電気工事で使う工具、腰道具、電動工具、安全用品、先端工具、その他にアース棒打込みに便利な先端工具など作業効率UPにつながるものを紹介しています。

スポンサーリンク

埋設配管材 CD:PF管用接続部材(2 〔エンドカバーと、ころがしエンド他〕

CDとPF管に使うエンドカバーところがしエンドなど

このページでは、スラブ配管などでの、埋設配管の端末処理を行う
エンドカバー各種ところがしエンドと呼ばれている、
エンドカバーよりも小型のものを紹介したいと思います。

 

エンドカバーやそのほかのものも、名称どおり、
スラブ配管の端末部分に取り付けるもので、
そのほかに用途はありません。

 

しかし、エンドカバーの中にもいくつかの種類があり、
端末処理の方法や、その後の作業状況によって、使い分けなくてはなりません。

 

ですから、ただたんに端末処理だから、
はい! エンドカバーね! というわけにはいきません。

 

スラブ配管の後に、二重天井が出来て、その二重天井内に配管作業をする場合には、
エンドカバーや首振りエンドなどを使用しなくてはなりませんし、
電源が集中し、その場でジョイント作業などを行う場合には、
ころがしエンドを使用するなど、その後の作業も考慮しつつ、
エンドカバーもそれぞれ選択しなくてはなりません。

 

中には、施工図面にそれぞれを指定てある、
埋設配管系統図などをもらえることもありますが、
多くの場合、自分たちで書かなくてはならないのが現状です。

 

埋設配管系統図などをもらえるのは、
元請けが大手電気工事会社の場合に限られると言っても過言ではないでしょう。

 

通常は、建築会社から出てくる簡単な電気図面か、
設計事務所から出てくる、わけのわからない施工図くらいのものですから、
基本的な配管系統などは、私たち電気工事士に任されていると言っても、
あながち間違いとも言えないのが現状です。

 

ですから、使用材料の選定などにも、気を使わなくてはならないのです。

 

つまり、建物全体の完成状況をイメージしつつ、電気工事を行うことが求められるということです。
それだけに使用材料一つ一つに対しても、次の仕事の状況をイメージできているか否かで、
選定する材料も変ってくるのですが、
次の作業がイメージできていない場合には、
間違って部材を選択してしまし、次の作業に繋がらないということも起こりうることですから、
その小さな選定ミスで、その後の作業を継続するのに、
多大な労力と時間を要してしまい、
電気工事全体に与える影響は、とても大きくなってしまいます。

 

このように考えると、たかがエンドカバー 一つと言ってられませんよね。
ですから、みなさんには、このページも有効に活用していただきたいんです。

 

それでは、いろいろなエンドカバーを紹介していきましょう。

 

CD管用速結エンドカバー

CD管用速結エンドカバー

PF管用速結エンドカバー

PF管用速結エンドカバー

 

まず最初に紹介したのは、エンドカバーと呼ばれる、
これまでから、多くの電気工事の現場で使用されてきたものです。

 

このエンドカバーを敷設する目的の多くは、
スラブから引き出した入線ケーブルを二重天井内などに配線したり、
エンドカバーから繋いで、二重天井内を配管したりするときに使います。

 

みなさんも、改修工事の現場の天井内などで、
二重天井内にE管などで配管されているのを見かけたりしませんか?
このような配管を行うときに電源は、コンクリート内に打込まれた埋設管を使うことが多いので、
そんなときのためにスラブ配管時に敷設しておくのが、エンドカバーです。
参考資料として、Panasonicのカタログから抜粋した接続例を掲載しておきます。
接続例
ご覧のように、いろいろな配管材との接続が可能ですから、
二重天井内への配管作業もスムーズに行うことが出来ます。

 

CD管用ころがしエンド

CD管用ころがしエンド

CD管用ころがしエンド(連結型)

CD管用ころがしエンド(連結型)

PF管用ころがしエンド

PF管用ころがしエンド

 

これは、ころがしエンドと呼ばれるものですが、
こちらは、まさに端末処理だけに使用するものです。
他のものと違って、二重天井内や壁への配管材接続が出来ませんから、
入線したケーブルは、そのまま使うことになります。

 

次に紹介するのは、デッキプレート用の引き出しコネクタです。

 

デッキプレート用引出しコネクタ

デッキプレート用引出しコネクタ

デッキプレート用引出しニップル

デッキプレート用引出しニップル

 

デッキプレート用引出しコネクタとニップルは最近よく使うようになった部材です。
コンクリート造の建物のスラブ部分がデッキプレートになった建物が増え、
デッキプレートにも対応しなくてはならなくなってきたのが、最大の要因です。
おそらくみなさんも、同じような思いで、使っている方も多いと思います。

 

最近は、単にRCと言っても、新しい工法が次から次へと生み出されてきますので、
電気工事もそれに対応していかなくては、なりませんから、
何年経っても、日々勉強ですね。(汗。汗

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

TOPに戻る