電気工事に使う工具 | ヘッドライトで明るく安全に

スポンサーリンク

手元足元を明るく照らすヘッドライトは、必需品です。

電気工事には欠かせないヘッドライト

電気工事を行っている建築現場の中は、天気のいい昼間でも薄暗く、
雨でも降ろうものなら、昼間でも手元や足元の確認が困難な場合もあります。

 

電気工事を行っている建築現場では、朝の荷物搬入時など以外では、
上階への移動は、ほとんど階段を使うことになります。

 

その階段も、昼間でも薄暗く、両手に荷物を抱えて上るのは、大変危険です。
ましてや、暗くて足元の確認ができないような状態では、
何が落ちているかわかりませんから、階段からの落下などの危険もあります。

 

懐中電灯などを持って歩けばいいのですが、
それでは、作業工具などの搬入に手間取り、電気工事の作業に支障をきたしてしまうことになり、
非効率的ですから、両手を使えるヘッドライトは必需品だと思うんです。

 

また、作業現場に到着しても、そこに光源があるとは限りませんし、
狭いパイプシャフトや、UB上などでは、手元が暗くて作業にならないこともあります。

 

電気工事の場合は、電線やケーブル接続の際には、
確実な接続が求められるので、目視による確認が大切ですから、
手元の暗さは、致命的だといえるでしょう。

 

これまで私もさまざまなヘッドライトを活用してきましたが、
昔のものは、照度が低く、本当の手元だけしか明るくありませんでした。
「それでも無いよりはマシか」 と自分を納得させながら作業を行っていたものですが、
ヘッドライトも年々改良され、照度も格段に上がりましたし、
使い勝手もよくなりました。

 

現在、私は2種類のヘッドライトを持っています。

ヘッドライト


1台は、GENTOSのHW−777H(写真)で
もう1台は、同じくGENTOSの HW−888Hです。

 

先にHW−777Hを購入して、使用していたのですが、
少し暗いかなと感じていたものですから、
他の電気工事士さんが使用しているものを教えてもらい
HW−888Hを購入しました。

 

777のほうは、照射焦点の調整が可能で、近くの場合には、照射範囲を狭めて、
手元に光を集中させることができ、便利でした。

 

しかし、888のほうには、この機能は無く、少し不安でしたが、
まったく問題ありませんでした。
問題にならなかった、大きな要因が、特殊なレンズ構造にあるようで、
集中照射させる部分と、その周りを照らすようにレンズの構造を変えて、
少し照度は落ちるものの、足元の確認などが十分できる照度で照らしてくれます。

 

今では、ほとんど888を使用しています。
ヘルメットには、いつも888が付いていますからね^^

 

と、紹介させていただいてから、数年が経過して、
今はレッドレンザーのH7R.2を使っています。
こちらもほかの電気工事士さんから教えてもらって購入したものですが、
GENTOSのものに比べ、クリアな白い光で、より遠くまで光が届いて、
目視するのが楽になりました。^^
今では、本当に気に入って使っているので、もっといいものが発売されるまでは、
これを使い続けると思います。

 

私が愛用しているヘッドライト
LED LENSER【明るさ300ルーメン】H7R.2

 

今愛用しているヘッドライトです。
ともかく明るく、手元などを明るく照らしてくれるので、
不安無く接続作業などの細かい作業も行えます。
それに軽い!

GENTOS ヘッドウォーズ 【明るさ200ルーメン/実用点灯10時間】 HW-888H

 

サブで使っているヘッドライトです。
以前は、こちらを使用していましたが、
888に今では完全なサブです。

 

そのほかのヘッドライト

GENTOS ヘッドウォーズ
【明るさ230ルーメン】
HW-999H

GENTOS
【明るさ300ルーメン】
HW-000X

GENTOS
【明るさ200ルーメン】
HW-777H

 

数種類のヘッドライトを紹介しましたが、もうこれ以上紹介する必要もないでしょう。

 

電気工事で使う場合には、紹介したヘッドライトくらいで十分ですからね^^
災害現場などでの救助活動などをするんだったら、もっと照度のあるものが要求されるかもしれませんが。

 

このヘッドライトを使用するには、乾電池(主に単3)が必要ですが、
私は、エネループを使用しています。
事務所や自宅などで充電して使用して、予備にもう一組持つようにしておくと、
電池切れの心配がなく、いつでも十分な照度を得ることができますからね^^

 

Panasonic 単3形 eneloop 4本付急速充電器セット K-KJ21MCC40

 

紹介しているヘッドライトは、通常単3電池3本を使用しますので、
このセットに加えて、あと2本買い足せば、予備の電池セットとなります。

電気工事の現場で使える実用的なものをもっと見る方は、こちらからどうぞ
続きを見る

 

ほかの種類のものやレジャー、防災グッズなどにも使えるものを
ご覧になりたい方は、こちらをどうぞ。

 

電気工事に使う明るいライト

スポンサーリンク

 

お探しのものが見つからない場合は、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。


 




 

カテゴリ案内

腰道具 あると便利な工具 電動工具(充電工具)
切削工具(ホルソーなど) 通線工具 ジョイント工具(圧着ペンチなど)
エアコン取付工具 エアコン取付工事材料 電気工事の計測機器
収納用品 安全対策用品 現場で使える備品
スパナなどの締付け工具 電気工事用配管・配線材料 電気工事士試験対策

 

(電気工事に使う工具)は amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

TOPに戻る