電気工事で使う工具、腰道具、電動工具、安全用品、先端工具、その他にアース棒打込みに便利な先端工具など作業効率UPにつながるものを紹介しています。

スポンサーリンク

埋設配管材 アウトレットボックスと八角ボックス

建込み用アウトレットボックスとスラブ用八角ボックス

電気工事で行うRC造の建物などでの埋設配管工事の
最終的な目的は、指定の位置に
照明器具やコンセント、スイッチなどを取り付けることです。

 

そのためには、指定された位置や高さに、
取付け用のボックスを仕込んでおかなくてはいけません。
それが、ここで紹介するアウトレットボックス、通称ヨンヨンボックスと呼ばれるものと、
スラブ配管時に設置する八角ボックスになります。

 

しかし、これだけでは、使用することが出来ません。

 

建込み時に使うアウトレット(ヨンヨン)ボックスは、
主にコンセントやスイッチの取付けるものですから、
一般のスイッチボックスと同じ大きさの小判型のヌリシロカバーが必要ですし、
スラブ配管に用いる八角ボックスは、主に照明器具や
火報の感知器など、天井に取付ける機器を想定したものですから、
こちらは、丸のヌリシロカバーが必要となります。

 

各ボックスとヌリシロカバーで一つだと考えてください。

 

こんなことは、みなさんご存知だと思います。
失礼いたしました。m(_ _)m

 

スラブ配管で使用する八角ボックスは、基本的にスラブのパネルに
釘で固定するのが、基本です。
中には、ビスで固定している人もいるようですが、
これは、パネル解体時にパネルを傷つけてしまい、
仮枠大工さんから、こっぴどく怒られますから、やらないようにしてくださいね。

 

釘なら、少し力を加えるだけで、簡単に抜けますが、
ビスの場合は、パネルがむしれたようになり、修復できなくなってしまいますから、
ボックスをパネルに固定するのは、基本的に釘だというのは、暗黙の了解です。

 

片や、アウトレット(ヨンヨン)ボックスの場合は、
スタッドバーなどを使って、指示された位置、高さに設置します。
そのままでもいいのですが、スタッドバーには、
引き付け用のスタッドがはじめから付いていますので、
建込みパネルに穴をあけ、寸切りボルトで引き付けておけば、
打ちっぱなし仕上げの場合でも、きれいにボックスが出てきます。

 

この建込みパネルに穴を開けるときも、必要以上に大きな穴を開けてはいけません。
引き付け用などに開けた穴は、次にパネルを使うときに、
穴埋め用の部材を打込んで、補修して使いますので、
大きな穴が開いていると、補修材が使えず、パネルが無駄になってしまい、
これもまた、仮枠大工さんからこっぴどく叱られることになりますので、注意してください。

 

最近私は、この引き付け作業をあまり行わなくなりました。
なぜかというと、引付けなくてもいい工法で施工しているからです。
まあこの工法については、すでに多くの電気工事士さんが行っておられるので、
細かく説明する必要もないでしょう。

 

それでは、アウトレット(ヨンヨン)ボックスと八角ボックスをご覧ください。

 

アウトレットボックス

Panasonic
中型四角浅型
DS3744(単品)

Panasonic
中型四角浅型
DS37442B(単品)

アウトレット用スイッチカバー(ヌリシロ)

Panasonic
中型四角1個用ヌリシロ
DS4611

Panasonic
中型四角2個用ヌリシロ
DS4711

Panasonic
中型四角丸穴カバー
DS4311

 

紹介したのは、一般的に一番使われている『中浅型』でしたが、
このほかに、『浅型』や『深型』などもありますので、
収めるケーブル本数などを考慮して、選択するようにしてください。

 

次に、ヌリシロカバーも多く使われる3種類を紹介しておきましたが、
最後に紹介した丸穴カバーは、ブラケット照明などを取付けるところに使用します。
これと同じようなタイプに、小判型のものもありますので、
使用する場面に応じて、適時選択するようにしてください。

 

次は、八角ボックスの紹介です。

 

八角コンクリートボックス

DS3676(八角コンクリートボックス)

八角コンクリートボックス用丸カバー(ヌリシロ)
Panasonic

八角丸穴カバー
DS4313

Panasonic

八角スイッチカバー
DS4613

 

ご覧のように、八角コンクリートボックスも、いろいろな大きさのものがありますので、
スラブ厚や入線状況などを考慮して適切なものを選ぶようにしてください。

 

また、ヌリシロカバーについても、深さの違うものがありますので、
こちらも適時、最適なものを選んで使用するようにしてください。

 

それからスイッチボックスや八角ボックスなどには、
内側に絶縁塗料を塗布して、使用するようにしてください。

 


DENSANサンアコブ DP-352

 

取り急ぎという感じになりましたが、絶縁塗料の塗布は、とても大切なことですし、
建築関連の仕様書の中に絶縁塗料の塗布が謳われてあることもありますので、
しっかりと確認して、施工するようにしてください。

 

公共事業では、ごく当たり前のことですけどね。

 

 

またフロアコンセントなどの施工の際には、
高さ調整用の部材を使用すると便利です。

 

ボックス高さ調整材

Panasonic

ボックス高低調整台
DM1H-R

未来工業

ボックスアジャスター
OF-55PN

未来工業

ボックスアジャスター
OF-56P

 

最後は、ヌリシロカバーの深さ調整用の継ぎ枠の紹介です。

 

ボックス深さ調整用継ぎ枠

未来工業 丸継ぎ枠

未来工業 継枠 OF-12J2

未来工業 2個用継ぎ枠

未来工業

塗代カバー継枠
OF-11J

未来工業

塗代カバー継枠
OF-12J

未来工業

塗代カバー継枠
OF-12J2

 

ヌリシロカバーの深さ調整用の継ぎ枠は、
取付機器の奥行きが大きい場合などに、収まりきらないときなどに使います。
その代表的な使い方としては、フロアコンセントの取付などがあげられます。
通常のフロア施工だったら、ボックス自体を下げるなどの方法も考えられますが、
コンクリート内に仕込む場合には、予め取付深さを確保しておかなくてはなりません。
このようなときに、継ぎ枠を使って調整するのに使ったりします。
深さ調整は、電工ナイフで簡単に切れますので、とても簡単です。

 

高さ調整アジャスターと合わせて使うと、施工が簡単で、
思い通りの深さで施工できるので、コンクリート打設後のボックス探知も簡単です。

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

TOPに戻る