スポンサーリンク



家庭でもできるちょっとした節電対策

家庭でもできる簡単な節電の方法をご紹介しています。

 

家庭の電化製品は増えるばかりで、一般家庭でも電気の使用量は増える傾向にあり、社会全体として電気の使用量が増加することで、発電にかかる費用も増えるし、地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出量も増加することになります。

 

福島第一原発のメルトダウン事故以来、実質的に日本国内で原子力発電所の建設は認可されなくなり、現在ある原子力発電所に安全対策を施したうえで、対応年数を伸ばして稼働を続けていますが、以前に比べて原発が占める総発電量は低下し、低下分を補うために火力発電所がフル稼働することになっています。

 

もちろん再生可能エネルギーとして、太陽光発電などもありますが、普及率はまだまだですし、太陽光発電などの買い取り制度も縮小されることになるでしょうから、今後どこまで普及するかは先行き不透明な部分が大きいのが事実です。

 

本来なら、福島第一原発事故が発生したのをきっかけに日本にあるエネルギーとして、メタンハイドレートの利用を国を挙げて押し進めるべきだったと私は思っています。

 

確かに取り出すのに課題はあるでしょうが、ただ手をこまねいて見ているだけでは、問題の解決にはつながりません。
地球温暖化の観点から考えても、メタンハイドレートを取り出すことは、大気中へのメタンガスの排出量を減らすことができるので、温暖化ガスの削減に大きく寄与することができて、世界的に考えてもとても意義のあることなんです。

 

しかし、まだまだ日本の国民に対する周知は不十分で、日本にとって貴重なエネルギーを無駄にしていると私は思っています。

 

このように国を挙げての大きな動きが見られない以上、私たち個人ができる節電策を行って、少しでも電気の使用量を減らすことが大切ですから、少しでも節電できるようにこちらでいくつかご紹介しておきますので、みなさんのご家庭でも実行していただければ、全体として電気の使用量を減らせると思いますし、請求される電気料金も少しは減らせると思いますよ。
(^_^*)

 


スポンサーリンク

 



このサイトは amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによりサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。