スポンサーリンク



本年度下期第二種電気工事士筆記試験申込みに関するお知らせ

新型コロナウイルス感染症が再び日本全国で猛威を振るい始めた昨今ですが、令和2年度第二種電気工事士下期筆記試験の申込み受付が始まりました。

 

先に行われるはずだった令和2年度上期第二種電気工事士筆記試験は緊急事態宣言発出に伴い、中止となり、上期技能試験に関しては、筆記試験免除者のみを対象として行われることとなりました。

 

現在も日本中で新型コロナウイルス感染症の拡大が止まらず、収束の見込みすらない状況ですので、今後行われるよ手の電気関連試験が無事開催されるかは、不透明な状況ですが、今のところ予定通り開催できるよう準備は進められていますので、みなさんに申込み受付が始まったことをお伝えいたします。

令和2年度第二種電気工事士筆記試験は、令和2年10月4日(日)に行われる予定で準備が進められています。
今のところ変更や中止されることは想定されておらず、予定通り行われる方向で進められており、その流れとして、受験申込も予定通り受付が始まりましたので、受験をお考えのみなさんは、申込みを忘れないように済ませておいてください。

 

予定通り開催するとはいっても、今の状況が状況ですから、今後の新型コロナウイルスの感染状況次第で、再び中止や延期ということになる可能性があることは念頭に置いておかなくてはならないと思います。
そのことは、一般財団 電気技術者試験センターが発表した中にも明記されていますので、その内容を熟読し、理解したうえでお申込みください。

 

その内容は以下の通りです。

 

筆記試験申込期間
令和2年 7月30日(木)~8月13日(木)まで

 

技能試験申込期間
令和2年 9月 3日(木)~9月17日(木)まで

 

    1. 試験の中止又は延期について

        新型コロナウイルス感染症の感染状況によっては、受験申込みを受け付けた後、試験の中止又は延期をする場合があります。

    2. 試験地について

        新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、試験地によっては、希望する試験地で受験できない場合があります。

    3. 試験開始時刻について

        試験開始時刻が変更となる場合があります。その場合は、受験票でお知らせいたしますので、ご確認ください。

このように新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況によっては、希望地で受験できなくなったり、試験そのものが中止になることも想定されていますので、すべては今後の新型コロナウイルス感染症の拡大状況によるところが大きので、試験センターが発表する内容に注意して、万全の準備は怠りなく進めておくようにしてくださいね。

 

それにしても新型コロナウイルス感染が急速に拡大しつつあるのに政府は、未だに具体的な感染抑止策も示さず、それでいてGoToトラベルキャンペーンと銘打って、日本中に感染を拡大させる政策をとり続けているんですから、正気の沙汰とは思えませんね。

 

呆れてものも言えません。
o(`ω´ )o


スポンサーリンク

 



このサイトは amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによりサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。