電気工事に使う工具 | 金属曲げ加工にはハイヒッキー

スポンサーリンク

金属配管には欠かせないハイヒッキー(ベンダー)

金属配管の曲げ加工にはこれが無くっちゃね

電気工事には、さまざまな材料を用いた配管作業があります。

 

RC造の建物で行う、埋設配管や、
工場などで行う、機械接続のためのマシンフレキなどの配管作業から
外壁面や打ちっぱなしの天井や、二重天井内での金属管配管など、
配管作業に用いる材料も素材もさまざまですし、
それらを組み合わせて、多種多様な配管作業を行わなくてはなりません。

 

RC埋設配管などの場合は、コンクリート打設後の通線がスムーズに行えるように
なるべく曲げなどを作らず、直線的に配管するのが理想ですが、
金属管を用いた露出配管などの場合は、
建物に沿った曲線や、S字曲げなど、見た目も重視して、
配管作業を行わなくてはなりません。

 

しかし、基本的には、通線するケーブルに無理を掛けず、
安全に電気を使えるようにするのが目的ですから、
あまり無理な曲げ加工などを行うことは、
電気工事としては・・・ですから、
規格に沿った、適度な曲げ加工を行い、
尚且つ、整然と整った、金属配管を行うことが求められます。

 

すでに、実際の電気工事の現場で作業なさっている方ならお解かりでしょうが
整然と整い、見た目もきれいな金属配管を行うには、
ハイヒッキー』のような金属管の曲げ加工を行う、専用工具が必要です。

 

電気工事士技能試験でも、金属管を使った技能試験なども実施されているので
すでにご存知の方も多いと思いますが、
実際に『ハイヒッキー』を使うには、多少の熟練が必要になります。

 

ハイヒッキー』は、90°曲げをするにも、一度に曲げることができないので、
少しずつ曲げ加工を行い、正確なアールを作らないと、
途中で金属管が変形したり、潰れたりして、使い物にならなくなってしまいます。
そうなってしまっては、材料の無駄にもなり、
尚且つ同じ作業を何度も行うことにより、作業効率も下がり
無駄な産業廃棄物処分費なども掛かってしまいますから、
日頃の練習と熟練が必要なのです。

 

とは言っても、基本的に簡単に扱える工具ですから、
少し練習すれば、誰にだって簡単に曲げ加工ができますから、
基本をしっかり熟知して、練習するようにしてください。

 

この『ハイヒッキー』の使い方については、
絵とき 百万人の電気工事』の中に、詳しく解説されていますので、
こちらを参考になさると良いでしょう。

 

この本には、他にもさまざまな電気工事の方法が詳しく解説されているので
一冊持っていると、とっても便利ですよ^^

 

ハイヒッキー

ハイヒッキー

ハイヒッキーE型ベンダー(E19,C19)

 

電気工事士さんならお馴染みのベンダーですね^^
露出配管などには、欠かせない工具ですから、
みなさんもお持ちだと思います。

DS0030(E25,C25)

ハイヒッキー
E型ベンダー

DS0031(E31,C31)

ハイヒッキー
E型ベンダー

DS0032(E39,C39)

ハイヒッキー
E型ベンダー

 

ここで紹介した『ハイヒッキー』のほかにも、
『ハイベンダー』というのもあります。

 

ハイベンダー

ハイベンダー

 

DS-0019(E19,C19)

ハイベンダー E型

DS-0025(E25,C25)

ハイベンダー E型

 

ハイヒッキーと違って、
一気にアールを作ることができるので、
初心者にはこちらのほうが使いやすいかも知れませんね^^

 

でも、金属管の曲げ加工も細かな細工が必要ですから、
やはりハイヒッキーの使い方は、習得しておく必要があるでしょう。

 

ハイヒッキーを使った、金属電線管の曲げ加工方法については、
こちらをご覧ください。

金属電線管工事について

 

金属電線管の曲げ加工を行うための、墨だし方法から
実際の金属電線管を用いた曲げ加工の方法などを
施行写真や解説図などを交えて、解りやすく紹介していますので、
これから、金属電線管を用いた配管作業を行おうとする方は、
こちらで、基本的な曲げ加工の方法を、練習してください。

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

TOPに戻る