩わしい保護メガネの着用をしなくてもいいですからね^^

 

墨だしの方法についてはこちらをご覧ください。

 

墨だし作業の基本( 1)

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

TOPに戻る