スポンサーリンク

エアコン取付工具 トルクレンチ

適正トルクで締付けるのに トルクレンチ

エアコン取付工事で大切なフレア加工が終わったら、いよいよ室内機と室外機を繋ぐ冷媒管の接続ですが、このときに必要なのがトルクレンチです。

 

冷媒管は、なまし銅管ですから、とても柔らかく、余分な力が加わると簡単に破断してしまうので、力任せに締め付けるとフレア部分に亀裂が生じたり、最悪の場合フレア部分が破断して冷媒管が抜けてしまうな〜んてことになってしまいます。

 

かつて私が勤めていた電気工事会社でエアコン取付を依頼していた会社の新人さんが取付けたエアコンのフレア部分が破断して、抜けてしまったのを目にしたことがあります。

 

これもガス漏れを恐れて力任せにフレアナットを締付けたのが原因でした。
当然、内包されてた冷媒ガスはすべて放出され、あたり一面白く霞がかかったようになっていました。
(゚д゚;)

 

このころは、まだ現在のR410AやR32のエアコンが普及しだした頃なので、トルクレンチを使う業者も少なく、この会社でも普通のモンキーレンチでフレアナットの締付けを行ってて、締付けの力加減は経験だけが頼りでしたので、経験の浅い新人さんでは力加減がわからなかったのでしょう…

 

今なら、こんなことを起こしたら大問題でしょうが、そのころはまだ今より少し寛容だったので、お小言を頂戴しただけで、フレア加工をやり直して冷媒ガスを充填することで、無事運転することが出来たのですが…

 

今のエアコンはR410AやR32といった冷媒ガスが使用され、エアコンの能力を最大限活かせるようにコンプレッサーによる圧縮比が昔のR22のときの約1.5倍になっていることから、適切な締付けトルクで締付けないと冷媒管の破断の危険性が格段にあがってしまって同様の事態を招きかねないことから、メーカーの仕様書でもトルクレンチの使用を推奨しています。

 

しかしながら、トルクレンチを使ったとしても、一部ではガス漏れが報告されているように、多くのエアコン取付業者さんは増し締めを行ってるようです。

 

それでも、力任せにフレアナットを締め付ける従来の取付よりは、はるかに安全なのでエアコンの取付経験の少ない人は、トルクレンチの使用を強くおすすめしておきます。

 

私は、エアコン取付の経験もそこそこあるので、手の感覚を覚えてるのでトルクレンチを使わなくてもフレアナットの緩みや締付け過ぎによる、冷媒ガス漏れやフレアの破断などを起こしたことはないけど、最近はトルクレンチの使用を義務ずけられる現場もあることからトルクレンチを必ず使うようにしています。

今使ってるトルクレンチセット
ラチェットトルクレンチ4本セット
BBK ラチェットトルクレンチ RTQS-41

 

こんなのが無いかと思ってたものを見つけて、思わず衝動買いしてしまいました。 ちょっと(反省
フレアナットレンチと同じ構造なので、狭いところでの作業もできていいですよ。

楽天はこちら
BBK トルクレンチ RTQレンチ4本セット(ケース付) RTQS-41

ロブテックス(LOBSTAR) UM30 ロブテックス(LOBSTAR) ハイブリッドモンキレンチ UM30

 

トルクレンチと共に使ってます。
室内機のリードパイプに冷媒管を接続するときなどにリードパイプ側を固定するのに使ったり、架台組み立てや室外機の固定にも使ってます。

楽天はこちら

今使ってるBBKのラチェット式トルクレンチです。
スパナ型に比べて狭いところでの施工性に優れてるのでこれを使っています。
以前はスパナ型を使っていましたが、作業性の良さは抜群ですよ。
(^-^*)

 

BBK
ラチェットトルクレンチ2本セット

楽天はこちら
BBK トルクレンチ RTQレンチ2本セット(ケース付) RTQS

BBK RTQS

これも今使ってるのと同じタイプなので狭いところでも簡単にフレアナットにセットできて、ラチェット式で簡単に締付けることができるので便利です。

 

BBK
ラチェット式トルクレンチサイズ別

BBK
RTQ-180

BBK
RTQ-380

楽天はこちらBBK ラチェットトルクレンチ(1/4) RTQ-180

楽天はこちらBBK ラチェットトルクレンチ(3/8) RTQ-380

BBK
RTQ-550

BBK
RTQ-750

BBK ラチェットトルクレンチ(1/2) RTQ-550楽天はこちら

BBK ラチェットトルクレンチ(5/8) RTQ-750楽天はこちら

BBKのラチェット式トルクレンチ(サイズ別)を紹介したけど、もし買うとしたらほとんど4本セットを買うと思うので、だれもバラで買う人間なんかいないんじゃないかと、書きながら若干不安を感じてます。
ひょっとしたら無駄な作業なのかな・・・?

 

タスコ(TASCO)
スパナ型トルクレンチ
タスコ(TASCO) トルクレンチセットTA771FC

 

エアコン取付には、必要なトルクレンチがセットになったものです。
2分・3分・4分のトルクレンチがセットになってるので、家庭用エアコンならこのセットがあればOKです。。

楽天はこちら

以前使ってたトルクレンチです。
スパナ型なので、フレアナットへのセット方向が限られるので、狭いところでの作業には若干不向きですが、普通の条件なら何の問題もなく使うことができます。

 

タスコ(TASCO)
スパナ型トルクレンチサイズ別

タスコ(TASCO)
TA771B

タスコ(TASCO)
TA771H

タスコ(TASCO)
TA771L-2

楽天はこちらイチネンTASCO タスコ トルクレンチ 1/4 TA771B

楽天はこちらタスコ(TASCO) トルクレンチ 3/8 TA771H

楽天はこちらタスコ(TASCO) トルクレンチ 1/2 (R410A専用) TA771L-2

タスコ(TASCO)
TA771R-2

タスコ(TASCO)
TA771S-2

楽天はこちらタスコ(TASCO) 高精度トルクレンチ5/8 TA771R-2

楽天はこちらタスコ(TASCO) 高精度トルクレンチ3/4(校正証明書) TA771S-2

 

家庭用のルームエアコンの取付なら、トルクレンチセットで対応できます。

 

業務用エアコンの取付には、5/8や3/4用のトルクレンチが必要となるので、取扱うエアコンに応じて取り揃えてください。

 

私は、トルクレンチのほかに、フレアナットレンチも使ってます。

既存のエアコンの取外しには、トルクレンチやモンキーレンチよりフレアナットレンチのほうが使いやすいので、あえてフレアナットレンチを使うようにしてます。
ルームエアコンくらいならフレアナットレンチで取り付けることもあります。
これまでの経験で締付ける力加減を体が覚えてるということがありますので、今までに問題が発生したこともないけど、トルクレンチの使用を指定されてる現場では、しっかりトルクレンチを使ってます。

 

軽量モンキーレンチ

トップ工業(TOP)
HY-30

フジ矢(FUJIYA)
FLA-32G-F

楽天はこちらTOP/トップ工業 エコワイド HY-30

楽天はこちらフジ矢(FUJIYA) ライトモンキー FLA-32G-F

冷媒管の接続の時に動かないように捕まえておくのにモンキーレンチが必要なので、薄型で軽量なモンキーレンチを紹介しました。
人気が高いのはトップ工業のモンキーレンチで、口を広げたとき横にネジ部分が出てこないので使いやすいから人気が高いんだと推察されます。
まあ、エアコン取付だけじゃなく、ほかの工事でもモンキーレンチはよく使うので、一つくらいは持っておくべき工具でしょう。

 

エアコン工事に必要な材料や関連部材を探してるなら下のリンクで確認してください。

エアコン工事の備品と材料

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


(電気工事に使う工具)は amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによりサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策