スポンサーリンク



新型コロナによる 第三次世界大戦!

全世界に広がった新型コロナウイルス感染症は、新型コロナウイルスから仕掛けられた世界大戦のようなものです。

 

世界中が戦場となっているのに、日本政府は、全くの無策で、何の手立てもせず、先の世界大戦の時と同じように
「1億一丸となり敵を迎え撃つ!」
的な発想で、本土決戦をするつもりのようです。
これでは国民は、たまったものではありません。
o(`ω´ )o ムカッ

新型コロナウイルスの感染は、もはや日本中に広がり、終息の目途すらつかず、ただ感染するのを待っているだけのような状況だと思います。
そして一定の割合で、死亡者が出ることを止めることもできなくなってしまいます。

 

その砦となる医療機関が、各地で崩壊の危機に瀕していますが、未だに高性能マスクや使い捨ての防護服等々の感染予防に必要なものが十分供給されない状況の打開策も全く示されていません。
このままでは、確実に医療崩壊状態になり、感染して倒れた人は、ただ死を待つだけのになってしまうでしょう。

 

そんな恐ろしい、新型コロナウイルスから仕掛けられた戦争に日本政府は無防備で、敵の数を知るための情報収集法であるPCR検査を積極的に行わず、施設や設備の整備も行っていませんし、人員の増強も図られていません。

 

そんな中で我が国の首相は、リビングで犬と戯れたりティーカップ片手にくつろいでおられる動画を投稿されています。
趣旨は、「外出せず、家に居ましょう」と言いたかったんでしょうけど、あまりにも的外れな動画で、見た人はこの国に対して諦めに近い思いを抱いた人も多かったのでは、ないっでしょうか?

 

私たちの現場でも、大手ゼネコンで感染者が出て、死亡者まで出るような状況に追い込まれていますし、もはやこの国に安全な所など無いと言っても過言ではないでしょう。

 

もはや日本も本土決戦になっていて、各地の医療機関は、最前線から送られてくる大勢の負傷者を不眠不休で治療してくれているのに、日本政府や厚生労働省などは、ただ静観しているようにしか思えないのは私だけでしょうか?

 

これは、戦争なんです。

 

ノーベル生理学賞を受賞された、京都大学名誉教授の本庶佑(ほんじょ たすく)先生も緊急提言として

 

「コロナパンデミック制圧は困難な戦争だ」

 

とはっきり書かれておられます。

 

本庶先生の『緊急提言』には、新型コロナウイルスとの戦い方も提言されていて、この中で新型コロナウイルスは、
「敵は眼に見えない忍者のようなもの」
と書かれて、この戦いは短期決戦でなければ、勝利することはできないとおっしゃっておられます。
この戦争は、長期戦だが持久戦では勝てない!
ともかく先手必勝しかないとおっしゃっておられます。

 

そのためには、まず敵の数を知ることが大切で、敵の数に応じた武器を用意して、立ち向かわなくてはならないと提言されています。
敵の数を知るためには、PCR検査を早期に拡大して、感染者の封じ込めをしなくてはならないのです。
そのための簡易キットなどが開発されているんですから、早期に承認して使えるようにすべきだと思います。

 

正確に感染者を見極めることができれば、地域の基幹病院を守ることに繋がり、医療従事者を守ることにもなり、結果的に地域社会を守ることになり、最終的に日本を救うことになると思います。

 

そのためにも今は、医療機関に感染予防に使う備品を潤沢に届けることが大切なんです。
なぜこんな簡単なことが政府や関係省庁の人間には、解らないのでしょうか?

 

本庶先生の緊急提言は、

でご覧になれます。

 

今こそ、日本の持てるものづくりの力を集結して、増産すべきだと思うんですが、政府が行う施策と言ったら
゛アベノマスク”のようなどうでもいいようなことしかしないんですから、日々絶望感が膨らんでくるような気がします。

 

とはいっても、私たちにも生活がありますから、外出自粛と言われても現場に行かなくてはならないこともあるので、その時だけは現場で作業するようにしていますが、作業時間を極力短くして人との接触も最小限にするように心掛けています。

 

自分で考えられる感染予防対策はしていますが、それでも感染の不安を払拭することはできませんので、自分が無症状感染者で家族に感染させないか不安でなりません。

 

もし自分が感染してしまったら、家族の生活は一変するし、その影響はほかにも広がってしまうでしょうし、他人の生活や生命を危険に晒してしまうことになってしまいますから、どんなに感染予防を心掛けても不安は決して消えることはありません。

 

まず、自分が感染しているのかを知る術がこの国には無いのですから、不安の中で日々暮らすしかないのです。
少しでも早く終息させるためのも今は動かないことが大切です。

 

緊急事態宣言が発令されているところだけじゃなく、近隣の都道府県でも感染のリスクはあるし、自分が動くことで戦争犯罪者にならないよう気を付けてください。
m(_ _)m


スポンサーリンク

 



このサイトは amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによりサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。