電気工事で使う工具、腰道具、電動工具、安全用品、先端工具、その他にアース棒打込みに便利な先端工具など作業効率UPにつながるものを紹介しています。

スポンサーリンク

埋設配管材 配管固定材と必要な工具

埋設配管を固定する材料と必要な工具を紹介します。

埋設配管をある程度行った後に行うのが、
埋設配管の固定作業です。

 

この作業を行わなければ、コンクリート打設時の流し込みの圧力で、
埋設配管が移動し、配管に余分な力が加わり、
コネクタから外れたり、酷いときには、ボックス自体が動いて、
ボックス内にコンクリートが浸入し、使い物にならなくなる可能性がありますから、
そのようなことがないように、ある程度固定しておく必要があります。

 

また、コンクリート打設後に、ダイヤモンドコアなどを使って貫通作業などが行われる際、
配管系統図などの提示を求められることがありますが、
このときにも、ある程度確実な経路を示す必要があります。

 

このようなときに、埋設配管がどこに移動しているか把握していないと、
貫通作業中に埋設配管が切断されるなどのトラブルが発生します。

 

仮に埋設配管が切断されるなどのトラブルが発生すると、
その復旧作業のために、余計な作業を強いられることになり、
無駄な時間と経費を使わなくてはならなくなります。

 

もちろんその分の経費を徴収できればいいのですが、
多くの場合、そのような経費は、徴収することが出来ません。
それどころか、
「系統図と違うところに入っていたのだから、手待ちになった分をどうしてくれるんだ」
と逆に請求されることになるかもしれません。(>_<;)

 

ですから、電気におけるコンクリート埋設配管の固定はとても大切作業なのです。

 

私は、手早く安価に出来る従来の方法が一番だと考えています。
確かに、簡単に配管を固定する優れた部材もありますが、
従来の方法に比べ、かなりのコストアップになってしまいますから、
その多くは、実際の現場で使われているとは思えません。

 

今でも、いろいろな現場で応援を頼まれたりして、
建込み配管やスラブ配管などにも行きますが、
どの現場でも目にしたことがないというのが、本当のところです。

 

これから紹介する、埋設配管固定具をご覧になって、
みなさんで判断してください。

 

まずは、私がおすすめする、
従来の埋設配管の固定方法に必要なものを紹介しておきます。

 

未来工業 CDバインド CD管・PF管用結束線

未来工業 CDバインド CD管・PF管用結束線 CB-B

 

 未来のこの商品を紹介しましたが、
 実際には、市販の鉄バインドを使用しています。
 鉄筋用の結束線でもいいのですが、
 CDやPF管を傷つけて、コンクリートが浸入する危険があるので、
 私は、鉄バインドを使うようにしています。

 

紹介した未来工業のCDバインドも、使用している結束線は、
私が使っている、市販の鉄バインドとほとんど変わりません。
ですから私は、市販の鉄バインドを使用するようにしています。
鉄バインドのほうが、断然安価ですし、期待される効果も同じようなものですから、
あえて、高いものを使う必要性はないと思いませんか。

 

この結束線で埋設配管やスタットバーなどを固定するのに使うのが
次に紹介するハッカーと呼ばれる工具です。

 

結束線固定用ハッカー

NICE(ナイス) 角先長ハッカー 215

 

 鉄筋屋さんが使っているハッカーと同じものです。
 そんな中でも、私は首長のものを使っています。
 鉄筋どうしが入り組んだ奥のほうでも
 簡単に届いて結束することが出来るので、
 首の短いものより実用的だからです。
 それに価格もさほどかわりませんからね^^

 

おそらく、全国で日々電気工事を行っている方の多くが、
結束線とハッカーを使っていると思います。
しかし、中には、未だに鉄筋結束用の細い結束線を使っている方もおられるようですが、
先にも述べたように、埋設配管材を傷つける危険がありますから、
出来れば、私が使っているような鉄バインドなどを使うほうが、
より完璧だと思いますので、みなさんにもおすすめしておきます。

 

ということで、今更ながら、鉄バインドも紹介しておきますね。

 

 

 

鉄バインドをこのまま使うのではなく、
購入し、梱包された状態で、半分に切断して使います。
こうすることで、未来の販売している結束線と同程度の長さのものが、
二組出来上がり、その長さもさほど変ることがありません。

 

なにより、その得られる本数は、比べ物にならないことは、
みなさんご理解いただけますよね^^
こうすれば、かなりの経費節減につながると思いませんか。

 

さらに、この使い方なら、埋設配管工事だけでなく、
通常の電気工事でも、配管の仮固定や、
配線ケーブルの固定などにも使うことが出来るので、
仮に余ったとしても、無駄にはなりません。

 

次に紹介するのは、埋設配管保護用のものになりますが、
私は、ほとんど使うことがないので、いいのか、悪いのかの判断は、
みなさんにお任せするとして、参考程度にご覧ください。

 

CD:PF管保護用プロテクター

 Panasonic プロテクタ(CD管・PF管共用)

 

最後に紹介したPanasonicのプロテクターですが、
私個人の意見としては、まったく必要ないものだと思います。
わざわざこんなものを使わなくても、
埋設配管に負担がかかりそうなところには、鉄筋スペーサーなどを使って、
鉄筋自体を固定するほうが、ずっと効率的で、確実だと思うからです。

 

Panasonicのプロテクターは、1本に一つずる取付けなくてはならず、
かなり手間のかかる作業になりますが、
スラブ筋スペーサーなら、配管が通っている範囲の両サイドを固定すれば、
複数を一度にカバーできるので、こちらのほうがよほど効率的だと
私は思いますが、みなさんの考えはいかがでしょうか?

 

 スペーサー タワー型

 

スラブ配管時によく見かけるものだと思います。
ですから、使い方などは、説明する必要もないと思いますので、
割愛させていただきます。

 

一つ注意点をあげるとすると、
コンクリート打設後の仕上がり高をしっかりと確認してから、
各サイズのものを使うようにしてください。
高いものを使ってしますと、コンクリートのかぶり厚が足りなくなり、
後々大変なことになりますので、くれぐれも注意して使用するようにしてくださいね。

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

TOPに戻る