電気工事に使う工具 | ダウンライトカッター

スポンサーリンク

ダウンライトの開口を簡単に ダウンライトカッター

ダウンライトの開口をきれいにできる ダウンライトカッター

電気工事に照明器具の取り付けは、付物です。

 

直付け照明器具やシーリングライトなら、
天井下地材などに固定すれば取り付け作業は終わりますが、
埋め込み照明器具やダウンライトでは、
取り付け作業の前に、天井開口作業を行わなくてはなりません。

 

天井に埋め込み用の開口を開けるのですから、
石膏ボードの粉や、木材、軽天などの切り粉などが散乱してしまいます。

 

このような天井開口作業を行う場合、
床面などが仕上がっている場合も多く、
石膏ボードの粉や、木材、軽天などの切り粉などを落とせないこともあります。

 

もちろん、このような場合でも、開口作業を行わなくては
照明器具の取り付けができませんから、
床面の養生を行い、尚且つ工具、器具、不要物などの落下に備え
緩衝材なども用意しなくてはならず、
その準備作業だけでも大変な労力を使うことになります。

 

大きな埋め込み照明器具の場合だと、
開口寸法も大きいので、十分な作業スペースが確保できる分
不要な木材や軽天などが出てきたとしても、
比較的容易に切断作業などが行えますから、さほど時間は掛からないと思います。
また、大きな照明器具ということは、主照明ということですから
それほど台数も多くありませんから、墨だしさえしっかりしておけば
開口作業は容易に終わらせることができるでしょう。

 

それに引き換え、ダウンライトの場合は、
補助照明という意味合いで用いられることが多く、
その台数も多くなりがちです。

 

店舗などでは、ダウンライトのみで照度をとる場合も多く、
そうなると、取り付けるダウンライトの数も半端ではありませんから
その開口作業も膨大な数をこなさなくてはなりません。

 

その膨大な開口作業を手作業で行うとなると、
準備作業にも大変な時間を要しますし、
その養生材などの費用も馬鹿になりません(>_<;)

 

そんな、大変なダウンライトの開口作業には、
『ダウンライトカッター』を使ってください。

 

ダウンライトカッターなら、充電ドライバーなどに取り付けて
簡単に開口作業が行えるうえ、
石膏ボードなどの粉も防塵カバーが付いているので飛散することがなく
準備作業も軽減でき、養生材の費用も抑えられますから
経費削減にもつながります。

 

何より、その作業効率の良さは、抜群です。

 

通常、石膏ボードの開口だったら、1〜2秒程度で終わりますから
何十、何百と開口作業がある場合には、無くてはならない工具だと思います。

 

こんな便利なダウンライトカッターですから、
是非みなさんにもおすすめいたします。

 

私が愛用しているダウンライトカッター
Panasonic ダウンライトカッター

 

このダウンライトカッターは2つ目です。
以前に使用していたのも同じものですが、
長年使っていたので、壊れてしまったので同じものを購入しました。
開口寸法の調整も簡単で、使いやすいのが一番です。
作業効率も上がりますし、経費削減にも役立ちますよ^^
無駄な経費は、極力抑えたいですからね。

※開口時に飛散する石膏ボードの粉がダストカバーに付着し、
  天井面に円を描いてしまうので、仕上がった天井面での使用時には注意が必要です。

 

未来工業 穴あけフリーホルソー
未来工業 穴あけフリーホルソー φ50-φ200mm

 

私が使っているPanasonicのものと機能はほとんど同じです。

 

本当に有ると便利なダウンライトカッターですから、
電気工事の現場でのダウンライト開口作業に是非使ってください。

 

でも、結構大きなものですから、常時作業車に積んでおくのは、邪魔ですから、
少ない開口作業くらいなら、手作業で行ったほうが良い場合もあります。

 

そんなときには、こちらを使ってみてください。

 


サークルカッター EA827DA 直径40-210mm

 

 

天井面に開口寸法の円を簡単に描くことができます。

 

開口寸法を描き終わったら、引廻しを使って、天井材を切り抜くだけですので、
その際にはこちらの引廻しがおすすめです。

 


デンサン ボードカッター BDS-250

 

刃を収納できるので、腰袋に入れておいても安心です。
替刃式なので、切れ味が悪くなったら、交換できるので経済的ですしね^^
刃も先端部分が尖っていて、石膏ボードへの差込も簡単にできるので、
開口作業の失敗が無くなり、きれいな仕上がりになります。
もちろん、スイッチボックスなどの開口にも使えますし、
その際には、刃の長さを調整して、内部の電線を傷つけることも少なくなります。

 

ダウンライトカッターを使うのか、サークルカッターと引廻しを使って開口するのかは、
現場の状況や、開口する数などで判断してください。

 

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

TOPに戻る