電気工事に使う工具 | Wago(ワゴ)差込コネクタ

スポンサーリンク

Wago(ワゴ)差込コネクタで結線も簡単に^^

Wago(ワゴ)差込コネクタで結線作業を簡単に

電気工事の結線に使われる、Wago(ワゴ)差込コネクタを紹介しています。

 

少し前までは、リングスリーブによる圧着での結線が主流でしたが、
昨今では、そんなことをしている電気工事士さんを見かけることも
少なくなりました。

 

今では、一般住宅から、ビル、マンションなどの建物でも、
電気配線の結線といえば、『Wago(ワゴ)差込コネクタ』 の使用が当たり前になりました。

 

しかし、発売当初のものは、サイズ違いのものを差し込むと、
細い電線が抜けてしまったり、接触不良で発熱したりと、
とても電気工事で使えるものではありませんでした(>_<;)

 

また、コネクタ一つの価格もべらぼうに高く、
コスト面から考えても、現場で簡単に使えるようなものではなかったのです。

 

しかし、不具合箇所も徐々に解消され、
今では、リングスリーブに取って代わってしまいました。

 

だからと言って、リングスリーブを使った圧着工事がなくなったわけではなく
配線箇所や、接続電源の状況などにより、
ワゴコネクタと併用して、配線作業を進めることも多いですから、
電気工事士としては、圧着ペンチやリングスリーブも必需品ですので、
みなさんも必ず持っているでしょう。

 

Wago(ワゴ)差込コネクタとリングスリーブを併用した結線は、
電気工事士の技能試験などでも、出題されるように、
基本的な結線方法ですから、今後も変ることはないでしょう。

 

また、屋外ボックスなどでの結線の際には、
リングスリーブによる圧着結線の上、
Nテープなどを用いて絶縁処理を行うのが、普通ですよね^^

 

このような場面でも、Wago(ワゴ)差込コネクタを使用されているのを見かけますが、
私は、使用することはありません。

 

あくまで、電気の安定供給と安全という電気工事士最大の責務を思うと、
やはり、基本に忠実な結線を行うべきだと考えるからです。

 

少し使い方を考えながら、適切に使用すれば、とても便利ですから、
今後も改良され、屋外仕様のものも発売されるのではないかと思います。

 

このように簡単に結線できるものが出てきて、
ホームセンターなどで簡単に手に入るようになり、
一般の方が、軽く考えて電気の結線を行っておられるようですが、
メーカーのホームページなどにも掲載されているように、
あくまで、電気の結線は、
電気工事士の資格を有しているものが行うこととなっています。

 

ですから、電気工事士免状を取得していない、
一般の方が電気の結線を行うことは、電気工事士法違反になりますし、
生半可な知識で電気を扱うことは、重大事故を招く危険があり、
人的、物的被害に直結するものですから、
おやめいただきたいものです。

 

今、このページをご覧のあなたは、電気工事士さんですよね(ーー;)

 


Wago(ワゴ)差込コネクタ クリアタイプ

Wago(ワゴ)差込コネクタ WTG−2 Wago(ワゴ)差込コネクタ WGT-3 Wago(ワゴ)差込コネクタ WGT-4
Wago WGX-2

クリアタイプ 100個入り

Wago WGT-3

クリアタイプ 100個入り

Wago WGX-4

クリアタイプ 100個入り

Wago(ワゴ)差込コネクタ WGT-5 Wago(ワゴ)差込コネクタ WGT-6 Wago(ワゴ)差込コネクタ WGT-8
Wago WGT-5

クリアタイプ 100個入り

Wago WGX-6

クリアタイプ 50個入り

Wago WGX-8

クリアタイプ 50個入り

 

Wago(ワゴ)差込コネクタ クリアタイプは、
広く電気工事の現場で使用されている、スタンダードなものですから、
みなさんも多く使用されていると思いますが、
中には一度使用して、ケーブルを抜き、また使うという方がおられるようですが、
これは、接点が緩んだりして、発熱や発火のおそれがありますから、
一度使用したものは、破棄するようにしてください。
このあたりは、電気工事士としては、常識の範囲なのですが、
何度も何度も、使う人がいるのには、目を疑いたくなります。

 

実際、私が電気工事の応援に行っていたところでも、
他所で使用していたものを、取り外して使っていましたが、
電線を差し込んでも、簡単に抜けてしまい、使い物にならないようなものを、
出してきて、「ワゴは、これを使ってくれ」 と平気で言っていました。

 

経費削減を考えるのもいいですが、間違った考え方は、事故を招くだけで、
何一ついいことなど無いと思うのですが、
みなさんは、このような間違った使い方はしないでくださいね。。。

 


Wago(ワゴ)ワンタッチコネクタ WFタイプ

Wago WF-2

ワンタッチコネクタ 50個入り

Wago WF-3

ワンタッチコネクタ 50個入り

Wago WF-5

ワンタッチコネクタ 40個入り


Wago(ワゴ) WFタイプ結線方法

Wago WFシリーズ結線方法


結線確認 : 取外し方法

Wago WFシリーズ結線確認:取外し方法


WFタイプ仕様

Wago WFシリーズ仕様

 

これらは、Wago HPの参考資料より抜粋したものです。
参考資料はこちら⇒⇒⇒http://www.wago.co.jp/terminal/pdf/wago_WF.pdf

 

ご覧のように、Wago(ワゴ)のWFタイプなら、
VCTなどの撚り線とVVFケーブルなどが混在する結線でも、
簡単に行うことができるので、照明器具内での結線や、
盤内結線などに使うととっても便利です。

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

TOPに戻る